ブログ運営を語る

「ブログを読んでいます」という言葉が来ることって基本少ないから嬉しいな。

ブログを毎日読んでいます、というメールをいただいた。ブログをやっている人にはわかると思うのだけど、何かこういう文章が嬉しかったりもするんですよね。

何とも思わない人もいると思うのだけど、私の場合は割と嬉しいです。笑

ブログなんてさ、別に読まなくても良いわけであって、私のブログなんて読まなくても生きていける人はたくさんいるわけで。笑

 

でも、それでも何となく読んでくれている人がいるのは嬉しいな、と思ったんですよね。

 

読んでくれている人は数字でしかわからない

 

ブログの世界には「GoogleAnalytics」という分析ツールがあってですね、リアルタイムで何人がブログをみているのか?とか、どんな地域の人がみてくれているのか?ということがわかるようになっているわけですよ。

どんな記事が読まれていて、直帰率(記事を読んで帰ってしまった人の割合)なんかもも普通にわかるわけです。

 

でも、それは私にとって数字であって、「」ではなかったりもする。人の部分は正直ずっと見えないままなんですよ。

1番多い時には、ブログの訪問者が1日に1万人くらいはいたんですよね。1万人って凄くないですか?笑

まあもう今はそんなにいないんですけどね。笑

1万人も読んでくれる人がいると、Googleツールの数字的には物凄いことになる。リアルタイムで100人とか読んでくれていることもあります。

 

ただ、「ブログを読んでいます」という言葉をもらうことって実は少ないんですよ。どれだけリアルタイムで読んでいる人がいたとしても、コメントをしてくれる人なんてほとんどいない。

それはブログだけじゃなくて、YouTubeでも同じことが言えますね。YouTubeでも、ブログでもコメントしてくれる人って少ないから、結構嬉しいです。

数字だけじゃわからないこともあるよね。便利な時代になって、効率的にブログを運営できるようにはなった。

 

でも、ブログ本来の楽しみ方って、ブログコミュニケーションというか、そこにあるじゃないですか。昔っぽいブログをやっていきたいんですよね。笑

まりものとこのブログはいつまで経っても古いな〜」と馬鹿にされていたいというわけです。

関連記事:ブログの時代は終わった、と誰もが言い始めた今。

 

1人で生きているような感覚とこの時代の孤独

 

1人で生きていけるような時代になったじゃないですか。隣の家から塩とか砂糖をおすそわけしてもらわなくて良いし、タワーマンションなんか住んだら隣の人の顔すら1年、2年見ないことだってあるわけですよ。笑

 

私も実際にタワーマンションに住んだことがあるのですが、タワーマンションって本当に静か過ぎて怖いくらいでした。静かで隣の人の声も聞こえない。

まあ人間関係という人間関係が希薄で、それは便利なことでもあるのだけど、その分孤独を感じるようにもなったような気がする。

 

仕事だって、パソコンがあればどこでもできる。テレワークが推進され始めている昨今、 別に1人で家の中、パソコンで仕事をしていれば文句も言われない。

便利な世の中になって、私たちは幸せになった。いや、幸せになったように見えたんだよ。

 

でも、1人で生きていけるような幸せと同時に、1人で生きていかなければならない孤独を背負ってしまったような気がする。本当は1人で生きたくないのに。

気付かずに暗くなっているこの世界のように、静かに、音を立てず孤独になっていったような気がする。だからね、そんな世界の中で少しでも、こう、集まれる場所というか、

戻ってくる場所があれば良いなあ、と思ってこのブログを運営しています。お金のためだけだったら、このブログ全然今は稼げていないから意味ないよ。笑

そもそも広告あんまりつけてないし、今はもう5%くらいになっているんじゃないかな、広告の比率。笑

でも、そうじゃなくて、私はやりたくやっているというかさ。ブログを読んでいます、という人がいるならば、それはこのブログが「帰ってくる場所」になっているということかもしれない。

 

だからね、私はそういうブログをこれからも続けていきたいな、と思うよ。ブログを読んでいます、という言葉があるとね、やっぱり「やっていて良かったな」と思うし、どこかで懐かしい場所になっていたら嬉しいな、と思います。

関連記事:ブログを始めるのは今からでは遅いのか?をブログ歴の長い私が教えるよ

 

コメントお待ちしております!笑

 

はい。もうね、コメント待っています。最近だとツイッターとかは混沌としてきているからそこまで見ないのだけど、YouTubeの方は結構見ています。

コメントしてくれたら、基本的には返信しています!

ブログを始める人とかがね、最近は増えているじゃないですか。そういう人ならわかると思うんですけど、ブログとかYouTubeに対する反応って本当に様々なんですよね。

 

え?そんなこと思うの?」というようなコメントが来る時もありますから。もちろん中には誹謗中傷みたいなものもあるんですけどね。笑

きもい」みたいな言葉はまあ送られてきますよ。まあ、テラスハウスの木村花さん事件からは少し減ってきたような感じはするんですけどね。

訴訟されるんだ」とみんなが気がついたのでしょう。

 

ええ。まあそんなことはどうでも良いです。私が無視しますから。

そうじゃなくて、やっぱりね、コメントくれると嬉しいです。コメントが少しでもあるとやっぱり「もっと面白い記事書くぞ!」と思ったりするものなんですよね。

あ、そうそう、昨日と一昨日、金曜日、土曜日にも「ぼくのとらべる。」で動画を出したんですけどね、そっちでもコメントとかね、あったらしてください〜!笑

はい。まあ何かこう、まとまりのない文章になってしまったけど、やっぱりブログが好きってことです。発信するのが好きってことです。

ああ。生きていて良かったな〜。みなさんも、午前7時。出勤前かと思いますが、今日も1日素敵な1日をお過ごしください。

関連記事:ブログ業界はコロナでどうなる?

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。