仕事の悩み

職場のハラスメントって今後は男性被害者も増えてくるんじゃないかな。

職場のハラスメントと言えば、基本的には「女性が被害者」というイメージが強いじゃないですか。

でも、これからの時代、ちょっと変わってくるんじゃないかな、と思うんですよね。セクハラを中心としたハラスメントって女性が被害者だったけど、

実は男性も「5割」の人がセクハラを経験したことがある、とのアンケートもある。だからね、これからの時代はちょっと今までとは違う感じになっていくんじゃないかな、と。

 

女性だけがハラスメントを訴える時代じゃないよなあ。

 

実は男性が我慢していることも多い

男性だから重いものを持つ

これもね、男性からしたら関係がないことなんですよ。「男性なんだから重たい荷物を持ってよね?」と思う人が女性の中にも一定数いると思う。

でも、男性からすれば、「同じ雇用条件なのになぜ男であるという理由だけで重たい荷物を持たされるのだろうか?」と思ってしまう。

 

女性は「当然、男が持つべきでしょ!女子は重たい荷物を持つほどの筋肉もないし」みたいに思うかもしれないけれど、男性にも細い人はいるし、筋肉があるからといって重たい荷物を持ちたいわけではない。

 

正直に言えば「」ですよ。でも、それでも優しさでどうにかやってあげていた部分があると思うんですよね。違いますか?

男性が持つべき労働上の理由」なんてないもん。

 

男性だけが求められる宴会芸

これもね、何か気持ち悪いな、と思ったんですよ。サラリーマンをやっていた時、基本的には男性社員ばかりが「何か一発芸をやれ」とかね、そういうことを求められるわけ。

それでまあ、男性は男性で別に良いっちゃ良いですよ。面白くなるならそれで良い。ただ、そんな時、同期の女性陣たちは見世物を見る「上司側」になっているのが「どうなの?」と思ってしまう。

女性社員にやらせるのはかわいそう」とか「それはパワハラだから」ということなのだろうけど、男性社員だって好きでやっているわけではないから、パワハラとかセクハラとか、そういうハラスメントに入るよな、と思うんですよね。

 

○○くんって男なのに

これね、女性は結構言っているんですよ。「○○くんって男なのに……?」みたいな。下ネタを含めたことを女性社員が男性社員に対して言うことはある。

 

男性としては別に何とも思わない場合も多いよ。まあ「あいつ本当にムカつく」的な話は聞くので怒っている人はいるだろうけど……。

職場の女性に言ったらすぐに「ハラスメントだ」と言われることでも、女性から男性に言うことに対しては意外と何も批判がなかったりするのよね。

 

でも、これからの時代は違うんじゃないの?という。

関連記事:会社でのセクハラはなくならないんだろうな、と思った話

男性が我慢してきた部分だってたくさんある

 

例えば、最初に言った「重たい荷物は男性が持つ」だってそうですよね。男性からすると、「女の子の方が力がないわけだし、男の俺が持ってあげた方が楽だから……」という優しさで成り立っていたわけです。

好きでやっているわけではないし、好んでやっているわけじゃない。親切心ですよね。

女性が男性に対して放つ下ネタとかもですよ。トイレの話とか、性の話とか、そういうものは全て普通に考えてセクハラ。

 

○○くんって男なのに男らしくないよね」みたいな発言だって、男性がもしも女性に「○○ちゃんって女なのに全然女の色気ないね」って言ったらセクハラでしょう?

 

男は陰で怒ってはいるけど、そういうのを全部我慢してきたと思うんですよ。女性側も我慢してくれていたと思っているからこそ、「じゃあ俺も我慢しようか」となってきたわけ。

男性側だって、一応我慢してきた部分が大きいと思うのですよ。

でも、最近は「男性が悪い!男性はセクハラをして悪い!」みたいな感じになってきて、やたらとハラスメントにうるさくなってしまった。

だからこそ、これからは「そっちが言うならこっちも……」という感じになってくるんじゃないかな、と思う。

 

男性は「セクハラはいけないぞ」とめちゃくちゃ言われてきているから、凄く警戒しているわけですよ。

大企業のおじさんなんて、もうめちゃくちゃ神経使って、「セクハラにならないように……」と考えているはずです。疲れるくらいにね。

それに比べると、「逆セクハラ」に関してはあまり考えさせられる機会がないものだから、これからの時代は逆に批判が増えてくるんじゃないかな、と思う。

 

そういう男性側からの批判の声もそろそろ増えるんじゃないですかね。職場でのハラスメントの被害者は女性だけじゃなく、男性でもあるという。

関連記事:セクハラってどこから?そう思ったらもう黒です。

 

激しく主張する世界が正しいとは思わない

 

別にね、「セクハラは良くないよ」とは私も思うし、「パワハラは危険だ」と思う。そういうことをする人が私は嫌いです。嫌いですよ?

でも、その上で、私は「セクハラだ!パワハラだ!と激しく主張する世界って平和なの?」と思ってしまう。

 

被害者はたくさんいるだろうし、これまでもそれで悲しい思いをしてきた人はいるから、罰する必要はあると思うよ。

 

ただ、最近の流れ的にちょっと厳しくなりすぎているんじゃないかな、とも思ってしまいます。男性側も女性側も、「まあこれくらいは……。」と我慢してきた「遊びの部分」が今では全く許されなくなってしまった。

 

それは良いことでもあるけれど、同時に生き辛さも生み出しているような気がする。本格的なセクハラとかパワハラ以外の部分で消耗しているような気がするのです。

まあ私は男性だから、女性の意見はわからないけどね。

 

少なくとも、私は何かこう、お互いに何となく担ってきた、我慢してきたものがなくなってしまって何となく息苦しいような感じがするよ。

前はさ、もっとお互いに「まあ仕方ないか」と思って受け入れていたものがあるんじゃないかな、と思った。

あ〜、でもスモハラだけは嫌だな〜。笑

ではでは、まりもでした。

関連記事:上司のスモハラと徹底的に戦うべし

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。