人生に悩む君へ

息苦しさを感じるこの世界の中で、テキトーに生きること。

最近はコロナの影響もあって、息苦しさを感じている人もいるんじゃないのかな、と思う。それはもちろんコロナによる「精神的な疲れ」の方ね。

だってさ、もう3月くらいからこのコロナ騒動みたいなのがはじまって、もうかれこれ1年1年くらいは経過しているわけですよ。

これってなんかね、ちょっと息苦しさを感じてしまうよね。戦争がない時代を生きてきた私なんかからすると、今の状況は本当に不思議です。

あれ?戦争もないのに、なんでこんなに往来ができないのだろうか」と思う。でもさ、そんな今だからこそ、ちょっと肩の力を抜いてさ、ゆっくり生きましょうよ。

 

観光も仕事もなんとなくストップしている現状

 

いやあ、本当にさ観光も仕事もなんとなくストップしている感じがしませんか。例えば「仕事」はだんだんとリモートワーク中心になってきたけれど、リモートワークでどんな新しい仕事を作り出しました?

これってなかなか難しいと思うんですよね……。新規の取引先をリモートでもって獲得する。そんなことができればめちゃくちゃ嬉しいですけど、基本的には難しいですよね。

 

新しい仕事はやってこなくて、なんとなく今与えられた仕事をやっている。そんな状況の人が多いんじゃないかな。観光も同じです。

旅行したいな」と思って旅行に行くのだけど、どこもかしこも街に人がいなくて、どこか寂しい雰囲気になっていたりする。飛行機にはある程度の人がいるのだけど、

 

いざ街に出てみると、以前ほどの活気がない。「あれあれ?どうしたんだ?」と思うよね。

いつもは人が多い広島駅なのに、全然いなかったりね。私は生きてきて、豚インフル騒動や狂牛病の時代には生きていたけれど、別にそこまでの病ではなかったというか……

日本には関係なかったじゃないですか、ほとんど。だからね、今回のこの騒動というか、ウイルスで変わってしまった世間の雰囲気というものが不思議でならない。

 

息苦しさを感じるのは当然の状態ですよね……。緊急事態宣言だ、旅行自粛だ、と色々言われていたら、何もできなくなってしまう。

世の中全体がアンハッピーな感じになっていって、どこか張り詰めた空気が漂っているじゃないですか。そんな状態だったらさ、誰でも息苦しさを感じるものだと私は思う。

観光も仕事もストップしてしまって、「生きる」という活動だけに制限されてしまった私たちの世界で、私たちが息苦しさを感じるのは当然なんだよ。

関連記事:生きるの楽しくないっていう人にとりあえずしておきたい話

 

真面目に生きていたら疲れるのは当たり前だ

 

こういうコロナが流行していて、メディアが「今は危ない!」とか「自粛!自粛!」みたいなことを言っている時には自然と心が疲れてくるものです。

コロナ疲れとでも言うんですかね。こういう精神的な部分での疲れってのは意外と気がつかないもので、ふとした瞬間に「あれ?なんか疲れてる……」と感じるのだと思う。

広島に行った時とかさ、「ああ、なんか癒されるな〜」と思ったもんね。もう、なんか社会の中で真面目に生きていたりすると、殺されてしまいそうになって疲れちゃう。笑

 

普通に考えてさ、1年間も2年間も通常とは違う生活を送っていたら疲れちゃうよね。思ったんだけどさ、小学生とか超可哀想じゃない?

だってさ、小学生とかさ、学校で大変なこともあるわけじゃないですか。いじめられたりとか、色々ある。

 

でも、外出したりとか、他の友達と外で遊ぶことによって、何とか生きているわけよ。中学生とか高校生とかも同じですよね。サラリーマンだって実は同じか。

 

金曜日になったら一軒目酒場にでも行って、「うっひょおおお!」って飲む。

美味しい海鮮なんかをたまには食べてさ、ちょっと不真面目な部分を作って、何とか生きてきたような気がするわけですよ。それが全て否定されてしまって、真面目に生きれば生きるほど疲れちゃう時代になって。笑

 

うーん。だからさ、まあ何でもかんでも真面目にきちんとするのも大事だけど、もう少しテキトーに生きるのも大事な時代になってきましたよね。

 

今のこの状態のまま行ったら、息苦しい世界に殺されてしまうような気がするもん。

関連記事:コロナでリストラされる景気の悪い時代をどう生きる?

 

人間らしく飲もうぜ、歌おうぜ

 

ったくさ、もうね、息苦しくて困っちゃうよ。笑

緊急事態宣言だなんだって世間は騒ぐし、まあ実際に中にいた方が良いのかもしれないけれど、人間らしくいたいな、と思う。

何も「感染を広げようぜ」なんて安直なことを言っているわけじゃないんですよ。でも、人間らしくさ、飲もうぜ、歌おうぜって感じでもっとラフに考えれば良いような気がするよ。

 

そんなことを思いました。

息苦しい世界になったけれど、じゃあ何が変わったのさ?

うーん。息苦しい世界になったけれど、それは人間の「認識」がそうさせているだけであって、私たちが住んでいる世界って実は変わらなかったりもするよね。

夕陽は2年前も、10年前もめちゃめちゃ綺麗だったし、今の季節に見えるオリオン座って最高よ。笑

 

たまにさ、「あれ?!?!UFOじゃね!?!?!」と思うようなね、そんなこともあるけれど、それもきっと100年前から同じだと思う。それで良いんですよ。

 

人間らしくいようぜ。この世界はきっと何も変わってはいないのだから。感じとる世界が真っ暗だったとしても、心は晴らしていたいよね。

あ〜太陽。

関連記事:「コロナ」で世界は変わったのだろうか?

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。