人生に悩む君へ

走るのをやめた時、きっと僕の心も止まっている。

毎日、馬鹿みたいに走っているまりもです。普通に楽な方を選べば良いのに。自分でもそう思う。笑

でも、何だか習慣になってしまっているし、時代に沿わないのだけど、それでもやっぱり私は走ることが好きで、前に進んでいる感じが好きで毎日走り続けているんですよね。

私がね、走らなくなった、走るのをやめた時、そんな時にはきっと私の心も止まっていると思う。

 

私と同じで走ってくれている人はどれくらいいるだろうか。ブログで「ランニング」を発信し続けているのだけど、走ったことがある人くらいいるかなあ。

 

ちょっとね、書いてみるよ。

 

走っている時に整理される心

 

走っている時に私の心はものすごく綺麗に整理される。仕事をしていると、やっぱり嫌なことがあったり、難しい問題に直面することがある。

疲れることもあるのよね。みんなもあるでしょ?

例えば、私の場合だったら借金を抱えながら仕事をしているから、「この選択が間違っていたら借金返済できなくなるかな」なんて考えたりする。そうすると、夜に眠れなくなったりして、「ああああああ」ともがき、

でも、いつのまにか眠っている。そんなことが多いんですよね。きっと、自営業の人は私みたいな人が多いんじゃないか?と思う。

 

けど、そんな私も走っていると気持ちが整理される。走っている時にはつらい。特に夏の時期なんて最悪。汗が大量にでるし、カエルなんかが道端に現れて、「うお!あぶない!」と思いながら、神経を尖らせる必要がある。

もちろん、体力的にもキツイ。寝不足の日なんかは露骨につらくて、「あれ?身体が思うように動かない……」と思うようなことも多いわけです。

 

でも、走っているとつらいけど、つらい分だけ違う痛みを忘れることができるし、心が整理されるんですよね。違う痛みによって、他の痛みを鈍化させているというわけでもないのだけど、

つらく走っている時には前に進んでいるような気がするし、何だか頑張っているような気もして好きなんですよね。まあ、私がドMなのかもしれないですけど、何か好きなんですよ。

心が整理される。

関連記事:ランニングの夏、結構つらいけど走り続ける。

 

走るのをやめる時は色々諦めた時だと思う

 

私に健康上の問題があったら、走るのをやめるかもしれない。でも、もしもそうじゃなかったらさ、私が走るをやめる時は私が何か他の色々なものを諦めた時だと思うんですよ。

私が走っているのは私の心の中に色々なモヤモヤがあるからってのもある。もちろん、体力も欲しい。マチュピチュに登りたいからね。笑

高山にも対応できるだけの身体が欲しい。肺の能力を高めたい。そういう気持ちはある。でも、それもこれも私が一生懸命生きようとしているからです。

 

だからね、私が走ることをやめた時にはきっと私の心も止まっていると思うのです。「もう別につらいことも大変なこともないから、やめちゃおう」と思った時です。

健康上の理由以外はね。走っている時には本当にあらゆるものから解放される。嫌いな人とか、悩んでいることとか。

未来のことを考えない時間になるわけじゃない。未来のことに関しては考える。これからの会社のこととか、ブログのこととか、YouTubeのこととか。

うん。何かを考えて、悩みつつ、それでも前に進みたいと思っているからこそ走っていると思うのよ。

馬鹿みたいに毎日毎日走っていて、たまにオーバートレーニング症候群にもなっちゃうしね。

友達からも不思議がられる。「なんでずっと走っているの?」と言われたりもする。でも、それは私が頑張って頑張って頑張って、やりたいことを全力でやって、楽しく、うん、全力で生きているからなんですよ。笑

だからね、走るを辞めた時には色々辞めた時なんですよ、きっと。

関連記事:考えが甘いと言われる人生は幸せよ?

 

 

死ぬ気で走ることにきっと意味がある

 

ランニングがつらいものじゃなかったら、私はきっと走っていないのだろうな、と思う。いとも簡単に走ることができて、何のつらさも感じないのであれば、別にやっていない。

私がランニングを続けている理由は「つらいから」でもあったりする。人間ってのはさ、余裕がある時には人に優しくできるし本性がわからないわけですよ。

どんな人間なのかもわからない。でも、走っている時にはつらくて、苦しくて、そこで人間性が浮かび上がってくる。

 

つらい中でも走れる人間なのか。そういうことがわかるような気がする。99%の人は走ることをやめる。なぜか?

それはつらいからです。そして、走ることをやめる理由ならいくらでもあるから。

  • 老化するらしい
  • 体調が悪い
  • つらい

 

と。でもね、つらいからこそ意味があると思うし、私は健康上の理由とは違う部分でも走る意味があると思っているんですよ。

 

走っている時さ、「あ、もう足が前にいかない……」みたいな時があるんですよね。なんかこう、重たい空気の中を前に進んでいる感じというか、水の中を走っているような気分になることがある。

そういう時こそ、試されているような気がするんですよね。「ここでやるのか、やらないのか?」と。

真夏なんかだと、汗もだらだらで死にそうになっているんですけど、そういう状況だからこそ頑張りたいんですよね。

走るをやめた時、何か色々なものが消えてしまうような気がする。そして、走ることで私は頑張って生きられるような気がします。

だからね、これからも走るよ。うん。まあ駄文になってしまったけど、みんなもどうですか?走ってみません?笑

そろそろ皇居前とかでランナー募集するか。笑

関連記事:人生は壮大なパーティーなんよ!遊ぶも苦しむも全ては「出し物」であってだね。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。