ブログ運営を語る

ブロガーとYouTuberってどっちが良いのかな?と考えてみた。

面白い時代がやってきたよなあ。笑

ええ。まりもです。こんにちは、こんばんは。そして、おはようございます!

朝7時からみなさんはお元気でしょうか。朝が苦手な人は嫌ですよね。ええ。

さて、面白い時代でさ、私みたいなブロガーもいれば、今はYouTuberもいるわけじゃないですか。月に100万円とか1000万円とか稼いじゃう人もたくさんいて、

何だか夢があるような感じがしませんか?でも、実際のところどうなんだろう?ブロガーとYouTuberってどっちが良いのかな?と考えてみたんですよね。

 

今日はブロガーであり、最近はYouTubeで配信もしている私が思うことを書いてみるね。

YouTuberと比較した時のブロガーの良い点、悪い点

ブロガーの良い点

顔を出さなくても良い

顔を出す必要がないのはブロガーの良い点ですよね。ブロガーとして活動している人って結構サラリーマンが多いんですけど、なんでか?というと、

顔出し」を求められないからだと思うんですよ。顔出しをしなくても、普通に記事が良ければ読んでもらえますからね。

YouTuberって基本的には顔を出した方が得じゃないですか。300万人の登録者とかで顔出ししていない人っていませんよね。いるかもしれないけど、顔出しの方が人気がでやすい。

でも、ブロガーであればそんなことはない。そういう点で良いよね。

 

物を売りやすい

YouTubeでモノを売るって実は難しいことだったりする。YouTubeで紹介する時って、「URLを直接踏んでもらう手段」があまりないから、一手間かかってしまうわけですよ。

それに比べて、ブロガーであれば、記事内で紹介すればすぐに物を売ることができますからね。

物を売りたいなあ、と思っている人にはやっぱりブログってメリットが大きいのかな、と思います。

最初からお金になる

YouTuberとして生活しようとしたところでさ、チャンネル登録者が1000人はいないと、そもそも広告をつけられないんですよ。

ちなみに私もまだ「ぼくのとらべる。」というチャンネルにはつけられていません。でも、ブログだとアドセンスとかA8.netみたいなものを使ってすぐに収益化することができる。

閲覧数が少なくても、良いキーワードで上位表示させることができていれば、月に100万円とかが普通に入ってきたりするわけですよ。

そう考えると、やっぱりブログは最初からお金になるし良いですよね。YouTuberよりも、「あ、お金になるんだ」を感じるのが早い気がする。

 

将来に渡ってコンテンツが守られる

 

将来に渡ってコンテンツが守られるんですよ。YouTubeだと、もうYouTubeというものがなくなってしまったらもうどうしようもない。

でも、ブログであれば、自分でサーバーを借りているので別に問題はないんですよね。たとえGoogleが消えてしまったとしても、他の検索エンジンから見つけてもらえますから。問題はない。

その点ではブログって安定性があります。

街中で恥ずかしくない

街中で撮影するのって、慣れないと結構恥ずかしいんですよね。笑

だって、街中で自撮りしていたら、結構目立つじゃないですか。まあ案外見られたりとかしない時代ではあるんですけど、

それでも最初は抵抗があると思う。カメラに向かって1人で喋っているのだから不思議な光景ですよね。笑

ブログは別に人前で何かをしなくてはいけないということではないので、その点では楽ですよ。

 

ブロガーの悪い点

チャンネル登録的なものがない

チャンネル登録的なものがないんですよね。RSSという仕組み自体はあるんですけど、誰も使っていないので、なんかこうちょっと……。

YouTuberであれば、チャンネル登録という項目があるので登録してくれた人たちが見てくれるので良いけれど、ブログの場合はある程度は検索に頼らざるを得ないのですよ。

そうなってくると結構大変です。Googleの方針次第でブログの検索順位が圏外になってしまうことだってありますから。Google先生の一撃で沈没してしまうなんて、ちょっと悲しいよね。笑

記事の更新がだいぶ大変

記事の更新が大変なんですよ。まあYouTuberだって大変なんですけど、記事となるともっと大変になるんじゃないかな。

 

