人生に悩む君へ

嫌なことがあった日に会いたくなる人はあなたが1番大事にするべき人だよ

嫌なことがあった日、帰り道に物凄く悲しくなったりしませんか?私はなってしまいます。

いつも何でもない帰り道なのに、嫌なことがあった日には落ち込んでしまう。周りの景色さえも変わってみえてしまう。

楽しいことがあった日にはどこにいても周りの景色は綺麗に見えるのに、嫌なことがあった日には全てが変わってしまう。全てが嫌なものに見えてきてしまう。

そんなこと、ない?

でもさ、そんな日に会いたくなる人もいるでしょう?嫌なことがあった日に、無性に会いたくなる人っているじゃないですか。

そういう相手はね、あなたが1番大事にするべき人なのですよ。

 

嫌なことがあった日に思い浮かぶ人の正体

弱さを見せられる相手

嫌なことがあった日に思い浮かぶ人というのはね、弱さを見せられる相手なのですよ。友達とか家族とか、そういうカテゴリーで語りがちだけど、

人間と人間の関係性なんてものはさ、カテゴライズできるものだけじゃないでしょ?

友達にも色々な種類がいる。

その中でも、嫌なことがあった日に会いたくなる人というのは「弱さを見せられる相手」なのですよ。

私もそうだけど、弱さを相手に対して見せるのって難しいじゃないですか。人間だから、「自分はこんなにできる人間なんだ!強い人間なんだ!」と主張したくなる。

やっぱりさ、私も仕事ができて、格好良くて、面白くて、何でも受け入れる心の広い人だと思われたいな、という気持ちはあるしさ、まあトータルで強い人間なんだ、と思いたいしさ。笑

だからね、どうしても弱い部分って見せられないものなんですよ。恥ずかしいし。笑

でもね、嫌なことがあった日にはなぜだか弱さを見せられる相手に会いたくなるし、そんな人といるとほっとしたりして、何でも見せられるものなんですよ。

大事な人だよね。

 

心が綺麗な人

嫌なことがあった日には、なぜだか心の綺麗な人に会いたくなる。普段だったら、悪口を言う人、不平不満を言う人とも一緒にいたりして、一緒に笑っていたりする。

でも、嫌なことがあった日には、特別、心が綺麗な人に会いたくなってしまうものなんですよね。

そもそも、私は小学生の頃から、「この人は真っ直ぐで綺麗な心の持ち主だな〜」という人と深い友達になることが多かった。

だから、まあ私が根本的にそういう「清らかな人」を好きなのかもしれないのだけどね。笑

嫌なことがあった日には、心が汚い人にはやたらと会いたくなくなってしまう。仕事であっても、嫌です。

 

普段だったら我慢できるもの全てが我慢できなくなってしまうのです。嫌なことがあった日、会いたくなるのは水のように綺麗で、澄んでいて、何でも話せる相手じゃないかな、と思うよ。

関連記事:自分を持っている人である私は人生で色々得をしたような気がする

 

 

嫌なことがあった日、みんなどうしているの?

 

嫌なことがあった日ってさ、みんなはどうしているのでしょうか。単純だけど、気になったんですよね……。

コメントとかくださいな。「ぼくのとらべる。」へのコメントでも、ツイッターでも何でも良いから教えて欲しい。笑

嫌なことがあった日ってさ、きっと誰にでもあると思うんですよ。きっと、友達には基本的に話さないよね。

 

特に男なんて、プライドだけは高かったりもするから、「今日上司に怒られて……」みたいな話はなかなかできなかったりするよね。

そうするとさ、発散する方法って中々ないですよね。もちろん、嫌なことがあった日に会いたくなる人、その人が会ってくれるならばそれが最も良いと思います。

 

ただ、会ってくれない時もあるじゃないですか。そんな時、みんなだったら、どうやって解決しているのだろうか?と思ったよね。

社会人として働いている人だけじゃないよ。学校でもさ、色々嫌なことがあるじゃないですか。

私だって、中学1年生の時、1個上とか2個上の先輩たちにめちゃくちゃ目をつけられて嫌だったことあるもんね。笑

 

おい!お前調子乗んなよ!」みたいなことを何度言われたかわからない。今考えると、「たかだか中学生が何言ってんだ笑」と思うし、当時も少し思っていたけどね……。笑

 

でもさ、そんな時にどうやってみんなは解決しているのでしょう。私だったら、友達に会う時もあるし、1人でカフェにこもったりもする。

そうやってバランスをとっているんですよね。みんなは?どう?

関連記事:負けてたまるか、と赤い目をして前進する人生を歩め。

 

嫌なことがあった日に会いたくなる人たちを大切にしよう

 

1人でも良いからさ、嫌なことがあった日に会いたくなる人に出会えたら、その人を大事にするべきだと思うのですよ。

一緒にいて刺激を受けられる友達、一緒にいて面白い友達、一緒にいるとお金がもらえる友達。まあ色々いるわな。笑

 

でもさ、そのそれら全ての友達がみんなにとって大事ってわけでもないと思うのですよ。大事なのは「嫌なことがあった日に会いたくなる人か?」という部分だと思う。

 

嫌なことがあった日、私たちは孤独を感じる。「ああ、もう嫌だな、人生リタイアしちゃおっかな」くらいに思ったりする。

それくらい嫌なことだって、やっぱり生きていたら起こるからね。

でも、そんな時にも、嫌なことがあった日に会いたくなる人がいれば、助けてもらうことができる。

穏やかではなかった心が穏やかになっていくわけです。だったらさ、その人を大切にしようよ。

 

友情とか愛情とか、そういうモノは目に見えないから、大切にすることが難しい。宝石とか家だったら大事にするのにね。見えないものは大事にできなかったりするのよ。

でもね、大事よ。嫌なことがあった日に会いたくなる人、それはあなたにとって大事な人だと思う。

 

大切にね。人に優しくね。愛をたくさんあげようね。

関連記事:愛情を感じることができる私たちはこの人生で愛の花束を持てば良い。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。