ブログ運営を語る

ブログ業界で感じる2020年の変化を書いてみる。

さて、最近はYouTubeでの活動も多くなってきましたが、私、そもそもはブロガーであって、経営者であって、根本的にはそっちの人間なんですよね。

そもそも動画の方なんて登録者の人たちも少ないし、比べるあれでもないんですけど。笑

 

で、そんな私ですが、このブログを開設してから、4年以上は経過しているんですよね。「あれ?もうそんな経過したの?」という感じもあるのだけど、そういうものですよね。

 

さて、まあそんな感じでずっと毎日更新してきたこのブログですが…(引退するみたいじゃんw)

 

2020年はね、結構ブログ業界も変わってきたよなあ、と思ったんですよね。そこらへんをちょっと完全に私の個人的な考えなのだけど、書いてみますね。

 

効率化だけが全てではなくなってきた

 

これまでのブログ業界って「いかに表示速度を向上させるか」とか「いかに回遊させるか」みたいな部分が大きかったと思うんですよ。

例えば、表示速度に関して言えば、 「Page Speed Insights」というめちゃくちゃ便利なGoogleのツールがありまして、それを使えば、簡単に表示速度だったりとか、サイトの改善点がわかったんですよ。

「ああ、ここがだめなのか」と思ったところを改善していって、表示速度を向上させていく。さらに、読者が回遊するように、記事上と記事下にも大量の記事を置いてみる。

で、多くのブロガーがやることなんですけど、

 

記事下の方に収益性の高い「キラーページ」みたいなものを作るのです。まあ、こういった感じで全てを効率化し、改善していくことにより、ブログを上位表示させてきた経緯があると思う。

 

99%の有名ブロガーはこの方法というか、同じ考え方で運営していたと思うんですよ。

数学とかの世界ですよね。人間行動学みたいな?そういう類のものなのかね。

でも、この2020年、ちょっとだけ変わってきたかな?と。

 

ブログ業界において「表示速度」というものはめちゃくちゃ大事なんですね。でも、表示速度以上に最近は「生の人がやっている感じ」が必要になってきていると思う。

 

例えば、「もくじ」を最近はつけるようにしているんですけど、「もくじ」とかって実は速度表示的には最悪で、遅くなる原因ではあるんですよね。だから、効率やGoogleからの評価を考えるとマイナス。

だから、やりたくなかった。でも、私の考えも変わってきた。「あれ?効率よりも読者が面白い方が良いじゃんね?え????」と思ったのよ。笑

商業みがすごいブログ業界ですが、その中でも商業みだけではダメだと思ったのです。まあ、そもそも私はあまり広告をつけていませんし、

2019年なんて1つか2つくらいしか広告つきの記事はないと思うんですけどね。

これはブロガーではありえないことですから。

効率化とか儲かるとかそういうことだけじゃなくて、「ブログというエンタメ」をどうやって作っていくのか?という部分が大切になってきているんですよね。

関連記事:ブログで好きなことを書いても儲からないよという幻想。

 

 

人間臭い、生臭さが必要な時代

 

人間臭いブログってこれもっと前のブログの感じだと思うんですよ。まだモバスペ(2020年にサービス終了)とかでサイトを作っていた時代のブログはね、みんなぐちゃぐちゃした感情をネット上に吐き出していた時代だと思うのよ。

でも、2016年以降はだんだんと変わってきて、みんなが「どうすれば商品を売ることができるのか?」だけを考えて、記事を書くようになったと思う。

 

Googleもそういう記事を優遇してきたから、まあ共犯ですよ。GAFAはみな共犯になります、ええ。笑

だから、まあくそつまらない文章がたくさん世の中に生まれてきたわけです。無論、私もその当時はくそつまらない文章を書いていたことでしょう。

誰にでもありますよね。まあ、やろうと思ってやっていたわけではないんですけど、自然とこう、お金が入ってくるものですから、ええ。

 

でも、2020年は違いますよ。もうね、お金のためにわけのわからない商品を紹介したりとか、知らない商品を紹介しているだけでは良いブログにはならないし、読者だって減っていく一方です。

だから人間っぽい生臭さがこれからのブログには必要だと思う。

ブロガーが稼ぐとか、アフィがどうとかそんなことどうでも良くて、面白いブログが生き残る時代ですよね。別に体験を伴っていなくとも、意見がしっかりとあれば、それでも良いと思う。

 

でも、「かもしれない」とか「らしい」みたいな誰の文章でもない記事ばかりのブログはこれから先、消えていくと思う。

やっぱり読んでいる人も人間ですから、人間臭さって大事ですよ。

関連記事:「ブログを読んでいます」という言葉が来ることって基本少ないから嬉しいな。

 

マイナスもプラスも曝け出す時代だよね

 

まあこれは昔から多少はあった傾向だと思うけど、マイナスもプラスも曝け出す時代になってきたと思う。2020年はその傾向が強くなってきた。

 

コロナウイルスなんてわけのわからないもののせいで、多くの人が失業している。いや、正直、経営者だからわかるけれど、コロナ倒産とかコロナ解雇なんてのはこれからだと思う。

 

これから1年くらいかけて、もっと多くの企業が潰れていくと思うのですよ。で、そんな時にどんなブログが読まれるのか?と考えると、やっぱり「マイナスもプラスも曝け出しているブログ」だと思う。

無職になったら、「無職になっちゃいました〜!」と言える人の方が面白いし、収入が減ってしまったら、「収入が減りました〜!」と言えるブロガーの方が面白いじゃない?

ブログが爆下がりしましたみたいな感じで私も書いています。笑

2019年までは、生活の中の「キラキラした部分」だけを切り取って発信していくというのが当たり前だった。でも、2020年は違いますよね。

プラスはもちろん出していきますけど、それと同時に自分が思っているマイナスもちゃんと出していく。その方が人間的で面白いもんね。

 

そういう時代になってきたのが2020年じゃないかな?と思う。まあ、2019年まではコンピューターブロガーが多かったんですよ、結局。

 

人間ですから、みんな。人間っぽさをね、大事に生きていきます。これからもよろぴく。

ではでは、まりもでした。

関連記事:誰かの重い荷物が少しでも軽くなれば、私がブログを続ける意味もあるのかなと思うんだ。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。