起業と経営

自分で考えて、自分で調べて、自分で行動する。

さあ、これから先の未来はどんな時代になるのだろうか?

そんなことを少しだけ考えていました。今までは、サラリーマンとして上司の言うことを聞いて、上司に好かれるような行動をして、大人しくしていれば良かった。

まあ、私はそういった不自然なことがめっぽう苦手だったので、サラリーマン社会から離脱したのだけど。笑

でもね、これからの時代は自分で考えて、自分で調べて、自分で行動しなければいけなくなってくると思うのですよ。

私みたいな自営業者だけじゃなく、全ての人がね。

 

自分で考える

 

仕事をする時に自分で考えている人ってどれくらいいるのだろうか?と思うんですよね。例えば、あなたがUbereatsの社員だったとしよう。

今の時代はUbereatsがどんどん伸びている。でも、これからの時代はまた変わっていく。むしろ、会社は変わっていかなければならない。

では、そんなあなたはどんなことを考えることができるのだろうか?社員として何を考えるのか?

 

例えば、これから先の時代は配達員という「」ではなく、ドローンが配達する可能性だって十分考えられる。ドローンが食品を配達する役割を果たすよね。

じゃあどうすれば良いのか?

配達員ではなく、ドローンの時代になることを想定して、ドローンの会社を買収したりとか、自分なりに法規制について考えてみる。

ドローンで食品を配達する時代になれば、もしかすると飲食店も必要なくなってきて、お隣さんからの「おすそわけ」になってくるかもしれない。

飲食店という企業ではなく、個人と個人が食事をシェアする感覚。「OSUMSOWAKE」というサービスが数年後にはできているかもしれない。

 

まあね、本当にアイデアなんて何でも良いのだけど、自分で考えるということができていますか?ということを聞きたいんですよね。サラリーマンとして働いていても、起業家として働いていても、変わらない。

サラリーマンとして働いていると、「時代が変わる」ということも、「会社は変化していかなければならない」ということもわからないのかもしれない。

でも、必要なものなんですよね。自分の頭で考えることのできる人が本当に少なくなっています。自分で考えずに、「誰かが考えてくれるだろう」と思っているわけ。

けど、会社という組織においては、社員1人1人が考えていく必要があるし、そうあるべきだと思うのですよ。

 

私みたいに自営業者でやっている人たちだけが考えてきたようなことだけれど、これからは違う。私やみんなが持っている人間としての「」で考えるべきなのです。

とまあちょっと堅い感じになってしまったけど、要はちゃんと考えなよ、ってことよね。笑

関連記事:高校の友達と起業してみるんだけど、割とラフな感じで始まった。

 

自分で調べることの重要性

 

自分で調べることができる人っておそろしく少ない。Googleで知りたいことを調べれば良いだけなのに、全く調べないのですよ。

例えば、あなたが「よりリスクの少ない形で飲食業を始めたい」と思ったら、「飲食 ローリスク」といった感じで検索してみれば良い。

今の時代は、色々な人たちが様々な情報を発信している。だから、知りたい情報はほとんど知ることができるのですよ。

 

例えば、上記のようなことを調べると、「ゴーストレストラン」というワードが出てくるでしょう。今はUbereats等のサービスが発達してきたことにより、

実店舗を持たなくても、レストランを開業することができるようになりました。食品衛生管理士の資格だってそんなに難しくない。

キッチンだって、保健所に届出済みのものをシェアしてもらえれば良い。何でも検索すれば出てくるわけですよ。

本なんか購入しなくても、政府の機密情報以外はほとんど何でも出てくると思う。

よく、成功している人をみると、「あの人は特別な情報を持っているに違いない」と思ってしまう人たちがいる。でも、本当にそうだろうか。

成功している人はただ自分で調べているだけであって、別に特別な人間でも何でもない。ただただ気になったことを検索しているだけなのですよ。

 

例えば、みんなも「テンプル騎士団って何だっけ?キリスト?教会?」なんて思う時があったとする。でも、多くの人は隣にいる人に「テンプル騎士団って何だっけ?」と聞いて終わらせてしまう。

結局、何も調べず、何も得られずに終わってしまう。仕事でも同じです。ブログで儲けたい、と思ったら、どうやったらお金を稼ぐことができるのか?どうすれば効率的にお金を生み出せるのか?を調べるべきです。

自分で調べれば何でも出てくる時代です。師匠なんていなくても、先生なんていなくても、誰だって調べれば事業を始めることができる。これからの時代は「自分で調べる」ができないといけないような気がするんですよね。

関連記事:お金持ちになりたいから起業するのはあまりにも危険だ。

 

自分で行動する

 

私の周りにもみなさんの周りにも基本的には「サラリーマンの人」が多いと思うんですね。で、その中には「できる人」と「できない人」がいると思っていません?

実はね、これちょっと違うかな、と思うのです。

もちろん、できる人とできない人はいるのだけど、できる人の中にも「自分で行動する」ができない人ってたくさんいるんですよね。

いくら仕事ができる人でも、上司から「これをやっておいてくれないか?」と頼まれたものだけをやるような人はこれから先は生き残っていけないと思う。

 

自分で行動する、の何が難しいのか私にはわからないのだけど、多くの人はやらない。よく、「やって欲しいことを言ってくれればやるから!」と言う人がいる。

これはこれで有難いことだし、素敵な人ではある。

ただ、これからはねちょっと違う。「言われなくてもやってみる」が大事だと思うわけですよ。誰かから促されたり、応援されたり、褒められることなしに自分で行動することのできる人。

こういう人が求められる時代じゃないかな、と思う。

自分で自分を律することができて、自分で行動することのできる人。まあね、そうは言っても難しいから起業して成功する人とか、フリーランスでやっていける人が少ないのだけど。笑

自分で考えて、自分で調べて、自分で行動する。これね、大事です。むしろこれが「できるよ!俺、得意っす!」みたいなお友達は全然起業してみたら良いと思うし、

自分で何か始めてみたら成功する確率が高いんじゃないのかな、と思います。

ではでは、まりもでした。

関連記事:家族経営で公私混同するのは株主が家族なら仕方がないと思う。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。