ブログ運営を語る

ブログ業界はコロナでどうなる?

そうそう。コロナについては何度か書いてきたんだけど、コロナとブログ業界については書いてなかったな、と思ったんですよ。

今はもう7月になってしまった。はい。そんな今日この頃ですけど、ブログ業界のみなさんは息をしていますか?

それとも窒息寸前でしょうか。はい。まあ、ブログ業界だって、コロナの影響を受けるわけですよ。

ブログで稼ぐのが当たり前の時代になってきたと思うけど、今はちょっと難しい時代ですよね。

物書きの「ブログの世界」と、コロナについてちょっと書いてみるね。

 

ブログの収入はコロナでどう変わる?

ブログ自体の収入は落ちます

ブログからの収入は当然のことながら落ちますよね。Googleのコアアップデートとかもあったけど、それとは関係なしにやっぱりコロナの影響は大きいと思います。

ブログの収益化手段って基本的には、

この2つだと思うんですよね、主に。

で、このどちらも「広告主が出すお金」によって成り立っています。「AdSense」の場合だったら、広告主が「クリック」に応じてお金を払う。アフィリエイトの場合は「成果」に応じてお金を払う。

このお金の多寡は企業サイドが決めることです。では、コロナの状況下でどうなるのか?

当然、広告主側である企業は厳しい状況にあるので、広告費を削減しますよね。リーマンショックの時も同じでした。リクルートを始めとした多くの会社は広告費を削減したわけです。

ブログ業界は広告費で成り立っていますから、企業側の体力がなくなってしまったら、広告単価は下がってしまうんですよね。

俺は俺の力だけでブログを稼ぎ口にしているんだ!」みたいなことを言っている人たちが結構いるんですけど、広告主がいなかったら何もできないわけですよ。笑

コロナで広告主が広告を出さなくなったら終わりですよ……。

広告モデルで稼いでいる人が9割だと思うので、ブロガーは社会情勢に左右されちゃうんですよ。笑

A8.netとは何か?ブロガーが解説してみる。あたりでブログで稼いでいる仕組みあたりを説明しているのでそっちも参考にしてみてください。

 

どのジャンルを扱うのか?により明暗が分かれる

どのジャンルを扱っているのか、というところでブログの明暗は分かれてくるのかな、と思っています。

例えば、ここから2年程度は「旅行系ジャンルのブログ」は厳しいでしょうね。旅行をする人は当然、コロナ前に比べたら減ってしまうと思うので、当然、企業側は広告費を削ってきます。

しかし、例えば、「Netflix」のような「自宅で楽しめるジャンル」に関しては、変動しないか、むしろ広告費を増やしてくると思われます。

コロナによってブログ業界全体が落ちた側面ももちろんありますが、というよりは、どちらかと言うと、「このジャンルを扱っているブログはやばいよね」という流れになってきたような気がしますね。

私の場合は雑記のブログなので、関係ないのですが、旅行だけを扱っているようなサイトだと、結構これからは厳しいんじゃないかな、と思います。

例えば、某大手旅行サイトがアフィリエイト自体から撤退するなんていうこともありましたから。ジャンルによって変わってくるのですよ。

良いジャンルに取り組んでいる人にとっては、むしろ今回のコロナが追い風になる可能性だってあります。

 

コロナの影響を受けるジャンルと受けないジャンル。これによって変わるので、「自分はどういうジャンルに取り組んでいるのだろうか?」と1度考えてみて欲しいですね。

関連記事:誰かの重い荷物が少しでも軽くなれば、私がブログを続ける意味もあるのかなと思うんだ。

ブログアクセス数的にはどうなっていく?

ジャンルによっては落ちていく

私の場合なんですけど、旅行系の記事についてはめちゃくちゃ落ちましたね。旅行系の記事に関しては、物凄い落ち方です。

だって、自粛期間の真っ只中なんかは、誰も旅行のことについて考えないわけですよ。だから下がりますよね。で、これからも前よりは下がった状態のままになってしまうと思う。笑

後はどうだろうね。ジャンル的にはそうだな。脱毛系とかも落ちる可能性はあるのかな、と思う。脱毛系の場合もやっぱり病院に行く必要があるからね。

脱毛に行くのを我慢しよう、みたいな人もいると思うので。

後は、今は誰もが「これからの景気は大丈夫なのかな」と不安な気持ちを持っていると思うので、無駄遣い系に関しては厳しいのかもしれませんね。

 

外食産業とかもさ、無駄遣いと言えば無駄遣いじゃないですか。だから、飲食系のブログをやっている人なんかは今後も厳しいかな、と思う。

全体のアクセス数は変わらないと思う

全体的なアクセス数に関してはコロナがあったからといって変わるわけではないと思います。検索離れ、みたいなことが世間的には言われていますけど、基本的にはまだまだ検索をする人は多いのです。

これもジャンルによりますけどね。私の場合は、雑記なのでコロナによる影響はそこまで感じていません。

むしろ緊急事態宣言解除後に関しては上昇気味です。たしかに、緊急事態宣言直後に関しては落ちたのだけど、その後は大きな影響がありませんでした。

細かいGoogleアップデートはありましたが、まあそこまで気にするレベルでもありませんでしたしね。

コアアップデートでもないし。

アクセス数的にはそこまで変わっていない、なんて人も多いんじゃないかね。アクセスは変わらずあるけど、全然コンバージョンはしない、みたいな。笑

コロナの影響がなくはないと思うけど、検索する人たちはやっぱりいるからね。

関連記事:ブログが伸び悩む人たちへ、私が言えること。

 

コロナでブログは死なないよ

 

まあね、コロナがあって、広告主側としては「今は前みたいな広告費を払うことができないよ」という感じだと思います。

やっぱり企業側としては、広告費を無限に払うことなんてできませんからね。

 

ブログというものには広告主がいて、その企業のおかげでお金が入ってきているわけですよね。何というか、そこを理解していない人が多くて。

だからね、やっぱりブロガー自体に入ってくるお金は減ってしまうよね。コロナによって収入は減ってしまうのかもしれない。私も去年に比べたら全然減っていますからね。

あれれ〜???」という感じです。笑

コナン君助けて。笑

まあでもそんなことではブログは死なないのよね。ブログでお金は発生するかもしれないけど、お金がなくなったからブログをやめるわけじゃないのよね。

どうなっても、ブログを更新し続けることはできるわけですよ。

うん。まあ要するに何が言いたいのか?というと、みんなも続けようよ、ということです。「儲からないしもうやめちゃおっかな」なんて思っている人もいるよね。

 

でもさ、読んでくれている人たちがいて、たまにコメントしてくれる人たちがいて。それが楽しいじゃないですか。

だからね、更新頻度が少なくても良いから、自分なりに何かブログでの「発信」を続けて欲しい。ブログ楽しいもん。笑

 

ではでは、まりもでした。

関連記事:私がブログを続ける理由をたまには書いてみようかな。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。