国内旅行

鳥取の三徳山、投入堂をわらじで登った。絶対に舐めて行ったらダメ。

今回は鳥取にある日本一危険な国宝「投入堂(なげいれどう)」を訪れてきました!

日本一危険な、という枕詞がついてる通り、まじで危険。「険しめの登山」くらいに考えてる人は絶対に行かないでください。普通に死にます。

 

バスに乗って三徳山へ

今回は鳥取駅に宿泊をしていたので、JR倉吉駅まで電車で行き、そこから路線バスに乗って三徳山参道入口というバス停で下車しました。ここまではまぁ特になんの不安もありません。

…と思ってたんだけど、バス停降りたところからちょっと歩いたところに「落石注意」の文字。

バスで来た道は最近土砂崩れがあったようで、工事中…

めちゃめちゃ怖い!!!!生命の危機を感じる!!!!

…とりあえずお寺に入っていきます。

いや〜もうこの階段からして急でしんどいんだよなぁ。

関連記事:国内旅行に行きまくってる私がおすすめの行き先を紹介しようと思う

 

受付で言われた衝撃的なこと

 

お寺自体についたのが14時半くらいだったのかな。

そしたら受付で「16時半には閉山になります、降りてこなかったら警察に連絡して捜索隊がでますので〜〜〜!あ、昨日も2組捜索出てますので結構簡単に捜索でますよ」

とのこと。

え!?!?!?捜索ライトすぎない!?!?!?!

ということでタイムリミット付きの入山でした。この時は「捜索とは言ってもまぁね」くらいの気持ちだったんですけど、登ってみたら捜索がでるのも納得。

そもそも三徳山って2人以上じゃないと入れないようになってます。1人で滑落しても誰にも気づいてもらえないからね。その時点で結構やばいよね。

こういう格好で登ってくださいよ、という服装のイラストがありました。ガチ登山です。てか登山じゃなくて修行です。

普通に修行のための場所として使われているようで、三徳山の受付にいたお姉さんにも「観光じゃなくて修行なんでねぇ」という話をされました。

何度も言いたい、舐めたらアカン。

関連記事:国内旅行の楽しみ方!海外よりも日本だからこそ、良い事もある

 

軍手もわらじも押し売りされないから危ない

現地でわらぞうり、軍手を購入して登ったのですが、どちらも押し売りはされないんですよね。

それどころか「靴チェックしますね〜」って言われて「うん!大丈夫ですね〜どうぞ〜」って感じで結構チェックが甘いんです。

もちろんヒールとか滑りやすそうな靴だったらNGでわらじ強制購入コースになるんでしょうけど、運動靴の場合は結構なんでもOKっていう感じだった。

軍手は指先にプチプチのゴムがついていないのが100円で、ついているのが150円。わらじは900円なのでちょっと高いようにも感じましたが、最近はわら不足らしく、実はあんまり売りたくないのが本音らしいです。

前情報を仕入れていたので今回は見つけてすぐに購入しましたが、どちらも別に押し売りされないどころか「欲しいなら買ってもいいよ」くらいの雰囲気。

 

でもこれすごい全然違ったんですよ!

 

気の根っことか鎖を登っていかなきゃいけないので軍手は必須。そしてわらじも、「こんなに違うの!?」っていうくらい滑りませんでした。

裸足で履くからか、わらじと足の接着面も滑らないし、わらじの編み込み部がうまいこと地面や土にひっかかるのか、全然滑らない!

履いて行った運動靴が結構安物だったので、そっちで登ってたら登れなかっただろうな、と思いました。わらじ、効果あり。本当におすすめ。

自分の命を救ってくれた感すらあり、わらじは大切に持って帰りましたよ笑

怖すぎて三佛寺の拝観だけ、という人もいるでしょうね。

登山しないで御堂だけ見て帰る、という人もいます。

関連記事:阿蘇山の火口見学に行ったけど情報少なすぎてハードモードだった

 

山に入ってすぐにめげる

実は入山してすぐにカズラ坂という難所があります。ここは木の根を掴みながら登っていくところなんですけど、体感としてはほぼ垂直に登っていく感じw

もう写真を撮る余裕もありませんでした笑

後から受付のお姉さんに聞いた話ですが、そこで断念してしまう人も結構多いらしく、本当に「登山」だと思ってると全然違うものなので注意です。

関連記事:広島駅から原爆ドーム観光、1時間でも観られるので是非訪ねて欲しい!

 

観光客はいない

 

何組もすれ違った人たちがいましたが、観光客っぽい人はいませんでした。

ガチ登山風の服装をしている熟年夫婦か、マッチョなお兄さん同士か、みたいな笑

たまに女性の親子もいたけど、ネイチャー系というか、かなりガチ系でしたね〜

 

キャッキャキラキラしてる人はいないし、カップルでデートに…みたいな場所でも当然ありません。

命を預けてもいいと思える人と一緒に行ってください笑

関連記事:厳島神社行ったら工事してたけど鹿が可愛かったからいっか笑

 

【悲報】険しすぎて道だと思えず投入堂がわからない

1時間ほどかけて登り、クサリ坂も無事達成。(クサリ坂もほぼ垂直に登る感じです。腕の力で全体重支えることになるので、筋トレしてない人は厳しいと思う)

かなり良い景色でした。

こちらが三徳山の写真でよく見る文殊堂ですね。

そしてここからが悲報なのですが、この先に行こうとしたら普通に道がありませんでした。全然道じゃなかった。崖だった。

どうやら投入堂にたどり着くにはそこを突破しなきゃいけなかったみたいなんですが、時間も時間で下山しなきゃいけなかったし、何度も言うけど道じゃなかった。

道じゃなかったんですよ本当に!!!!!

一歩踏み外したら「死」って感じで、実は投入堂までたどり着けませんでしたw

関連記事:四日市コンビナートの工場夜景をうみてらすから観てみた!

 

下山が一番危ないらしいよ

はい。

帰りは下山ルートがあって、また少し登ってきたところとルートが違うところがあるのですが、下山道って書かれているのに道じゃない感じがします。

写真じゃ伝わりにくいけど、これ下山道って言われているところ道じゃないからね。崖だからね。

これも道っぽくないでしょ?網がなかったら死んでます。そんな場所。

とにかく相当怖い思いをしました。安易に観光しにいかないで下さい。冷やかす場所じゃありません。

でもこれに登って降りたんだ、だと思ったらかなり自信にはなりましたし、筋肉量も増えてましたけどね笑

めちゃめちゃ怖かった〜〜〜〜〜!!!!

関連記事:伊勢神宮を観光した感想は「思ったより普通だな」でした…

 

安易な気持ちで行かないように!!!!!笑

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。