人生に悩む君へ

どこかで生まれ変わって、そんで誰かと生きているのかな?なんて想像したり。

いやあ、もう私の父親がなくなって7年くらい経過するのかな……。もうそんなに経過してしまったのか、と思うと同時に、何か不思議な感じもするというか。

 

父親って普通はいるものじゃないですか。自分がおじさんになるまでは、普通に生きていると思っていたし、普通に父親って普通に生きて普通に死んでいくものだと思っていた。

一緒にお酒を飲んだりして、たまに喧嘩になったりしながらも、仲良くやっていくのだろうと思っていたんですよね。

でも、死んでしまって、もう私の知っている父親はいない。それは事実です。事実なのだけど、実はどこかでうまいことやっていたりして?とか思ったりもする。

 

死んでからまたどこかで生きているような気がする

 

これはまあ精神世界みたいな話になってくるのだけど、死んでからまたどこかで生きているんじゃないかな?的な思想を持っているわけです、私は。

別にどこかの宗教に所属しているわけではないし、特定の思想なんかもない。特に神様がいたとしても、仏様がいたとしても、そんなことはどうでも良いです。

 

でも、何かこう、昔死んでしまった父親がまたどこかで生まれ変わったりとかして、他の家族と新しい生活をしているんじゃないのかな、と思ったりはする。

 

死んでしまってからはもう何もかもゼロになってしまう。そう考えると、何か逆に安心するのだけど、私はそう思えない。どこかで生き返ってしまって、また同じように人間として生まれてきて、子供からやり直しているような気がしてしまう。

 

私の父親だった「男性」はどこかで、「男の子」として生まれて、どこかのお母さんに大切に育てられて、何ならもう今は違う家庭を持って生きているのかもしれない。

時間軸だって、私の体感とは違うかもしれないからね。

たまに考えるのです。私が父親はどこかで新しい人たちと新しい暮らしをしているのかもしれないな、と。

それはつらいことでもあるのだけど、嬉しいことでもあって、少し複雑な気持ちになる。まあ、だからこそこうやってブログにして発散しているのだけど。

関連記事:父親を思い出せないどこかの誰かへ

 

この世界は不思議で溢れているのよ

 

この世界は普通に生きて、普通に死んでいくわけですよ。で、それをなぜだかみんなが普通に受け入れている。でも、私からするとその状況がなんだか不思議に思えてならない。

だってさ昨日まで一緒にいた人が死んじゃって、どこかにいなくなってしまって、もう2度と会えなくなるわけじゃないですか。

 

こんな世界、残酷すぎませんか。人間のために作られた世界ではない。そんなことはわかっちゃいるけど、なんか悲しいよなあ。

ダーウィンは「人間は猿の進化だ」と言ったけれど、キリスト教は「人間は神様が作った」と主張する。でもさ、だったらさ、この残酷さも説明してよね?と思ってしまう。

まあ、説明してくれるのかもしれないけれど、こう見えないものであるがゆえの残酷さはやっぱりあるな、と思った。

 

私のお父さんは間違いなく、あの日、6月のあの日に死んでしまって、そこからもう会えなくなってしまった。私が授業を受けていたあの日にひっそりといなくなってしまった。

命をなくしたその時、私の父は何を思ったのだろうか。そんなことさえもわからないまま死んでいって、どこかの誰かわからない人たちが「残念です」と口を揃えていってきた。

 

なんだこの世界。なんだこの残酷さ。そう思ったよね。どこかで生きているのかな、うちの父。笑

どうなんですかね。この世界はたくさんの不思議で溢れていて、人間では理解できないことがたくさんある。

人間は死んだらどこに行くの?いや、そもそも生まれる前の記憶は?そんなものは存在しないの?

深く考えていくと、色々わけがわからなくなるよね。だからね、やっぱり私は自分の父親のことも上手に処理することができないというか、噛み砕けないのですよ。

関連記事:心の傷は消えないけど、車の中で死んだ父親がいたから今の私がいるよ

 

モヤモヤを抱えながらもやっぱり生きていく

 

モヤモヤした気持ちがなくなってきたかな?と思ったら、また急に寂しくなったりして人間ってのは厄介ですよね。笑

人間として生まれたからこの世界は楽しいはずで、もうね、私がゴキブリでもうさぎでもなく人間として生まれてきたのは奇跡的なことであって、

神様とやらがいるなら大感謝感激しているわけですよ。楽しく生きていて、面白く動いていて。

でもね、やっぱり人間であるがゆえに考えてしまうことだってある。家族3人で歩いている旦那さんをみると、「もしかして……?」なんて思ってしまう自分もいたりする。

いつまでも子供で、なかなかお父さんのことから離れられないのよなあ。笑

そんな自分とふとした拍子に出会ってしまって自分で驚いたりする。でもね、それでも私は生きていくのかな、と思うよ。

 

私みたいにモヤモヤした気持ちを持って生きている人って本当はたくさんいると思うのよ。同じように考えている人もいるのかな。

お父さんが生まれ変わってどこかで生きているかも」的な発想をする人もいるのかしら。わからないけどね、まあそれでも生きていれば良いのよね。

 

なんとなくフワッと、モヤッとしながら生きていきましょう。笑

今日はね、みんなはどんな日にしたいですか?朝7時ですけどね、まあゆったりいきましょう。

ではではまりもでした。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。