コラム

暴力で解決出来るものなんてない。

先日、四ッ谷駅で40代くらいのおじさんが40代くらいのおじさんをボコボコに殴っているという事件を目撃してしまいました。

それはそれはひどいものでしたよ。良い大人がそんな喧嘩をしますかね?私はドン引きしてしまった……。

完全に暴力事件です。上司と部下という感じだったんですけどね。うん。最悪。

まあ、警察が来たので大丈夫だったんですけどね。

こういう事があると悲しくなるものです。

暴力で解決出来るものなんて何にもないんですよ。

皆さんも暴力を振るってしまったことはありませんか?

もしそんな経験があったり、そういう傾向があるのであればすぐにやめましょう。

暴力で解決するなんてゴミ人間のやる事です。

では、なぜそんなことをしてしまうのか?そして、なぜ暴力で解決してはいけないのか?

プライドが高いから暴力を振るう

 

たぶんこれは男性全員にあるものだと思うんですけどね、男性って基本的に「プライドが高い生物」なんですよ?

だから、言い争いになってしまった時にはどうしても「負けたくない」という感情で出てきてしまうものです。そんな感情は役に立たないのにね……。

特に彼女と一緒の時に絡まれたなんて時にはひどいものです。

皆さんもそうじゃないですか?彼女の前だと格好良くいたいですよね?

いつもは暴力的じゃないのに彼女の前だと強い男を気取ったりしますよね?

でも、私は彼女の前だからといって強がる必要なんてないと思うんです。ボコボコにされるような事になってしまうのであれば、最初から喧嘩なんてしない方がいいんです。

関連記事:オタクな彼女と付き合うメリットをプレゼンします。

 

論理的に言い返せない

 

皆さんは喧嘩になりそうになった時にどんな方法を持って相手に勝とうとしますか?

これって主に2種類だと思うんです。

  • 論理的に相手を責める
  • 暴力で解決

この2つですね。

もうわかると思いますが、暴力で解決してしまおうとする人って相手を論理的に責める事が出来る頭を持っていないんです。

言葉で相手に対抗する事が出来ないからこそ、暴力で解決するしかなくなってしまうんです。

いまの日本の法律ではやはり暴力をふるってしまったら終わりです。

捕まってしまいます。

もしも、サラリーマンとして働いているのであれば、仕事だってなくしてしまうかもしれません。

だったら暴力で解決しない方がいいですよね?その時にスッキリしたとしても後で後悔するのは目に見えています。

暴力で解決なんてすぐにやめましょう。

関連記事:職場での暴力はどんな時でも正しくない。

 

力に自信がある

 

これもあると思いますよ。

 

私は地元がかなり荒れている地域だったので腕に自信のある友達が結構いたんです。

でも、そういう人って争い事になるとどうしても暴力に走ってしまうんですよね?

私の友人Aの場合は友人Bが不良グループに絡まれるという謎のシチュエーションだったんですけどね。

友人Aは最初は見ていただけだったんですよ。でも、そのうちに抑えられなくなって、暴力を振るってしまったんです。

一発で相手の男性が倒れてしまったんですよ。

確かに絡んで来た向こうが悪いのは当たり前なんですけど、それでも暴力をこっちも振るってしまったら向こうとやっていることは変わりません。

 

力にいくら自信があるからといって暴力を行使してはいけないんです。強い人ほどそうだと思うんですよね。

関連記事:職場で喧嘩したら気まずくなるのは部下だから面倒なのよね。

 

気が小さい

 

暴力的な人って気が強いように見られますけど、これって実は逆なんです。

気が小さい人ほど暴力で解決してしまおうとする傾向があるんです。なぜか?

それは、長い言い争いには精神的に耐えられないからなんです。話し合いをするって事は精神的にかなり強くなくてはいけません。

話をする時間を我慢出来ない気の小さい人ってたくさんいるんです。

別に小さくてもいいじゃないですか。逃げてしまえばいいんです。格好悪い?ださい?

自分が怪我をするよりよっぽど良いと思いますけどね。

暴力でしか伝えられない事なんて伝える必要も意味もない言葉なんです。逃げてしまいましょう。

私だったら、すぐに逃げてしまう。男だけどね。暴力で解決できることなんて何もないし、暴力を振るう人間なんてただ弱いだけの人間。

そんな人間に成り下がる必要なんて、私はどこにもないと思っている。

関連記事:上司を殴るのは絶対にやめておけよ、と伝えたい。

 

 

どんな相手にも大切な人がいる

 

暴力で解決しようとする人ってその人の周りにどんな人がいるのか?ってのを想像出来ていないと思うんですよね。

どんなに悪い人でもその人が暴力によって死んでしまったら悲しむ人っているものですよ?

そういう人たちの存在をなぜ理解出来ないのでしょうか?例えば、自分の息子がボコボコにされ、死んでしまったら悲しくなりませんか?

どんなにムカつく人でも家族がいる。家族がいなかったとしても一人くらいは大切に思ってくれている人がいる。

相手が死んでしまったり傷ついたら悲しむ人の存在をもう一度想像してみてください。

そして、暴力って結局は何の解決にもならないという事に早く気がついてください。

皆さんも暴力を振るって自分自身が悲しくなってしまった事ってありませんか?

 

きっと初めから知っているんですよ。暴力に意味がないって事を。

関連記事:愛された記憶はしっかりと頭の中に残っているよ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。