私の場合は好きなことをテキトーに書いているだけだから何も思わないけど、必死になってちゃんとした記事を書いている人にとっては、結構大変ですよね。

動画もまあ編集をがっつりしちゃうと大変ですけど、撮って出しも可能だよね。その点、こう……ブログってのは一応2000字程度は書かないといけないというのが大変な部分かな。

記事の更新が普通にできる人は良いと思うですけどね。

始めるのがちょっと難しい

YouTuberになるのってすごい簡単なんですよ。すぐに誰でもアカウントを作れるし、すぐに動画を投稿することができる。

でも、ブログの場合はそうもいかないんですよね……。ブログの場合だと、やっぱりワードプレスに対応したサーバーを見つけて、そこから色々な設定をして、プラグインをいれて……とやらなければいけないことが多い上に小難しい。

ブログのデメリットだと思う。アメブロとかだと、結局アフィができなかったりして意味がないし。笑

関連記事:ブログにも儲からないジャンルがある?を考えてみる

好きな方を選んだ方が良いと思います

 

まあね、合理的に考えても意味がないと思うんですよね……。まあ、色々な理由を考えて、「ブロガーの方が良いわ」とか「YouTuberのが良いわ」みたいなのってあると思うんです。

でもさ、99%の人は続かないから、別に考える必要もないんですよね。むしろ、「続く方」をやれば良いだけの話のような気がします。笑

 

続けることって何よりも難しいです。人間って面倒なもんでさ、好きなことじゃなければ、続けられないんですよね……。

 

こりゃお金になるぞ!」というモチベーションだけではどうにもならないわけですよ。私はまあ偶然、どっちも好きだったんですけど、普通はどっちも好きってあまりないんですよ。

 

だから、好きな方をやってみれば良いんじゃないの?というのが、シンプルだけど私からのアドバイスになります。笑

 

ウェブで自分を発信するのって、簡単なことでもあるんだけど、ちょっと大変だったりもするんですよ。

最初のうちは普通のコメントばかりが来るから良いけど、だいたい月に50万PVくらいを超えたくらいから批判的なコメントがめちゃくちゃ増えてきてしまうんですよね。

ネットで検索すると、まあウジャウジャいるわけですよ、批判してくる人がね。で、そういう時に「好きじゃないこと」だとその時点でやめてしまう。

だからこそ、最初から自分が「どうしてもやりたい方」を選択するべきだと思うのです。

合理的な判断は大切だと思う反面、人間は合理的な存在ではないから、そこの「」にストレスを感じてしまうと思うのよ。

 

だったら、最初から本能に従って、「俺は文章の方が好きだ!」とか「俺は動画の方が好きだ!」みたいなシンプルな気持ちを大事にして欲しいです。

関連記事:Googleのコアアップデートで死んでいるブロガーのみんなへ。笑

 

 

どっちもやってみるのも結構面白いよ

 

邪道かもしれないけど、どっちもやってみるってのも結構面白いんですよ。私の場合はブログから入って、「YouTubeに投稿なんてしないしない笑」という感じだったんです。

でも、数年後には普通に投稿するようになっていたから不思議なものですよね。何かこうどっちにもそれぞれの面白さがあるんですよ。

 

私は言葉で何かを伝えるのはあまり得意な方ではないんですね。だから誤解されることも多い。でも、自分のリズムで書くことのできるブログであれば、自分のペースで書いて、自分のペースで投稿することができますから。

だから、そういう意味では結構ブログは「消化」的な役割を担っているような気がする。それに対してYouTuberとしての活動は、「ずっとステージの上に上がる感じ」というか、うーん。

 

なんかちょっと違うんですよね。笑

顔出しをがっつりしているからってのもありますけど、またちょっと気持ち的に違う感じなのでそれが面白いです。

 

いきなりどっちもやるってのは大変かもしれないけど、「メディアミックス(複数の媒体でを相互的に使うこと)」が普通になってきているし、やってみても良いんじゃないかね。

 

どっちもみちチャンネル登録者数なんて、私を含めて増えないし、誰もみていませんから。やりたいことをやっちゃえば良いんです。笑

どっちもやってみたら?という無責任な回答で今回は終わりにしようと思います。笑

では。

関連記事:ブログをやめる人が急増している今、私が伝えたいこと

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。