コラム

赤いギターを持ちながら、青い夜に眠る。

赤いギターがうちにはある。これはもう、何年前のものだろうか。私が中学1年生の時に購入したものなので、もう10年以上は確実に経過しています。

私が持っているギター、なんか好きなんですよね。私の部屋にあって、私がよく座っているソファの上でこれを雑に弾いているわけですよ。

そんな時間が何だか好きで、このギターを青い夜に弾いて、そっと眠る。そんな毎日がずっと続けば良いのにな、なんて考えながら過ごしているよ。

何でもないただの日記になってしまうのだけど、ブログだしさ、たまにはこういうのも良いですよね。

 

聞こえてくる雑音の中で過ごす東京という村

 

さて、私は東京在住です。東京在住の私は新宿とか渋谷とか、銀座とか六本木とかに行くことが多いです。それは仕事における会食だったりもそうですけど、

それだけじゃなくて、会議だったりとか友達との飲み会だったりとか。この前も歌舞伎町の餃子屋さんに行ったんですよ。あれは御苑の近くの餃子屋さんだったかな。

人ももちろんだけど、ねずみも1匹いてね。笑

うわ!ねずみだ!」と思ったら店内に入っていっちゃって……。ええ。

まあ、とにかく人が多くて、混雑している場所なんですね。そんな場所にいると、1人になった時に「あ、なんか疲れたな」と思ってしまうんですよね。

その時は楽しいし、飲み会だって嫌いじゃないよ。人は大好きです。でも、東京という巨大な都市で生きていると、時々人混みとか、社会とか、色々なものに目眩がするような気がして疲れてしまうことがある。

 

東京は物凄い速度で物事が進んでいって、変化していく。その変化は素敵なものだと思うし、人の熱気も素晴らしい。ただ、時々疲れたりもするのよね。

濁流の中を「よいしょ!よいしょ!」と急いで漕がなければ溺れてしまいそうになる感覚。私だけなのかもしれないけど、私は東京で生活していると、ふと感じる時があるのです。

 

聞こえてくる雑音の中で過ごすのが心地良い時もあるのだけど、同じ要領で疲れることだってある。だからね、帰ってから何となくだらだらギターを弾いたりする「あの時間」が好きなんですよね。

何でもない、何の意味もない時間だからこそ、好きな時間だったりもするわけです。最近は「意味のない時間」がやたらと非難されるようになった。

コロナの時なんて、「不要不急の……」なんて言われて、意味のない行動が否定された。でも、人間の行動なんて99%は意味がないし、意味のないところに価値があったりもするよね、と私は思うんだけど、どうですか。

関連記事:悩みがないから幸せなわけでもないのが人生なんだよな

 

24時以降が至福の時間です

 

普通、24時と言えば寝る時間ですよね。でも、私はもう全く聞こえないくらいの音量でギターを弾いていることがある。

それは別に何かの曲を爪弾いているわけじゃなくて、単純にギターを弾いているという安息を求めているだけであってですね……。

はい。24時を超えてからの時間が何とも好きなのですよ。24時を超えると、LINEの返事なんかも全然来なくなる。誰かも返事がないし、誰からもLINEが来ない。

まあそもそも友達なんてものが少ないから、LINEなんてほとんど来ないのだけど、それでも仕事の連絡なんかは入ったりするからね。でも、そういうもの全てから、24時以降は解放されるような気がする。

 

1人でギターを弾いて、1人で自作の歌を歌ったりもする。変ですよね。笑

別に良い歌でもないのに、何かポロッと歌詞が出てきたりすることもあるから、それをちょっと物悲しいマイナーコードに合わせて弾いていくのです。

 

ギターももう10年以上経過した古いギターですから、壊れそうな気もするのだけど、何とか頑張っている。あの、古びた感じというか、埃が被っているところが良いんですよね。

実は、東日本大震災の時に被災したギターでもあって、うちにあったお酒がギターにかかって相当臭くなったんですよ。でも、それがまた何かこう、思い出になっていて良いんですね。

つらい記憶なんですけど、それも1つの記録であって、共に過ごしてきたものと時間を共有している感じがして、嫌いじゃない。

 

ええ。そんな夜ですよ。24時以降のそういう何でもない夜が私は好きなんですね。みんなはさ、1人の時、どんな風に過ごしていますか?

どんな風に楽しくやっていますか。みんなといる時と、1人の時、私はそこまで変わらないと思うのだけど、それでも少しは変わっている。

 

ああ、24時に他の人は何をやっているのだろう。

関連記事:ああ、生きているんだ、と空を見て笑う。

 

夜という時間、静かな流れ

 

昼間はあまり好きじゃない。忙しくて、何かこう、みんなが活発に動いている感じがして、私はずっと好きじゃないんです。

昔から雨が好きで、真夜中が好きで、うん。だから、夜になると、私は何か楽しくなってしまって、穏やかにハッピーに過ごしています。笑

夜という時間は時間の流れが穏やかで良いですね。川で言うならば、上流じゃなくて下流にいる感じ。穏やかで、こう川のせせらぎだけが少し聞こえるような、そんな感じ。

 

深夜2時くらいに近所のコンビニなんかに入ってみると、「ああ、この人もダメな人だな」と自分のような人間が1人、2人くらいはいる。こんな時間なのにコンビニで雑誌を読んでいたりとか、うん。笑

でもね、それら全て、こう、夜の真夜中の時間帯が何か良いですよね……。誰からも干渉されなくて、何もかもから解放された瞬間。それが良いんです。

アイスなんかをコンビニで買ってきて、で、家に戻る。家に戻ったらアイスを食べる。自分で買ってきたアイスなのに食べた後は「あれ?なんでアイスなんて食べちゃったのかな」と思う。

人間は不思議なものです。愚かなものです。それをアイスを口に放り込むことによって知る。なんと愚かなのでしょう。

 

ええ。でもって、やっぱりギターに戻って青い夜に眠る。そんな日々です。ああ、良い時間ですね。何の話をしていたのだろう。

では。

関連記事:辛いことを楽しむのもまた人生だと思うし、自分が主人公ならそれもまた最高のスパイスなんよ。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。