恋愛と私

男のロマンなんてものは女にはまるで関係のないこと。

この前の夜にね、新宿3丁目だったんですけど、とある爺さんと飲んでいたわけですよ。笑

新宿3丁目にある「どん底」という結構有名なバーでご飯を食べていたのだけど、

そこのテラス席に友達と一緒に座っていたら、じいさんが話しかけてきて、結局爺さんが来店した時から帰るまでずっと喋っていたわけですよ。笑

でね、その爺さんが言うわけ。「男のロマンなんてものは女にはまるで関係ねーんだよ」って。笑

 

確かにその通りだな、と思ったりもした。もちろん違う場合もあるけれど、ちょっと思ったことをね、書いていこうと思う。

 

男性に求めるのは「安定」でもある

 

やっぱり女性からしたら、子供を守る必要がある。それはもう本能的な部分ですよね。男性にもあるとは思うけれど、女性には勝てないと思う。

例えば、男性が「収入的に厳しい」時には、女性はこう思う。「この人と一緒にいて大丈夫だろうか?」と。

これが彼氏と彼女の関係性だったら問題ないのかもしれない。でも、もしも結婚していたら話は変わってくる。

 

結婚して子供がいたりすると、「安定的に育てられる環境」を女性は求める。「男のロマン?」という感じだろうね。私はそこを否定するつもりはない。

 

別に女性からしたら、仕方がないことだと思うし、「だったら稼げよ」と言われるのも仕方がないような気がしている。笑

 

自営業だと結構大変なんですけどね。そもそも「安定がないのが自営業」ですから。私みたいな人間にとっては「家庭」という概念自体、縁遠い存在のような気もする。

 

でも、やっぱり女性は男性に「安定」を求めるものだと思うし、女性にとっては男性にとっての「ロマン」なんてものは関係ないよな、と思うわけですよ。

 

その爺さんはまあ実は渋谷でまあまあ有名なレストランをオーナーとしてやっている人だったんですけどね。そういう「自営業」の人からすると、やっぱり「安定を求める女性」とは合わなかったんでしょうね。

 

結局、離婚したみたいです。笑

まあ、めちゃくちゃ下ネタ言ってて、すごい女性好きな感じがしたから、何が原因なのかわからないけどw

男性のロマンだけでは、食べていけないし、子供を育てていくことはできないからね。だから、結局仕方がないことなんですよね。

関連記事:職場の既婚男性に惚れても99%不幸になるよ。

それで消えてしまうロマンなら別に

 

男性は「女には俺のロマンがわからない!お前のせいで俺の夢は終わった」と思ったりする。

でもさ、そんなことで消えてしまうロマンだったら、その程度のロマンだったということでさ、仕方がないんじゃないかな、と思う。

 

それで「もういいや」と思えてしまうものだったら本当に好きなものではないんですよ。本当に好きなものは離婚してでも、誰を犠牲にしてでもやらずにはいられないものですから。

 

理性で「もうこれはやめておこう」と諦めることができるものはね、別に大して好きじゃなかったものだったのだと思う。

男のロマンなんてものは女には全くもって関係ないし、どうでも良いもの。うーん。まあたしかに爺さんに言うことには偏見もあるとは思うよ。

 

でも、事実も含んでいるよな、と思うのね。けど、それ以上にさ、自分が抱えたロマンが溢れんばかりにあれば、別に他人から何を言われようとも関係のないことだと思う。

 

自分の好きな人が「生活のために普通の仕事を優先してください」と言ってきて、それで「はい!わかりました」と言うくらいだったら、別にそこまでこだわるべきものでもないんだよ。

 

もうあなたとは別れたい」と言われるくらいの好きなものじゃないと、結局は10年先、20年先にはやっていないことだと思う。それくらい好きなことじゃないと、続かないものです。

飽きてしまうものです。

ロマンロマンと言うけれど、誰かからの雑音で消えてしまうロマンなんてね、うん。

関連記事:恋愛しないと生きていけないって人が幸せになりづらい理由

男ってのはやっぱりいつまで経っても子供でさ

 

男ってのは女性に比べて幼稚なんですよ。自分がそうだからそう思うのかもしれないけど、周りをみていても「子供だな」と思う。

女性はすごいよね。なんかこう……現実的だし、ちゃんと色々わかって発言しているし、計算している。

 

男性は私を含めてちょっとお馬鹿なところがあって、子供みたいなところがあって、いつまで経っても子供みたいに「楽しいことはないかなあ」と探している。

 

子供の頃の「楽しい」を大人になってからも引きずっていると、それは「男のロマン」と女性から揶揄されるらしい。

 

でも、まあそれが男だし、仕方がないじゃんね?とも思ったりする。男のロマンなんてものは全くもって女性には関係のないことで、どうでも良いことですよね。

例えば、私が「世界各国のご当地シールを集めたいんだ!」と言ったところで、そんなことは女性には、奥さんには関係ないじゃないですか。

 

私が「歌手になりたい」と言っておきながら、月に20万円も稼いでいなければ、やっぱり文句を言われますよね。笑

 

でも、まあそんな中でも、好きなことなら続けて欲しいな、って。結婚していたり、結婚を考えていたりすると、自分の好きなことに消極的になってしまう人が多い。

 

それはそれで幸せなのかもしれない。けどさ、子供の時みたいにもう少しだけ「ロマンを追い求めよう」と思っても良いんじゃないかな、と。

 

男のロマンとかね、女性には関係ないかもしれないし、バカにされるかもしれないけど、まあもう少しだけ持ってみてください。子供の頃から男なんて変わっていなかったりするのだから。

もっとね、自然体で良いのよ。理性で生きても疲れるだけよ。

関連記事:自分の人生を楽しむために生まれてきたのだから、超ハッピーに生きれば良いじゃんか

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。