転職

自己分析の方法?そんな事しなくてもいい。

就職活動となると、最初に始めるのが自己分析ですよね?

就活って私もしたんですよね。もうね、周りが馬鹿みたいに頑張っていて、必死になっていました。この前まで馬鹿みたいにお酒飲んでいたのに、今度は馬鹿みたいに真面目になってしまった。笑

自己分析って何だし……という感じですよ。

自分はどんな人間なのか?自分の長所はなんなのか?短所はなんなのか?

 

そんな事を分析するわけなんですね。自分のことを知らないのに、22年間、どうやって生きてきたのだろうか?笑

そして、そこから本当に自分に向いている職業を考えて、選択するわけです。

でも、これって本当に正しいのかな?って思っているんです。

 

自己分析なんていう方法を使う必要なんてどこにもないんですよ、本当は。

 

やりたい事を無理矢理作るな

 

自己分析をして自分とはどういう人間なのか?という事を分析して企業を選ぶって方法はもしかしたら楽な方法なのかもしれません。

 

でも、そういった方法で決めたものなんて本当は何の役にたたないと思っているんです。

多くの人は就職活動の時期がきたら、なんとなく就活を始めますよね?

 

そして、自分が行きたい会社なんてわからないから、頑張って探すんです。

ただ、これって無理矢理自分の好きな事を決めているだけじゃないですか。

 

やりたい事がないなんてことはきっとないんです。

なれないと思っているだけで本当はたくさんやりたい事って存在していると思うんですよね!

でも「周りは普通の会社に就職しているから」と思って自分の道を歩む事が出来ないでいるんです!

そうやって選んだ会社に入って満足しますか?きっとしないと思います。

 

自分のやりたい事と100%一致している企業なんてどこにもありませんからね。

自分を騙して、就活をしているだけなんですよ!

ちなみに私は自己分析なんてものは一度もしませんでした。

 

それが無駄なものだとわかっていたからです。

だったら本でも読んでいた方がずっと楽しいと思うし、有益だと思うんですよね。

 

皆さんも就活が終わったくらいに「なんで自己分析なんて古典的な方法とっていたんだろう?」って

思うと思いますよ。

それくらいには必要のないことなんです。

 

大学職員が「自己分析したほうがいい!」っていったからやったんですか?

そんな人の意見なんて聞く必要がありません。

だって、大学職員なんて志があってなるものではありませんからね。給料が良くて、激務ではないからやっているという人がほとんどですよ。

別に大学職員が悪いなんてことを言っているわけではない。相手の言うことを聞いても、何の意味もないということです。

そういう人達の教える方法なんて使っても、自分が本当に進むべき道なんてものはわからないものですよ!

関連記事:転職において自己分析は大切なのか?

 

 

既存の企業への就職だけが正解ではない

 

既存の企業だけが皆さんの就職先だと思っていませんか?

でも、これって実は間違っているんです。別に自分で起業してもいいし、個人事業主になってもいい。

メディア運営をしてもいいし、代理店をやってもいい!

選択肢って本当にたくさんあると思うんですよ。

お金がないなら別にクラウドファンディングで集めればいいし、エンジェル投資家にプレゼンしてもいいじゃないですか?

そういう友人周りに結構いますよ。まあ私の環境は特殊なのもあるけど、今の時代は本当に多いのよ。クラファンで500万円程度集めることだってできる。

やりたいことがあれば、何でもできる時代になっているわけです。

 

自分の会社を作るなんて絶対に無理だと思っている人ってたくさんいるんです。

でも、そんなことはありません!独立する事を決めたのであれば、案外覚悟が決まって出来るものですよ。

 

最近有名になってきているウェブサービスの社長さんも「兼業なんかしてないで、覚悟持って起業しろ!」っていっていました。笑

 

意外と出来るものです。

 

既存の企業って誰かが作ったものなんです。だから、自分の100%マッチするなんて事はないんです。

自分で会社を作る事が一番早いと思うんです。

 

自己分析なんていう他人任せな方法で自分を決めるなんて絶対に間違っていると思うんです。

関連記事:なぜ大手企業の年収は高いのか?

 

 

いつ死んでも良いと思える仕事をしよう

 

人は必ず死んでしまいます。

どんな美人でもカリスマでも必ず死んでしまうものなんですよ。私だって死ぬし、あなただっていつかは死んでしまう。

だからこそ、私たちは自分のやりたい事をやるべきだって思うんです。

 

自己分析なんてしなくても自分が本当にやりたい事ってのがあるものですよ。

幼い頃に思い描いた夢でもいいし、かっこいいと思った人の真似でもいい。

なんでもいいんです。

 

そういう夢を追って見るのってとても楽しい事なんですよ。私の周りでも自己分析をして良い会社に入ったという人もいるんです。良い会社に入ったというのは、「大手企業」ということですね。はい。

ただ、そういった方法をとった人の中にはもう既に辞めたいと言っている人もいました!

そして実際に辞めてしまっている人も結構たくさんいましたよ。

 

自分にとって本当に大切な事とはなんだろう?

そんな事を真剣に考えてみてください!そうすれば変わるものだってあるんですよ。

 

最後にジョブズが死ぬ直前に遺した言葉を書いておきますね。

 

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
    
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。
「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。だけれど、
あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
    
人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
    
「健康な生活を送る本」
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために
あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。
スティーブ・ジョブス
いま一度自分の人生を考えましょう。本当に大事なものはなんですか?
ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。