仕事の悩み

飲みニケーションは古いし無駄ではあるのよね、とわかっている。

今の人たちにもきっと飲みニケーションという言葉がある程度は浸透していると思うのだけど、どうですかね。

コロナになってからはだいぶ飲みニケーションの流れもなくなってきたかと思うけど、今でもやっぱり「会社を大きくするためには飲みニケーションが必要だ!」と豪語する人はいる。

そういう人に限って結構頑固だったりするから、「お前はわかったとらん!」と言うのだろうけど、そうは言っても今の時代的にはちょっと合っていないよね?と思ったんですよね。

 

飲みニケーションってもう古いんだよ、きっと。笑

その古き良き時代みたいなものももしかしたら素敵なのかもしれない。でも、時代は変わっていくからさ。その時に良かったものが今も良いとは限らないわけですよ。

コミュニケーション自体は大切だと思う

 

私、別にね、コミュニケーション全般を否定しているわけではないのですよ。コミュニケーションってやっぱり大事だと思うし、会話は必要ですよね。

どれだけ便利な時代になっても、今の段階ではやっぱり仕事の主役はロボットではなく人間なんですね。

だから、コミュニケーションがなかったらなんだかんだで上手くいかないのよ。「こうすれば便利でしょ?問題ないでしょ?」と何でもかんでもリモートにする人がいるのだけど、

 

それはそれで問題だと思う。とまあ私にもこういう古い部分があるのですよ。ただ、そうは言っても飲みニケーションに関してはどうかな?と思ってしまう。

 

飲みニケーションってもう古いし、無駄だし……。うん。でも、団塊の世代なんかだと、いまだに飲み会を必須だと思っている人もいるよね。

私の父親もよく接待をしていたのだけど、その度に多くのお金が吹き飛んでいきました。もう1000万円くらいは吹き飛んでいるんじゃないかな。笑

父親の時代は飲み会によって仕事が決まった部分もあったんじゃないかな、と思う。よく父親に「お前もクラブ活動にいくか」と言われていたのだけど、私はずっと断っていました。笑

まあ、どちらかというとそれはいやらしい感じのお店ではなく、仕事関係の人がいる場所に連れていきたかったということだと思うんですけどね。

 

でも、今はそういう感じじゃないよね。昔の世代からすると、「飲みニケーションもできないやつが出世なんてできるわけない」という感じじゃない?

飲み会でどう立ち回るのか?上司とも部下とも上手にやって上に上がっていく。それが普通だったと思う。

けど、今の時代は飲みニケーションの時代じゃないし、やっぱり変わったよね。ただ、そうは言っても、100%コミュニケーションを否定する気はありません。

やっぱりコミュニケーションなしでは進まないことだってあるからね。

うーん。そのバランス感覚もちょっと大事なのかな、とは思う。笑

関連記事:上司との飲み会って本当にいくべき?めんどくさいだけだし、行かなくて良いよ。

 

アラサーとしてはやっぱり家にいたいという

 

私だけじゃなくて、私の周りをみていてもそうなんですけど、やっぱり仕事を終えたらプライベートなんですよね。

もうそこはたぶん世代間の考え方の違いで、50代以上くらいの人たちは「飲んで飲んで飲んで分かり合える」みたいな感じの考え方を持っている人が中にはいますよね。

 

もちろんアラサーにもいるんですけど、少数派だと思う。それよりも、「仕事が終わったら友達に会いたいな」とか「自宅でのんびりしたいな」的な発想の人が多いような気がします。

自宅にいればさ、何でもできるんだもん。もうやっぱり職場だと気を遣うし疲れちゃうじゃないですか。

私もサラリーマンとして働いていた時には、自分のロッカーのところで荷物を整理して、「よし帰るぞ」という頃にどっと疲れていましたもん。笑

それくらいやっぱり社内というのは若ければ若いほど疲れるものなんじゃないかな。それよりは、1人でのんびりと家の中にいて、ゲームやったりとか、YouTubeみたりとか。

 

そういう何気ないストレス発散をした方が幸福度は高めが気がします。金曜日に仕事が終わったら、やっぱり金曜日を全力で楽しみたいし、土曜日でしっかりストレスを発散させたいからね。

 

で、日曜日に関してはもう月曜日の準備という感じ。そう考えると、やっぱり金曜日に飲みニケーションってのは古いし、無駄な要素の1つになっちゃうんですよね……。

上司側の気持ちもわかる。飲み会があれば、ミスをした時にもなんか許せるような気がするし、飲みニケーションによって仲良くなれるから、仕事も円滑に進む。

 

それはわかるけど、部下側のストレスって大きいんじゃないかな。好きな上司だったら良いんですけど、だいたい「飲みニケーションだ」と言ってくる上司に限って好きじゃない方の上司なんですよね。

 

あ〜君じゃない〜」っていう絶望。

関連記事:気が利かない部下にイライラする上司が嫌いだ。

 

部下から上司を誘う時代になる

 

これからはね、むしろ部下から上司を誘う時代になるのかもしれないな、と思いました。周りでも、嫌いな人じゃなくて、好きな上司ならば普通に飲みに誘ったりとか、競馬に行ったりとかしていますもん。笑

昔は上司が誘ってきて、「はい!いきます!」という感じだったと思うけど、今は違うよね。これからの時代は部下が上司を選ぶ時代になっていくと思う。

 

上司同士の会話はこうです。

 

  • お前さ、昨日の夜、佐々木から飯誘われたか?
  • いや、俺は……
  • 俺、誘われて飲みに行ったぞ!
  • 羨ましい……

 

こんな感じになっていくんじゃないかと。笑

これからは部下が上司を選ぶ時代になるのよ。飲みニケーションはもう古いし無駄ではある。だから消えていくと思うよ。

でも、同時に今度は部下から上司を誘う時代になっていくのではないかと思う。そういう時代ですよ。

関連記事:上司と部下が対等な関係でなければ、仕事は上手くいかない。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。