人生に悩む君へ

自分らしさなんて自分で決めろよ。

自分らしさ、なんてものはさ、自分で決めれば良いんよ。

 

なんかさ、今までの自分と違うことをやったりすると、否定してくる人たちがいるじゃないですか。

あれは本当のお前じゃない」みたいな。こっちからしたら「はああああ!?」という感じなんですけど、まあ他人からしたらそう見えたりするのもわかっています。

人間ってのは変化が嫌いですから、少しでも変化すると、「あれは本来のお前じゃない」みたいな感じになるんですよね。

そうやってどんどん小さくなって、つまらない人間になっていくわけですよ。毒もなければ味もない、無味無臭のつまらない人間になる。

 

でもさ、自分らしさなんてものは自分で決めれば良いんですよ。

 

自分らしさとは他人が決めるものじゃない

 

自分らしさなんてものはさ、自分の中にしかないもののように感じているのだけど、みんなはどうだろうか?

10年、20年と付き合ってきた人たちでも、自分のことを100%理解しているわけではなかったりするよね。

自分の中のプラスの部分、マイナスの部分、全部わかってくれたら素敵なことだけど、全ては理解されないと思う。

それは自らがそうしているのかもしれないし、人間とは本来そういうものなのかもしれない。

原因こそわからないけど、まあ自分らしさなんてものは100%相手に伝わるものでもなくて、他人なんて所詮は他人であって、自分のことを全て理解しているわけではないのですよ。

 

あなたらしくない」なんてのは超絶お節介な話で、「いやいやいや、お前に何がわかるんだよwwww」と全力で思うもん。まあ、それは私がひねくれているからかもしれないけれど、やっぱり思うよね。笑

 

例えば、私はよく「優しそうだよね」と言われる。でも、正直そんなに優しくもなければ、そんなに親切にしたこともない。

お金をもらえれば親切にするかもしれないけれど、基本的には別に優しくない。

 

でも、例えばそんな私が「冷たい対応」をしていたら、「あれは本来のあなたじゃない!あなたらしくない!」とか言っちゃうわけでしょ?それ自体、おかしいよね?と思うのよ。

 

自分らしさなんてものは他人が決めるものでもなくて、自分らしさは自分で決めれば良いのです。

他人の評価が気になる私たちは「ああ、これは本来の私ではないのかもしれない……」なんて弱気になるけれど、

 

そんな必要はないぞ、と思う。笑

関連記事:生きる力がない人は自分が大切すぎるんじゃないかな。

 

自分を理解しているのは自分だと思う

 

まあさ、周りからみたら「自分の表出している部分」だけしか見えていないだろうから、そこでしか判断ができないよね。だから仕方がないことなんですよ。

全然緊張しないわ!!!!」なんて言いながらめちゃくちゃ心臓がバクバクだったとしても、相手には気付かれないじゃないですか……。

 

だからね、要するに内的な「何か」ってのは相手には絶対に伝わらないのです。「え?あの人が?」と思うような人が死んでしまったりするのは、周りの人たちがその人のことを理解することができないからだと思うよ。

 

結局ね、自分のことなんて自分しかわからないのよ。「自分らしさ」を誰かから強要されることはあると思うけれど、他人にとって都合の良い「自分らしさ」なんてものを自分のものにする必要なんてないからね。

吐いて捨ててやれば良いよ。

あなたが30歳だったとしたら、あなたは30年間自分という「人間の器」を背負って生きているわけです。

 

だからね、30年間はずっと自分と向き合って、自分という人間と対話してきたわけです。一方、周りの人は「家族」だったとしても、「一緒にいる時間」でしか判断できない上に内的なものはわからない。

 

そうするとさ、やっぱり自分だけなんですよね。クラスでものすごく地味そうな人がいたとしても、その人が「地味な人」とは限らない。もしかしたら週末にはクラブに出かけるキラキラ系かもしれない。

 

そんなのはね、わからないことですよ。

関連記事:のんびり生きることを日本人はもっと学んだ方が良いぞ。

 

 

君は君という人間で生きれば良い

 

例えばさ、「大学に入学したらもっと遊びたい」と思っているなら、それもまた良いと思うんですよ。

高校の友達に会った時に「え?変わったね。どうしたん?そんなのお前らしくないよ」と言われたとしても、知ったこっちゃない。

 

整形にしても同じです。「前の方が良かった!」とか「整形しない方が良いよ」と言われたとしても、本人が望むことならば、別にそれで良いと思うんですよ。

私みたいに変な髪色にしたいならしてみれば良いし、性格だって変わったって良いじゃないですか。他人が判断する「らしさ」みたいなものは全て無視すれば良いのです。

 

まあ、それでも面倒なことを言ってくる人はたくさんいるんですけどね。「うっわ!めんどくせえええ!」と思うような人はたくさんいます。でもね、気にしなくて良いよ、そんな人たち。

 

君は君という人間として生きれば良いし、そこに対して何かを言う権利は他の人にはないはずです。

自分らしさなんてのは自分で決めるべきです。他人から批判されても、他人から馬鹿にされても、それが「自分らしさ」だと決めたなら、貫けば良いじゃないか。

みんなはどうですか?自分らしさって何だと思いますか?どんな自分が本当の自分だと思います?

ではでは、まりもでした。

関連記事:絶望しながら生きる。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。