起業と経営

オフィス移転を2年に1度くらいしても良い!メリットとか経験談を話すよ

オフィス移転のメリット、みたいなことを書いてみようかな、と思ったんですよね。なかなかいなくないですか、書ける人。笑

オフィスを移転させるもさせないも経営者のさじ加減というか、何でも良いんですよね。だから、ずっと同じ場所でやっている会社もあるだろうし、

自社ビルなんかを持っているところだったら、まあずっとそこにいますよね。

でも、私はね、オフィス移転って2年に1度くらいしてみても良いのかな、と思ったわけですよ。

オフィスを移転するメリット

社員の気分転換になる

同じオフィスにずっといることによって、だんだんと気持ち的に停滞していってしまうんですよね。社員の気分転換的にはオフィス移転をするメリットもあると思うんですよ。

例えば、京橋にオフィスがあったとするじゃないですか。最初は楽しいですよね。ランチをするところなんてたくさんあるし、面白い街並みじゃないですか。

でも、そんな京橋にもだんだん飽きてくるんですよね。「あれ?京橋に来て楽しかったはずなのに、何か飽きてきたな」となるのですよ。

だからね、そういうタイミングでオフィスを移転するというのも1つの手だと思う。だいたい2年くらいすれば、新しい土地にも慣れてきてしまって、つまらなくなります。

いくら楽しいところでも、人間は慣れる生物ですから。どれだけ豪華な場所でも、良い場所でも、飽きてしまう。だったら、2年くらいでね、お金はかかるけどもオフィスを移転してみるのも悪いことじゃないと思うよ。

固定費を下げられる可能性がある

固定費であるオフィスの家賃は低いにこしたことはないんですよ。低ければ低いほど良いという感じです。

オフィスの家賃というものは上がっていく可能性もあれば下がっていく可能性もあります。時と場合、状況によってはお得な価格でオフィスを借りられる場合もあります。

ちなみに今回、私のオフィスも移転することになりましたが、固定費自体は下がったんですよ。オフィス移転のメリットは金額的な部分でもあるわけです。

例えば、コロナの時期に新しい物件を探してみると、「あれ?安い!」みたいな物件がちらほらあったんですね。

それはなぜか?というと、コロナによってオフィスを移転することができなくなり、キャンセルがでた物件が増えたり、コロナによってそもそも内見を控える企業が出てきたからなんですよね。

家賃だけで生活しているオーナーもいるので、「このままじゃ生活できない……」となり、家賃を下げてでも入居してもらいたいので家賃を下げる。

この流れで家賃を安くすることができる場合もあるのですよ。

また社員の交通費に関しても同様。社員の交通費は意外にも大きな負担です。その負担が最寄りの駅が変わることにより変動しますからね。

オフィスを移転するメリットの1つかな、と思う。

関連記事:経営者と従業員のギャップなんて一生埋まらないんじゃないかな

 

オフィスを移転するデメリットも少しだけ

オフィス移転費用がかかる

オフィスを移転するためには余計なお金がかかってしまうものなんですよ。

オフィスを移転する時にはやっぱり敷金だったりとか、引越し費用だったりとか、新しいオフィス家具の購入とかにお金がかかるものなのです。

オフィスの規模にもよると思うけど、100万円程度は普通にかかってきたりしますからね。

もっと大きな規模のところだと、中小企業でも、300万円とか500万円とかかかったりするんじゃないかな、と思う。

企業にとっては痛い出費になりますよね。オフィスを移転することは良いことだと思うけど、オフィスを移転することによってかかってくるお金もそれなりにあります。

引越し費用なんてさ、忙しい時期とかだと40万円とか50万円とか普通にかかってくるからね。

オフィス移転をするメリットもあるけど、それだけお金がかかる場合もあるんですよ……。

 

移転時に時間的コストがかかる

オフィスを移転すること自体には大きなメリットがあるとは思っています。ただ、移転時には時間的なコストがかかることも忘れてはいけません。

例えば、時給2000円の人を雇用していたとしましょう。その人が会社を移転する時には、引越しの手伝いをしてくれるわけですが、

引越しの作業を1時間している時には、2000円払って引越し作業をしてもらっていることになります。経営者側からすると、これは大きなコストなんですよね……。

時間的なコストは雇用コストでもある。だからね、オフィス移転をする時にはできるだけ時間をかけずに引越しをしてもらう必要があるのですよ。

何日もかけて引越し作業をしていたら、それだけ大きなロスを作り出すことになります。1時間で10万円の売上を作っていた人が引越し作業をしていたら、10万円+人件費分がロスになりますから。

オフィス移転にはメリットだけじゃなく、まあデメリットもあるんですよ。

関連記事:家族経営で公私混同するのは株主が家族なら仕方がないと思う。

 

会社は色々な街を体験できる船だよね

 

いやあ、本当にね、会社って面白いな、と思ったわけですよ。個人だとさ、まあ引越しなんてほとんどいないじゃないですか。

したとしても、人生で1度くらいじゃないかしら。持家だとしたら、持っている家を売却する必要もあったりして、色々面倒じゃないですか。

でもさ、オフィスの移転だと、何度でも色々な街に行くことができて、楽しいのですよ。笑

引越してみると、「あれ?こんな街だったのか!つまらないなあ」と思うこともあるんですよ。赤坂にオフィスがあった時代も懐かしいなあ。

あの街は面白かったけど、どうだろう。湾岸エリアのオフィスに移転した時にはちょっとつまらなかったですね。

だって、意外とお店とかはないんですもん。タワーマンションとかね、住宅系はたくさんあるんですけど、飲み屋がないし、ランチをするところも少なかったりする。

うん。湾岸エリアに関してはもう良いかな、という感じが凄くありますね。

 

むしろ上野とか秋葉原みたいなところも楽しそうだな、と最近はちょっと思っています。オフィス移転にはデメリットもあるけど、基本的にはメリットが大きいと思うんですよ。

 

オフィス移転分のお金があるなら、移転してみても良いんじゃない?個人と違って、会社という名の船は何度も移動することができるのだから。

 

それを楽しんでみるのもまた良いよね。

関連記事:コロナ後の経営戦略をまりも氏が考えてみた!

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。