投資家のお金論

最近の個人的な投資状況をコロナと共に振り返るね。

さて、コロナが流行してから半年くらいはもう経過したのかな。まあ、緊急事態宣言から考えると、だいたい4ヶ月という感じですよね。まあ長い期間でした。笑

でね、私はまあ投資もしているわけですけど、コロナで投資はどうなったのか?とかさ、そこらへんも気になりませんか?

ちょっと気になりますよね。他人の懐事情を聞くようなこともないだろうから。特にこの時期ですから、だいたいの投資家はここで損をするわけです。

これまで「俺は天才だ!」と言っていた投資家たちが消えていく。ただ相場が良かっただけで資産が増えていった投資家たちがね。笑

 

ええ。まあちょっと私の思うことと一緒に書いていこうかな。

過熱する日経平均を前に守りに入っていました

 

コロナの前の話からして行こうかな、と思います。やはりコロナ後だけを語っても何も意味もないと思いますから。

コロナ前に関しては、そもそも私は「これはそろそろ危ないな」と思っていたのでAGGやBND等の債券ETFに資金を逃がしていました。

利回り的には3%程度でしたが、それ以上に暴落が心配でした。去年の3月くらいから既に資産の整理を始めていました。まずは木造のアパート売却。

そこから徐々に資金を債券へという流れです。コロナで忘れているかもしれませんが、世界的な銀行「ドイツ銀行」は倒産寸前でした。

ドイツ銀行が破綻すれば、世界経済は停滞する。そう思い、私は債券ポジションを増やしていたのです。

2019年12月まで日経平均は上がり続けました。24000円を超えた。

この時点で「こりゃ相当やばいな」と感じていたのです。もちろん、日経平均の数字だけを見て言っているのではありません。

日銀が買い支えていたので、日経平均が上がっていくのは当然のこと。本来、企業の本来価値と株価は一致するべきではある。

ただ、そうじゃないことの方が多い。ええ。最近は日銀が間接的に日本という市場を支配していますからね。笑

 

まあそんなことはどうでも良い。

私は日経平均が加熱してきていたので売っていたのです。ここ1年、2年くらいで20%〜30%くらい値上がりしていた銘柄もあったので、それをまず売却しましたね。

国内株にも投資をしていたのだけど、国内の株式はだいぶ減らして、まあポートフォリオ的には債券が70%程度くらいの水準になっていました。

相当大きく守っていましたね。笑

でも、それくらい危機感があったのよ。景気がずっと良いなんてことはありませんから。

関連記事:駅前1等地の築古投資用区分マンションを買ってみたから諸々を話すね。

 

融資の蛇口がしまってきていた

 

私たちの業界ではよく「蛇口が閉まる」という言葉が使われる。

これはどういうことか?というと、「融資がおりなくなってきた」ということです。私のポートフォリオは全体で考えると、不動産が大きい。

証券口座だけで考えると債券が多いのだけど、ポートフォリオ全体で考えるとまだまだ半分以上は不動産に投資しています。

だから、私の専門は基本的には「不動産」なんですけど、その不動産業界ではね、「もう蛇口が……」みたいな話がね、2年くらい前からありました。

 

2年前までは普通に融資してくれましたし、結構危ない案件でも通ったと思います。でも、投資家たちの間では「ここ数年で増やさないともう借りられないぞ」という雰囲気になっていたんですよね。

その時からもう、「ああ、これは暴落がやってくるな」と思っていました。まあね、だいたい本業の投資家以外、サラリーマン投資家みたいな人が増えてきたり、

友達が「俺も不動産投資をしたいんだけど」なんてことを言ってくるようになったら、既に危険な状態です。笑

 

その時に売るのが1番良いのですよ。

コロナの前からとりあえず、AGGとBNDをひたすら買い足していたような感じです。いざ暴落する時には、一時的に下がってしまったのだけど、今は+10%程度です。

金価格と同じように、債券の価格も上がっています。みんな怖いから守りに入っているんでしょうね。

コロナも第二波が来るとか言っていますから。そう考えると、投資家たちが怖がるのも無理はないですよね。

関連記事:不動産投資で生活するなんてできるの?という疑問に現役投資家が答える。

 

コロナ後の私の投資状況

 

では、まあ本題になりますね。コロナ後にはどうしたのか?ということですが、私は今の債券はね、実は売っていません。債券を売ろうかと思ったのだけど、結局辞めました。

 

まあ、そしたら結果的にもっと値上がりして良い結果になったんですけどね。代わりに、大暴落していた4月の初旬くらいはずっと買っていました。

国内株だと、住友商事を買いましたね。で、後はほとんど「VTI」を買っていました。これは米国全体の株式に投資するためのETFになります。

 

これを買えば、Appleでもアマゾンでも何でも1度に購入することができるので便利で良いです。こちらが、だいたい25%くらいの上昇になっています。

コロナ後に関しては、債券は買い足していません。ひたすらVTIや、SPYみたいな米国系の株式を買っています。

 

後は優先株式をバフェットに倣って買っておこう、と思い、「PFF」という優先株式のETFも購入しました。はい。まあ、つまりは株式をひたすら買っていたということですね。

 

投資ってさ、みんなが怖がっている時、暴落している時に買うのが1番良いのです。

という感じでね、コロナ後の私の投資状況でした。もちろん、【定期運用報告】ウェルスナビの資産がコロナで吹き飛んだでも報告した通り、こちらも持っています。

6月に公開した時には暴落していましたが、今は、

 

という感じで、割と上がっています。これくらい上がってくれていれば個人的には満足です。コロナね、みんな元気ですか?

コロナとか超疲れるよね。面倒だよね。もうマスクとかしてられなくないですか?笑

この暑い時にね。熱中症に気をつけてくだされ。私は今日も元気にやっとります。

関連記事:大家の会について現役投資家が思うこと。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。