仕事の悩み

アラサーの体力低下は仕事において割と深刻な問題ではないか?とアラサーの私は思う。

さて、アラサーのみなさま。お元気でしょうか。本日も元気にアラサーをしていますでしょうか。

はい。先日なんですけど、私ね、フットサルをしてきたわけですよ。まあだいたい同じくらいの年代の人と一緒になって玉転がしをしていました。笑

でも、結構アラサーになってくると体力低下が激しい人はいて、そういう人たちは試合をしていても、すぐに疲れてしまうわけですよ。

今回の試合はね、中学からの友達と一緒だったから、中学の頃の友達の体力を知っているわけですよ。そんな私からすると、「あれ?どうしたん?」という感じでした。

仕事をする上でもやっぱり体力って必要だと思うんですよ。体力がないと何もできないし、余裕が生まれないでしょう?

アラサーの体力低下問題って思っている以上にヤバイんじゃないの?っていう話をね、アラサーの私がしていこうと思う。

 

 

アラサーの体力が低下する理由

忙しくて運動ができない

アラサーって結構忙しい人が多いと思うんですよ。会社側からしても、重宝している人材だと思うんですよね。

ある程度の元気だし、仕事にも慣れているので大きな案件なんかを任せることができる。だから、アラサーって忙しい世代でもあるわけです。

これが新卒くらいだと、「まだまだ先輩と一緒に仕事をしないとな」という感じですが、アラサーにもなると違ってくるからね。笑

 

もちろん、仕事のことだけを考えれば良いことですよね。必要とされているわけであって、嬉しい。ただ、運動をする時間はないわけですよ。アラサーの体力低下原因って、忙しさにもあるんじゃないかな、と思う。

 

まだ若いと思っている

アラサーとかって、微妙な年齢じゃないですか。若くないわけでもないし、若いわけでもないし……。

でも、アラサーの人たちって結構自分では「若い」と思っているものなんですよね。笑

私もそうなんですけど、やっぱり自分の年齢を下に見てしまっているというか、自分の身体能力を過大評価しているはずなんですよ。

そうなってくると、何が起こるのか?というとですね、「まだ俺は若いし、別に運動しなくても体力はある」と思ってしまうわけです。

まあ、たしかにある程度の体力はありますよね。でも、今回、いざ大会に出てみると、「あれ?なんでそんなに息切れしているの?」と思ってしまうくらい動けない人が多かったから、やっぱり問題ですよね……。

普段、仕事をしている時には気がつかないかもしれないけれど、実際には体力ってなくなっていっているものなのです。部下からすると、「あの人体力もないくせに……」となっているかもしれない。笑

ストレス発散方法が「飲み会」になっている

ストレス発散方法が飲み会になっている人って多いんですよ。でもね、月曜日から金曜日まで働いて、金曜日の夜にお酒を飲むと、まあ金曜日は運動しないし、

次の日も疲れているから運動しなくなる。

結果的にストレス発散にもなっていないし、身体にも悪いというね。

アラサーの体力低下の一因になっているのが飲み会だと思う。大学生の時にはさ、別に何ともなかったと思うんですよ。

飲み会をして、寝て過ごしているだけでも、体力が落ちることはなかった。でも、これがアラサーになってくると違うんですよね……。

あれ?」となる瞬間が多くなってくるわけ。

関連記事:人生は壮大なパーティーなんよ!遊ぶも苦しむも全ては「出し物」であってだね。

 

体力低下にほとんどの人は気がついていない

 

自分の体力低下に多くのアラサーは気がついていません。例えば、友達の1人は「暑さがキツイから疲れたんだ!暑さに慣れる訓練するかな」と言っていたんですよね。

でも、条件は誰でも同じわけだし、普通に誰が見ても体力低下をしていたんですよね。

私ともう1人の友達がその人を見て、「あれ?なんであんなに疲れているんだろう?」ということを言っていたんですよ。それくらい疲れているように見えました。

 

けど、本人は気がついていないんですよね。アラサーで体力が低下したなんて思いたくないのかもしれない。だって、子供の頃は開園時間からディズニーランドに行っても疲れたなかったよね。笑

でも、やっぱりアラサーになると、結構体力低下が激しい人っているわけですよ。体力がないと、1日でできることも少なくなってしまうし、色々と制約が出てくるわけですよ。

 

だからね、アラサーになっているのであれば、もっと自分で体力作りをした方が良いんじゃないかな?と私は思っています。

まあ、そんな真面目じゃなくても良いのだけど、普通の人よりはやっぱり動けた方が得だし、生きていて面白いと思うからさ。笑

多くの人は日常生活に忙しくて、全然体力低下に気がついていないのだけど、本当はかなり低下しているような気がするよ。

 

だからね、もっと定期的に体力作りをした方が良いと思う。でもね、男って結構プライドが高かったりもするから、「運動した方が良いよ」なんて言っても、聞いてくれないんですけどね……。

みんな、「俺はまだ全然イケる」と思っているものですから。きっとこれ、おじいちゃんくらいになっても変わらないんじゃないかね。

関連記事:ランニングの夏、結構つらいけど走り続ける。

 

楽しいことを続けるために走り続けたい

 

健康のためには痩せた方が良いですよ」とか「健康のためには運動をした方が良いですよ」と言われたところで、何かこう、ピンと来ないよなあ、と思うんですよね。

体調がめちゃくちゃ悪くなったら、人間って考えると思うんですよ。でも、普通に生活できている時には何も考えない。

 

体力が半分くらいになっても、日常生活で困らなければ、何もしないのが人間なんですよ。

だからね、むしろ「楽しいことを続けるために運動をする」という方向にシフトした方が良いんじゃないかな、と。

アラサーの体力低下って結構激しいわけですよ。笑

 

自分で運動をしないと、これから先、40歳とかになった時には疲れているかもしれない。今はパソコン仕事が多くて、昔よりも運動をしない人が増えたと思うしね。

だからね、私は楽しいことを続けるために、今日もランニングしますね。私は100歳になっても、旅をしていたいな、と思っています。笑

仕事としての旅も含めてね。好きなことだからこそ、やっていたいのよ。

まあ、それが叶うかどうかはわからないけど、それくらい元気なおじいちゃんでいたいな、と。それくらいこの世界で大好きで、この世界には面白いことがたくさんあると思うからさ。

 

みんなもね、アラサーの人が多いと思うけど、体力低下しているのであれば、楽しいことを続けるために頑張ってみてください。

 

ではでは、まりもでした。

関連記事:「怖い」を感じる方で生きる。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。