仕事の悩み

働きたくないならとことん働かなければ良い。

最近の世の中には「働きたくない」という人が増えてきたような気がする。私の気のせいでしょうか。

できれば働かないで生きていきたいし、宝くじの1つでも当選したら嬉しいのにな、と思っている人がめちゃくちゃ多いと思うのよ。

嫌な上司はいるし、朝は早く起きないといけない。結構、「ちゃんと働く」ということのハードルって高かったりしませんか?笑

割と周りの誰もが普通にちゃんと働いているけど、実は普通に働くのって大変なことなのよ。

だから働きたくないと思うのは当然のことかもしれない。でも、別にね、働きたくない、と思うならとことん働かなければ良いわけよ。

 

昔は「稼いでどんちゃん騒ぎ!」の時代だった

 

ちょっと昔の話からしてみたいのだけど、昔は違ったわけですよ。30年くらい前からつい最近までは割と「イケイケドンドン(これももう古い?笑)」の時代だったと思うんです。

男は稼ぐが勝ちだし、男らしい人が良かったし、今みたいに「草食系男子」がモテた時代でもなかった。ごりごりに稼ぐ肉食系男子が普通にモテていたと思うんですよね。

 

○村証券みたいな証券会社で働いて、結構つらい思いはする。でも、綺麗な女性と一緒に飲むことができて、可愛い女性と夜を過ごすことができる。そう思うと、男性たちに力が湧いてきて頑張っていた。

私の友達にも野○証券で働いていた人がいたんですよ。で、その友達はもうね、死ぬほど頑張っていて、でも、その代わりに毎週金曜日になると綺麗な女の子と飲み会をしていた。笑

そんな時代でもあったよね。「働きたくない」と思っている人がいなかったわけではないと思うよ。

中には労働意欲の低い人もいたと思う。でも、概ね、これまでの時代は「頑張って働いて良い暮らしをする」という高度経済成長的な意欲があったと思うんです。

 

でも、ちょっと変わってきてしまったよね。たくさん稼いで、寝ないで遊んで、死ぬ思い出頑張って生きるよりも、「今の生活」を見つめ直して、「意外と良いよね?」と再定義する方向に力を注いでいるような気がします。

頑張って上に這い上がってやろう、みたいな野心とか、「良い女を抱きたい」みたい欲望ではなく、もっとプラトニックな部分を大切にしている時代ですよね。

 

あれかね。前の時代に疲れてしまったのかね。「頑張るぞ!必死にやるぞ!」という雰囲気に疲れてきて、「働きたくない」という人が増えてきたのだろうか。

ちょっとね、時代そのものが変わっていったような気がします。前みたいに、稼いでどんちゃん騒ぎして、オールして、可愛い子と遊んで、良いお酒飲むみたいな感じじゃなくなったよね。

関連記事:働くことが好きで毎日頑張っていたりするよ。

働かないと、働きたくなってくる

 

人間って不思議なもので、強制されると拒否するのだけど、強制されなくなってくると、また戻りたくなってくるんですよ。

人間って面倒でお茶目な生物ですから、コロコロ変わるんですよね。笑

 

これまでは「働きたくない」と思っていたのに、本当に働かない期間が長くなってくると嫌になってくるものなんですよ。

働きたくないな〜」と言っている人って実は現在進行形で働いてる人なんですよ。実際に働いていない人は「働きたくないな」なんて実は思っていなかったりする。

 

だってさ、働かなければ人間の人生なんて暇で暇で仕方がないんだもん。一応社会人として社会と接点を持っていれば、ブラック企業であれ、会社の雰囲気がどうであれ、所属感が得られるし、まあ働くことで社会にも貢献することができるので楽しい。

 

でも、働かないと、自分のためだけにしか頑張ることができない。社会のために何の貢献もしなくなり、心の中に「虚しさ」みたいなものが残るようになってしまう。だからね、働きたくない、と思っているならとことん休んでみれば良いんですよ。

 

半年もしないうちに「働きたい!」と思うはずですから。例外はあるよ。例外はもちろんあるけど、働かないってのも案外つまらないものですよ。

人間なんて、何もしないことの方が苦手なんだから。私なんて、「何もしないで」と言われたら数分で発狂しちゃうと思います。笑

 

それくらい人間って何かをしていたいものなのですよ。働きたくない、と本気で思うなら思い切って辞めてみれば良い。休んでみれば良い。

そしたらね、自然と「そろそろまた頑張りたいな」なんて思ったりするものです。人間って本当に面倒ね。でも、そういうものなんだよ。

関連記事:サラリーマンに疲れたという人たちへ。

 

我慢し続けるからどこかで壊れてしまうのよ

 

人間には理性がある。だから、「仕事を辞めたい」なんて思っても、理性に止められる。

これからの生活はどうするんだ?」とか「家族はどうなるんだ?」みたいなことを考えてしまう。世間体的にも「働いていない自分」が痛い。

 

そんなことを思って、働きたくないなあ、と思っていても、何となく頑張ってしまうわけです。たとえそれがブラック企業だったとしても、どうにか頑張ってしまう。

 

そのうち、「生活レベル」にも慣れてきてしまって、「今の生活レベルを落としたくない」なんて思ってしまうのです。

でもさ、我慢し続けるから、どこかでうつ病になったり、パニック障害になったり、大きな病気をしたりする。

 

もっと自然にいれば良いのよ。「働きたくないなあ」と思ったら、会社を辞めたり、仕事にいかなければ良い。多少の迷惑はかけるかもしれないけど、そんなことはどうでも良い。

 

つらいな」と思った時に休んだ方が良いのよ。働きたくない、と思いながらもみんなは何とか頑張って働く。

それはなぜか?

 

1度止まってしまったら、レールから外れてしまったら2度と普通の世界に戻れないような気がするから」です。

でもね、そもそも5年も10年も同じところで同じように働くことの方が特異な状況だと思う。もっと自然に辞めたり、自然に休んでも良いと思うよ。

 

自分らしくね。あまり我慢しすぎず、思った通りに生きれば良いんよ。

ではでは、まりもでした。

関連記事:サラリーマンが合っている人もいるよね。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。