恋愛と私

ハズレ合コン後の男子の会話

皆さんは合コンに行った事がありますか?

大学生ってみんな合コンにいっていると今の上の世代の人たちは思っているそうなんですが、実はそうでもないんですよね。

実は合コンにいっているのなんて本当に一部の人たちだけだったりするんです。

だからこそ、今回は合コンについて書いていこうと思うのですが、

その中でも「ハズレ合コン」の時に男子がどんな会話をしているのか?って気になりませんか?

可愛い人がいなかったりとか、気の合う人が誰もいなかった時ってどんな状態になっているのでしょう?

そんな男子だけしか知らないハズレ合コン後の世界を書いていきますね。

女性は見ない方が良いかもしれない……。

 

二次会行かなくてよかった

 

合コンってまずは居酒屋とかちょっとお洒落なレストランにはいるという人がほとんどだと思うんですけど、

その時に初めて合コンの相手がどんな人たちか?ってのがわかる事がほとんどですよね。

知り合いがほとんどでした!みたいな合コンって合コンではないわけですから。

 

すると、やはりどうしてもハズレ合コンってのが出て来てしまうんですよ。あれ?全然可愛くないじゃん!って感じの時って実際にあると思うんです。笑

そう、これがハズレ合コンですね。笑

 

そんなハズレ合コンが終わった後って何を話しているのか?というと

二次会にいかなくてよかった」という事なんですね。

可愛い人がいると大抵二次会もいこう!という流れになるんです。

でも、これって可愛い人がいるからこそ成り立つものであってそういう人がいないと帰りたくなるのが男子の性です。笑

可愛い人がいたら、帰りたくないのにね。不思議なものです……。

 

だからこそ、ハズレ合コンの二次会が開かれなかった事に安堵する人ってとても多いんですよ。

合コンの時って男子が基本的には多めにお金を払いますよね?

だから、もしも二次会なんて事になってしまったら、興味のない女性にお金を払う事になってしまうんです。

男子ってやっぱりケチな人が多いんですよ。だからそういう無駄な付き合いのお金とかって一切払いたくないものなんですね。w

 

ハズレ合コンの時の男子って本当にひどいものです。笑

関連記事:コミュ障でも新しい出会いをつかむ3つの方法

 

誰だ連れてきたの

 

合コンになるとやっぱりみんな気合いをいれてきますよね。

どんな可愛い子がいるのかな?とかそういう事を考えているひとがほとんどじゃないかな?って思います。

だから、ハズレ合コンだった時って凄く落胆するんですね。笑

そして何が始まるのか?というと

「てか、今日の合コンの女の子誰が連れてきたんだっけ?」

という犯人探しなんです。笑

 

合コンって誰か一人が女の子のツテを使って開く場合がほとんどだと思います。

だから、そのひとが責められてしまうんですね。

もっと良い女の子をセッティングしろとかそういう話になってきてしまうんですよ。

男子って本当に顔で相手を選ぶ人が多いんです。

女性ももちろんイケメンが好きだとは思いますが、男性ほどではないと思います。

 

友人を見ているともはや性格とかって別にどうでも良いなんて人もいたりするんですよね。

性格とかよりもいかに可愛い子と付き合えるのか?というところが一番大切になってきてしまっているんです。

これって、なんか悲しいなって思いますよ。笑

 

私の経験上可愛い人でも性格の悪い人ってホントに悪いんです。

そしてそういう人と付き合えたとしてもきっと疲れるだけだと思うんですよね。

男子はもっと大人になりましょう。笑

関連記事:出会いがない社会人はどうやって結婚する?

 

ブスへのアダ名大会

 

これもありましたね。

ハズレ合コンに来てしまったという事だけで、男子って凄いストレスが溜まっているんですよね。

そりゃ向こうも「なんだこのブサメン」ってなっているんでしょうけど。笑

でも、本当に男子は不満タラタラなわけです。

そうすると、ハズレ合コンの詳細を追っていくという事を行いだすんです。笑

 

今日のあの子がどうだったとかそういう話ですね。

 

そして、その時に「ブスにアダ名をつける」という事をするようになるんですよ。笑

 

ハズレ合コンだったとしても男子ってどっかしたらに楽しさを作り出したいってもんです。

だから、女性にアダ名を付けて遊んでいるんですね。

これってよくよく考えるとかなりひどいことしてますよねwww

でも、本当にやっている事なんです。

 

どうでしたか?ハズレ合コンの実態って結構ひどいものだったかと思います。

でも、きっと女性陣も同じような事を言っていると思うんですよね。

だから別にいいんですよ。笑

 

はい、今日はこんな感じで。

関連記事:結婚を諦める年齢なんてないと思う。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。