人生に悩む君へ

プライドを捨てろ!話はそれからだ。

プライドを捨てろ、とよく思う。これは男女に関係なく思うことです。人類はね、たぶん赤ちゃんの時からプライドが高いわけですよ。

もうね、そう思っちゃうくらいみんなプライドが高くて、エベレストみたいな人が多いのよ。

人よりも稼いでいると思われたい」とか「綺麗な人だと思われたい」とか「格好良いことをしていると思われたい」とかね。

まあ、それがプラスの働いているなら良いと思うよ。でも、もしもそれがマイナスに働いているなら、早く、そのプライドは捨ててこい。

99%のプライド持ちの人は重大な疾患を抱えていると思った方が良い。それくらいプライドって厄介なものなんだよ。

 

他人の前で恥ずかしい思いをしたくない私たち

 

私も思っていました。「他人の前で恥をかきたくない」とね。まあ学生の時ですけど、学生の時ってさ、やっぱり色々考えちゃうじゃないですか。

他人からの目線というか。高校生とかはね、大人からすれば何でもないただの学生なのに、その割には当時の私、プライドが高かったなと思います。

 

中学生とか高校生の時とかって、周りの人も多感な時期だったりするから、「ちょっと変なことしたらやばいことになるかもしれない」とか思っちゃうんですよね。私が通っていた学校は都内の男子校で結構ひどいことをする人もいたのでね。笑

だから、やっぱりどこかで「恥ずかしい思いをしたくない」とか「弱い人に見られたらどうしよう」みたいな目に見えない恐怖心があったように思う。

 

まあ、それは私だけじゃなくて、他の人もそうだったのかもしれないけどね。私も例に漏れず、やっぱりプライドが高くて、怖がっていた人間だったと思います。

 

他人の前でさ、恥ずかしい思いをしたくない、と思ってしまうよね。それは普通のことなのかもしれない。でもさ、そう思うことによって、弱くなるんですよ。

「隠さなきゃ」と思えば思うほど、自分の心の負担がかかってくる。人間は隠しているものの数だけ弱くなると思っているからさ。

 

他人の前で恥をかきたくない、なんて思ってしまった時にはもう終わりだよね。何もかもが怖くなってしまう。ちょっと他人と違う行動を取ることも、本当に何もかもが恐怖の対象になってしまう。

 

だから、だからね?私は、「プライドを捨てろ」と言っているのです。プライドがあっても、何も良いことはないから。生きていく上で必要のないプライドの方が多いから。

関連記事:悩みがないから幸せなわけでもないのが人生なんだよな

 

「裸になる力」がどれだけあるのか?

 

他人の前でどれだけ裸になる力があるのか?というのがね、結構重要な気がしています。人前で裸になれる人間は強いです。それはまあ、物理的な意味じゃなくて、精神的な意味でね。

 

精神的に裸になることができる人にとっては何も怖いものがないから、楽なんですよ。プライドが高い人は他人の前で裸になることができない。

他人に何も見えないものだから、家に帰ってきたからドッと疲れる。「ああ、これでやっと自分らしくなれる」とベッドやソファの上で思うわけです。

 

まあそういう人がいるのもわかるよ。自分もそうだったから。学生の時には、家に帰ってきてから、ひたすらピザポテトというポテトチップスとコカコーラを飲んで自分だけの時間を作っていたもん。

 

でもね、それでは結局どこに行っても疲れてしまうと思うんですよ。だったら、最初から裸になってしまえば良い。もっともっと自由に生きちゃえば良いじゃん、と思うのです。

例えばね、私は性格が良くないと思うんですよ。他人の悪いところとかね、全然見つけちゃうし、何なら指摘しちゃうこともある。

他にもね、悪口を言うし遅刻はするし、もう最悪ですよ。笑

でも、そういうところ全てを知ってくれている人がいて、それを受け入れてくれる人がいるからこそ、私はなんかこう、幸せに生きていられるというか。笑

もう見せてないものないし!」的な感覚でいられるような気がします。

 

プライドを捨てろ、と私が言うのはね、プライドを捨てないとあなたが疲れるからです。プライドを持ったまま、「こう思われたい」みたいな理想像があると、結局疲れちゃう。

だからね、もっとそんな変なプライドを捨てて、ヘンテコな姿で生きてみて欲しい。

関連記事:「愉快に生きる」が勝ち

 

君のプライドに他人は興味がない

 

たまにヒステリックな感じで「私はこういう人間なの!!」と主張する人がいる。そう。これがプライドだと思う。

でもね、そんな君のプライドに他人は興味がないわけですよ。だいたいさ、自分が「こう思われるような人間になりたい」みたいな理想像って他人からしたらめちゃくちゃどうでも良い吐瀉物のようなものです。

 

他人からしたら全く理解できないのだけど、本人だけはプライドを持ってしまっている。そのせいで他人と言い争いになったり、自分が疲れてしまったりする。

だからね、もうそんなものは捨ててしまえば良いのです。なぜかメンタルがよろしくない人に限って、プライドが高かったんですよ。

 

プライドが高くて、「こう思われたら嫌だ」みたいなのが強ければ強いほど、怒りを抱えてしまったり、悲しみを抱えてしまったりする。

 

スライムみたいに、「まあどう思われても良いや」くらいに思えれば、楽に生きられるのにね。まずはプライドを捨てろ、ということです。

本当に。笑

誰も君のプライドになんて興味がないから。君が知られたくないことや、君が怖がっているもの、それら全ては他人にとってはマジでどうでも良いことだからね。

 

そこを理解できれば、だいぶ生きるのが楽になるし、面白く生きていけるんじゃないかな。他人からの視点を持ち過ぎているから、疲れちゃうのよ。

もっと気楽にハッピーにね。笑

そんな真面目に考える必要はないのよ。

関連記事:批判される人間になりたいわけじゃないけど、どうせ生きるなら一生懸命生きたいじゃん

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。