人生に悩む君へ

愛があれば、なんてね。

みんなは最近どんな人にどんな愛情を傾けたでしょうか。子供の頃は「好きだ〜」と思ったら、それを伝えたり、「ありがとう」と思ったら伝えていた。

感情をそのまま表現するのが上手だったよね。でも、大人になると誰かに愛情を注ぐことを忘れてしまったりする。

なんだか寂しくないですか、それ。愛があれば、きっと何だって良くて、色々な紛争とか、いざこざとかさ、そういうもの全てが消えていくと思うんです。

 

愛があれば。そう。愛があれば、ね。

 

相手に対する愛があるかどうか?で行動は表にも裏にもなる

 

同じ行動を取ったとしても、相手に対して愛があるのか、愛がないのか?で全く意味が変わってくる。

例えば、仕事ができない後輩に対して怒ったとしよう。その時、あなたはなぜ怒るのでしょうか。2つのパターンがあると思うんですね。

  1. 仕事ができない後輩にイライラして怒った
  2. 仕事ができない後輩のためを思って怒った

後者には愛があるのだけど、前者には全く愛がない。ただ自分の感情をぶつけているだけですね。

同じように行動していても、どんな感情をもって相手に接したのか?ということだけでその行動が持つ意味なんて簡単に変わるものです。

 

相手に対する愛があるのか?なんてことはね、まあ当事者にはわからないことです。文面ではわからない。でも、実は大事な部分じゃないのかな、と思うんですよ……。

 

同じ仕事1つをするにしても、何の愛情もないドライな人とやるよりは、愛ある人とやった方が楽しいし、ハッピーでしょ?

 

だからね、「愛があれば」なんですよ。愛情を持って誰かに接する。それだけでも、相手方が受ける印象はだいぶ違う。

行動をどう評価されるのか?ということは、その中に含まれる「感情」によって変わってくる。感情がプラスであればプラスに、マイナスであればマイナスになる。

不思議なものですよね、人間同士のコミュニケーションって。笑

関連記事:愛情を感じることができる私たちはこの人生で愛の花束を持てば良い。

 

自分が受けた愛情なんか別にどうでも良い

 

自分が受けた愛情なんてね、実はどうでも良かったりするものなんですね。愛情を受け取れば、嬉しいよ。それはきっと誰でも同じですよね。

でも、自分が受けた愛情なんてものはどうでも良くて、要するに自分が誰かに与えた愛情の方に価値があるような気がしています。

 

人間って生きていると、「俺は年収1000万円ももらえるんだ」とか「ランボルギーニ買えるんだぜ」みたいな自分がもらったもの、自分が持っているものばかりに注目してしまうけど、

実は自分が与えた愛情の方に大きな価値があるんですよ……。最後死ぬ時には、「ああ、こんなに優しくされたな」じゃなくて、「こんなに優しさを与えることができたな」という部分に喜びを感じるんじゃないかな。

自分が生まれてきた意味をずっと探しているのが人間ですよ。もらったものよりも与えたものを振り返る。

だからね、生きている時は誰でも良いから、愛情を与え続けた方が良いと思う。

自分が受けた愛情なんてものには大きな価値はありませんよ。大きな価値があるように思ってしまうけど、それは違う。

 

誰かに対して愛情を向けることが大事なんですよ。どんな言葉も愛情があれば優しくなる。でも、反対に相手に対して何の愛情もなければ、どれだけ優しい言葉を使って傷つけてしまう。

 

だったらさ、どうせ同じ時代を生きているわけだし、愛情を持って接した方が良くないですか。ブログとかYouTubeなんかをやっていると、

あれ?結構ひどいこと言うんだな」という人に出会うことがある。で、中にはそんな鋭い愛情のない言葉で死んでしまう人だっている。でも、悲しいじゃないですか、それ。

 

人間同士でなんで殺し合うのだろうか?と私は思う。自分が受けた愛情なんてどうでも良いからさ、周りの人に対して愛情を持って欲しいな。

愛があれば、なんて本気で思ったりもするんです。

関連記事:「大丈夫、何とかなるさ」と思わせるオレンジ色になりたい。

 

誰かに助けられた時にはいつも愛情があった

 

生きていると、泣きじゃくるほど嬉しいことがあったりする。でも、そういう時ってだいたいつらい時なんですよね。

私のお父さんが死んでしまった時、本当に周りの人に助けられた。

ご飯を食べさせてもらった時もあったしね、友達に。後はね、私が住んでいたところってマンションで近所の人とも付き合いがあったのだけど、

 

お父さんがなくなってしまって大変だ」ということで、毎晩毎晩ご近所さんが料理を作って持ってきてくれたんですよね……。

あれは本当に助かりました。栄養失調みたいになっていましたからね、当時の私。笑

 

それもこれも周りの人の愛情です。だからね、今度は自分が誰かに愛情を持って接したいな、と思うのです。自分が大変な時に助けられたからこそそう思うのかな。

 

人間と人間だからさ、やっぱり支え合って生きているわけであって、どうしようもなく面倒なこの世界でなんとか頑張って生きているわけですよ。

 

人間の寿命は100年くらいですよね。その間に私はどれだけの人に愛情を持って接することができるのだろうか……。

できた人間じゃないし、情けない人間ですけど、これから先もね、頑張って頑張って愛を持って生きていきたいな、と思います。

 

みんなはさ、普段どうですか?誰かを大切にしていますか?愛情をもって接していますか?

関連記事:昨日までの世界より、今日からの世界はだいたい美しい。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。