人生に悩む君へ

本当は人間って強いし、本当は弱いし。で、そのバランスの中で何とか生きてるんよ。

人間ってさ、自分が思っているよりも強かったりしますよね。まあ、世の中の多くの人はさ、根本的にはネガティブじゃないですか。

なぜか?そりゃあね、やっぱりネガティブじゃなきゃ、危険を察知することができなかったからね。進化の過程でネガティブな人が生き残ってきたわけですよ。笑

でもね、意外と生きているじゃないですか。どれだけ暗い人でも、苦しんでいる人でも、今この記事を開いてみているということは一応生きているということです。

それだけでもね、実はツヨツヨなんじゃないかと思うわけです。笑

 

本当は人間って強いよ。でも、私にだって弱い部分はあって、そのバランスの中で何とか生きているんだよ。

 

意識がある時まで生きて来れた強さよな

 

赤ちゃんの時なんてさ、ネガティブとかポジティブみたいな概念がそもそもないじゃないですか。

あ、俺今、病んでんな」と思えるのは、それなりの年齢になってからでしょ?笑

小さい頃には泣くかもしれないけれど、その感情の正体に名前をつけることはできない。例えば、私は幼稚園の時にどうしても運動会に参加したくなくて、

みんながグラウンドで運動会の練習をしている時、1人で腕を組んでみんなをみていたらしい。その頃は嫌だったんだろうね、私。笑

まあ、今も集団行動は苦手だけどね。笑

でも、その頃の私は私という人間がどういう経緯でどういう感情を持ってしまって、運動会を拒否しているのか?を説明することができませんでした。

 

中学生の頃も微妙だよね。高校生くらいになってくると、ちゃんとわかるようになってきて、「嫌だな」という気持ちとか、自分のネガティブな気持ちと向き合えるようになる気がする。

 

でもね、そもそもさ、そういう意識を持てるようになるまでさ、生きることができただけでも凄いことだと思ったのですよ。

本当は人間って強くない?と思った。どこかの誰かもこの記事をみているということは、この時点で「自分のマイナスを意識できているということ」ですよね。

つまり、そこまで生き延びることができたわけです。「人間の寿命は100年です」みたいなことを言ったりするけれど、そもそも今あなたの年齢まで生きることができたことがそもそも凄いことじゃんか、と思う。

 

意外と人間って強いんじゃないの?と私は思うんですよね。笑

関連記事:生きる価値のない人間だったとしても生きれば良いよ。

 

もちろん私にも弱い部分がたくさんある

 

いやあ、いつもね、「前向きに生きろよ!」なんて言っている私ですけど、私だってマイナスな感情を抱える時は全然ある。

例えば、売上が急に下がったりすると、割と精神的にきますよね。借金もして事業をやっているので、「どうしよう、銀行への返済が滞ってしまったらやばいな」と思ったりもする。

会社の数字をみて、「このままだとやばいから、どこかの経費を削らないとな……」と焦る夜だって全然あります。

 

海外に行った時だって同じです。例えば、ヴェネツィアに行った時には周辺の島にも行ったんですよね。

その時、私は「ブラーノ島」という島に行ったのだけど、その時もね、まあめちゃくちゃ小さい船だったし、

時間的にもそこまで早い時間じゃなくて、「これ、帰って来られるのかな」みたいに不安な気持ちを持ったことだってある。

だからね、もちろん、私もみんなと同じように不安を感じるし、みんなと同じように怖くもなります。笑

 

ネット上で活動しているからといって、強いわけじゃないし、何かに慣れているわけじゃないんですよね。

私にも弱い部分があるわけですよ。でもね、その一方でこれもみんなと同じで、「強い部分がある」わけです。

 

どれだけ売上が落ちても諦めたくないし、諦めないし、そういう強さを持っていたりする。

自分の孤独と向き合った時期だってあった。父親が大学生の時に死んでしまった時には、凄く孤独を感じた。

でも、それでもこうやって生きてきて、借金だって数千万円とか数億円みたいな感じだったけれど、それでも返済してきたからね。

 

だから、強くもあるんだよ。

でね、人間はきっとそういう微妙なというか、歪なバランスの中で生きているのだろうな、と思ったのよね。

関連記事:亡くなった父親が夢に出てくる6月の不思議。

 

同じ時代に生まれた同志よ、生きような

 

同じ時代に生まれたという事実ってさ、めちゃくちゃ面白いことだと思いませんか?当然のように生まれて、当然のように死んでいく私たち。

でも、もしかしたら私は江戸時代に生まれていたかもしれないし、平安時代に生まれていたかもしれない。

もし平安時代に生まれていたら、私は「てとら、かく語りき。」みたいな文学でも書いていたのでしょうか。笑

まあね、だからさ、私たちは同じ時代に生まれて、同じ時代を過ごしているわけですよ。

それってすごくないですか?ってこと。

 

今こうやって私のブログを私が生きている時にみてくれている人たちは私と同じ時代に生まれて、同じように苦しい思いをして、楽しい思いをして、笑って、悲しんで、っていう経験を共有している人たちじゃないですか。

 

なんかそう思ったら、素敵なことだな、って。

本当はさ、人間って強いし、もちろん弱い部分もある。そのバランスの中でどうにか生きているのよ。きっと、私も、どこかのあなたもね。

だからね、一緒に生きようね、って話です。笑

 

この地球で、この世界で、限られた時間だけれど、一緒に楽しい時間を過ごしたい。本当は人間って強いものです。

だから、何でもできるよ。弱い部分はあるけど、本当のところ、芯の部分はめちゃくちゃ強いんよ。自分の可能性を自分が思う「自分の限界」に留めずに、頑張って欲しいな。

挑戦し続けましょう。この世界で踊り続けましょう。

関連記事:命を大事にガンガンいこうぜが1番楽しいんだ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。