起業と経営

オンライン飲み会するなら仕事をしていたい

オンライン飲み会って何が楽しいの?

正直さ、最近のオンライン飲み会の流れ?が不思議でならないんですよね。

オンライン飲み会ってどこらへんが楽しいのだろうか?笑

そんなことを言ってしまうと、何だか「遅れた人」という感じがしてしまう。

でも、私は元から彼女と無駄な電話をしたりとか、友達と朝まで電話をしたりとか。そういうことが苦手な人なんですよ。だからだろうね。

やっぱりオンライン飲み会というものに興味を持つことができない。

 

オンライン飲み会を断れない人って何なんだろ?

 

オンライン飲み会に誘われると、どうしても断れない、という人が実は多いような気がする。

その人たちの理由を考えてみたのよね。笑

断る理由が思いつかない

従来のアナログ飲み会だったらさ、色々な理由をつけて断ることができるじゃないですか。

例えば、「ごめん!今日はちょっと予定があるから無理なんだよね」とかね。でも、今のこの時期だと断る理由を作るのがきっと難しいんですよね。

だってさ、緊急事態宣言がでていて、「不要不急の外出はするな」という流れじゃないですか。だから、「予定あるんだよね」と言っても、「え?それダメじゃない?」となるかもしれないし、

そもそも、予定なんていれられる可能性の方が低いよね。だって、今は緊急事態なんだもん。笑

会社だってやっていないし、アナログな飲み会だって開催されない。だからこそ、オンライン飲み会が開催された時には断る理由がないんですよね。笑

オンライン飲み会を断れない人が一定数いるのは、こういうことなんですよね、きっと。

 

何となく寂しい

まあこういう時期ですから、寂しさを感じる人はいるんじゃないですかね。テレワークばかりになってしまってもさ、結局人と会わないと面白くないじゃないですか。

1ヶ月くらい緊急事態宣言を出していたわけだけど、1ヶ月も出していたら、やっぱりつらくなってくるよね。

何となく寂しいからこそ、面倒だな、と思いながらも参加してしまうという流れじゃないでしょうか。

寂しさを感じていると、断りづらくなる。いつもだったら、「別に参加しなくても良いや」と思えるものに参加したくなってくるものなんですよ、きっと。

オンライン飲み会が終わると、めちゃくちゃ疲れていて、やりたいこともできなかった。そんなことになってしまっている人もいると思うんだけどね。笑

どうです?違う?笑

関連記事:高校の友達と起業してみるんだけど、割とラフな感じで始まった。

オンライン飲み会の時間で面白いことがたくさんできる

 

できるならば、創造的なことをしてみたら良いと思うんですよね。テレワークなんて言っても、どうせみんな仕事なんてほとんどしていないでしょう?

そもそも取引先がテレワークだったり、営業していなかったりすると、こっちだって何もできなかったりするからね。それは仕方がないことなんですよ。

でもね、だったらさ、もっと創造的なことしてみたら良いな、と思うのですよ。面白いことに手を出してみれば良いと思う。

 

コロナがまだなかった頃には、「今は忙しいんだ」なんて言ってやりたいことができなかったじゃないですか。せっかく時間があるのだから、叶えたかった夢のために頑張ってみれば良いじゃない?

まあね、多くの人の「時間がない」は嘘だったということなんですかね。時間がないからできないんじゃなくて、やらないからできないだけでね。笑

これはね、嫌味なんかじゃありませんよ。超嫌味です。色の強いビビッドな嫌味です。

オンライン飲み会をすることは楽しいのかもしれないけど、何度も何度もオンライン飲み会をしたところで、面白くないじゃないですか。

いや、その時は楽しいのかもしれないけど、それだったらもっと将来に役立つこととかさ、やりたかったこととかさ、夢とかさ、そういうものに時間を使っても良いんじゃないかね。

オンライン飲み会は画期的というか、新しい時代のコミュニケーションだとは思う。ただ、緊急事態宣言が出ているのだから、逆にね、逆にだよ。

周りの人がオンライン飲み会をしている時に、やりたかったことに手を出してみたら良いと思うのよね。

関連記事:経営を学べる会社に入るより、起業した方が良い。

会えるようになったら会えば良い

 

私はね、会えるようになったら会えば良いじゃん、と思ってしまうタイプなんですよ。だって、コロナが終息しなかったとしても、いずれは経済活動が再開されます。

命を最優先に!」なんて寝ぼけたことを言っている人もいますけど、コロナのためにこれ以上経済を止めたら、失業率が上昇します。

失業率が上昇すると、今度は1%上昇する毎に1000人〜2000人程度の人間が自殺します。

1度下がってしまった失業率はすぐには上がりません。だから、下がってしまったら、淡々と自殺者が自死する期間が訪れるのですよ。嫌じゃないですか?

だからね、どこかでは終息するのですよ。別に今会わなくても、そのうち会うことができる。

オンライン飲み会をするくらいだったら、この機会だしさ、面白いことをやっていきたいのですよ。

いつまでこのコロナ騒動が続くのかなんて私にはわかりません。でも、どこかでは終わるわけであって、それは1年後とか、2年後とかそんな先でもないわけですよ。

だったらね、もっと自分のために、自分のやりたかったことのために時間を使って欲しいよ。ただただ時間を消費するだけなんてもったいないじゃないですか。

 

仕事が本格的に始まる前に、自分がやりたかったことの準備とか、そのための勉強とかね、そんなものに手を出してみれば良いのですよ。

私はオンライン飲み会に参加するくらいだったら仕事をしていたいです。だって、それくらい仕事が好きなんだもん。

関連記事:跡継ぎがいない会社を持つ経営者へ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。