恋愛と私

モテたい時にモテない理由

皆さんにも1度は「異性からモテたい!」って感情を持った事があるのではないでしょうか?私もそう思っていた時期がありました。

髪型を整えて、異性に好かれよう好かれようとしていた時があったんですよ。

ゆうこす並に「モテる」を意識していたい時代があったのです。きっと誰にでもあるよね……。

 

まあ、何を隠そう私は男子校出身でしたからね。もちろん異性なんて学校にはほとんどいなかったんです。

ただ、音楽をやっていた事もあり、外部には少しは女性との関わりを持っていました。そんな時に「モテたい」って感情が働いていたんです。

バンドのライブもバレンタインチョコが欲しくて、わざわざ「バレンタインデー」にライブをしたなあ。

 

でも、そういう時ってなぜかモテないんですよね。モテたい!って思っていた時って全然異性からモテなかったんですよ。不思議なものですよね。

 

という事で今回は「モテたい時にモテない理由」を書いていきたいと思います。

モテたいと思うと自然体でいれない

 

まず、最初に理由を挙げるのであればこれですね。モテたい!って思っていると、自然体でいる事が出来なくなってしまうです。

ナチュラルさがまるでないんですよね。きっと……。自分ではわからないけど。

例えば、会話ですよね。異性から好かれたいと思っている時って皆さんならどんな事を話しますか?

これって意外と難しいんですよ。

 

「変な話をしたら嫌われるかも…」とか思ってしまうものなんですよね。

そうすると、どうなるのか?というと、当たり障りのない中身のない話をしてしまうようになるんですね。

つまらないよね、そんな会話……。

下ネタなんて絶対に言わないし、相手が気になっている事なんて言わなかったんです。相手をいじるなんて事もありませんでしたね。

 

でも、そういった当たり障りのない会話って本当につまらないんですよね。普段皆さんは友達とどんな話をしていますか?

 

きっとくだらない話ばかりでしょう。でも楽しいですよね?

実は本当はこれがいいんです。

 

モテたい!と思って、普通に会話をしてもそれって実際、つまらない会話にしかならないんです。

もちろんそういう話をしていれば嫌われる事ってありません。

 

だって、相手の感情に届く事を全く話していないんですから。

でも、反対に好かれる事だってないんですよ。自然体かどうか?ってわかるものですよね?

 

話していれば相手がどんな感情を持って接しているのかってわかってしまうものです。

 

だから、取り繕って話してきてもつまらないだけだし「この人自然体じゃなくて疲れる」となってしまうわけ。

モテたいって感情ってそもそも不純ですよね?

 

多くの人から好かれたいという事です。いや、もちろん誰しもそういう気持ちを持った事ってあるとは思います。

 

でも、モテたいって思って相手と接していてもモテないんです。だったらもうなんでも言ってしまうような人になった方がいいですね。

自然体でいる事が一番良いんですよ。

関連記事:彼氏にイライラする原因とは?

 

デート場所が無難になる

 

モテたいという感情を持つって事は「好かれたい」って感情が大きな部分を占めていると思っている人ってたくさんいます。

でも、これって実は違うんです。

好かれたいって気持ちよりも「嫌われたくない」という感情の方が大きいんです。

 

すると、どうなるのか?落としたいと思った女性とのデートの時に無難なデート場所を選んでしまうんですね。

 

女性の恋愛って上書きなんです。だから、初めてのデートでも新しい場所、行った事のない場所に行った方が良いんです。

 

無難な場所に行くと「ああ、ここ元カレときたな」という感情を相手が抱いてしまいます。それでもあなたの方に振り向く、なんて事はありませんよね。

 

確かに、デート場所って困りますよ。モテたいって思っているのであれば、失敗はしたくありませんからね。怖くなってしまう気持ちもわかる。

 

横浜中華街にいったり、お台場にいったりそういう誰もがいった事のある場所にいってしまうんです。

私なんてデートの下見に行ったことだってありますよ……。

 

だったら、自分が個人的に好きな場所に連れていきましょう。なんとなく静かめで人もあんまりいないところだったらもっと良いですよね。

 

好かれようと思って、嫌われたくないと思って選ぶデート場所なんてなんの刺激もないんです。

私もそれで全くモテなかった時代がありましたから。

モテたいと思っている時に限って本当にモテない。何この悲しい現実……。

関連記事:出会いがない社会人はどうやって結婚する?

 

モテたいと思って自分の話ばかりしてしまう

 

モテたい!と思っている時って男性は

 

いかに魅力的な男性か?

という事をアピールするんです。どんな仕事をしているとか、どんな性格なのか?

 

そういう事を相手に知ってもらおうとするんです。でも、これって実は落とし穴があるんです。

確かに、男性の魅力的な部分を聞かせてくれるのは良いと思います。でも、大事なのって相手の話を聞く事なんです。

「どれだけ自分の話を聞いてくれたのか?」という事を女性は特に重視するんですよね。

 

男性が自分の過去の話とかいまのかっこいい話とかしているの聞いても楽しくありませんよね?

 

私もそう思いますよ。相手がその場を楽しい!って感じる時の要素って実は話の内容ではなくて「自分がどれだけ気持ちよく話せたのか?」ということなんです。

 

モテたいと思って、肩肘はっても、結局男子って自分の話をたくさんしてしまうようになるだけなんですよね。

だったら、相手の話に興味を持ってモテない現状を打破しましょう。これだけでも全然違うと思いますよ。

空回りしなくなると思う。

 

そして、相手から嫌われる事を怖がらないようにしましょう。

 

でもね、まあ付き合えなかった人って結局付き合う運命になかった人だなって思う部分はあるんですけどね。

モテたい時にはたしかにモテない。ただ、そうは言っても、「この人だな」と思うような人と出会ったら、そんなことは関係なく、好きになるんですよね。

恋愛って不思議なものです。

関連記事:面倒臭い彼女のトリセツ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。