人生に悩む君へ

帰る場所がない?きっとあると思う。

皆さんには不安な感情を持つ時ってありますか?どうしようもなく寂しい経験をした事がありますか?

きっとほとんどの人って経験がないと思います。でも、生きていれば辛い事だって起きるってもんです。でも、そんな時に自分の帰る場所があったら良いと思うんですよね!

 

皆さんには帰る場所がありますか?それともありませんか?

 

たぶん「ない」って思っている人ってたくさんいると思うんです。でも、本当にそうでしょうか?実は皆さんの周りにもたくさんの帰る場所があると思うんです。どこだろうか?

 

 

昔好きだったあの店は大切な居場所だった

 

皆さんにもなんとなく懐かしくなる場所ってありませんか?私にはあるんです。

当時、受験だったんですけどね、毎日が本当に辛かったんですよ。

その時に通っていたCoCo壱番屋が私にとっての懐かしい場所。「あのカレーが食べたいなあ!」って思いながら日々頑張っていたんですよね。

別に高いレストランとかではないんですけど、そういう場所って私たちの帰る場所としての役割を果たしていると思うんですよね。

そこに行くだけでなんか懐かしくなって「また頑張ろう!」って思えるんです。

CoCo壱番屋の店長は私が何度も通い、いつも同じように「クリームコロッケカレー」を注文するので、メニューを渡されなくなった。それが何とも心地よかった。

私の名前を知っているわけではない。でも、私は何だか「帰る場所がないわけじゃないんだ」と思えて安心した。

人間って本当に辛い事があると「私には何もない…」って思ってしまうものです。

でも、そんな時に自分の帰る場所があったら人間って強いと思うんですよね。

 

帰る場所っていったらとても凄いものに聞こえますけど、案外汚い洋食屋さんでもよかったりするんですよ。

そういうもので救われる時だってあると思うんです。

 

辛い時に必要なものってお金でもなんでもなくて、帰る場所なんだ!ってその時に思ったんですよね。

皆さんにもあると思いますよ?

小さい頃にいったファミレス?それとも汚いハンバーグ屋さん?

 

きっとあると思う。いま生きていて辛さを感じている人っていると思うんです。そういう人たちっていま現状をひたすら見つめてしまって「辛い辛い….」ばかり考えている事が多いんです。

帰る場所なんてないと思っている。

 

だったらそんな時こそ懐かしい場所、帰る場所に行ってみて欲しい。帰る場所って本当に大切なものなんです。

私にとってはワンピースを読みながら、夜の22時くらいにCoCo壱番屋でクリームコロッケカレーを食べるあの1日が居場所だったような気がする。

何でもない日常だけどね。何でもないけど、そこに居心地の良さもあったんだ。

関連記事:生きるってお金がかかるから大変じゃない?

友達は帰る場所だと感じる

 

友達って何かあっても家族じゃないから居場所にはならないし、帰る場所にもならないと思っていませんか?

これってそんなことないんですよ。私にも辛い時ってあったんです。

毎日毎日なんでここまで大変なんだろう?って時があったんですよ。そんな時に友達が私をご飯に誘ってくれたんです。

 

私はその当時、お金も全くなくて、家賃とかそういうものを除けば、月に1万円程しか使っていないほど大変苦しい生活をしていた事がありました。

 

だから、そんなご飯なんていくお金なんてどこにもなかったんです。

でも、あまりにも強引に誘ってくるのでしょうがないからいったんですよ。

 

そしたら「大変だろうから食事代全部だすよ。」って友達たちが言ってくれたんですよね。本当に嬉しかった。

その時まで、友達なんて所詮は他人だし、別にいざとなったら離れていくドライな関係性なんだろうなって思っていたんです。

 

でも、実際はそんな事なかったんですよね。あの時に助けてもらった事は今でも忘れないし、あの時も今も私にとっての帰る場所になっていると思うんです。

 

皆さんにも一人くらいは友達がいるでしょう?だったらその友達を大切にしてください。大人になってからも一緒にいてくれる友達って間違いなく、自分にとっての居場所になるんですよ。

 

どうか、大切にしてください。

関連記事:人生に疲れたのは悪い事ではない。

 

思い出だって帰る場所の一つです

 

思い出って自分の心の中になるものですよね?

もちろんそれはその通りです、でも、思い出っていつでも取り出せるものだと思うんです。例えば、昔楽しかった時代の事を思い出したりとか

馬鹿みたいに笑った日常を思い出したりとか?そういう思い出って居場所になると思うんです。

私だったら、大雨の日にびしょ濡れになって公園で遊んだ高校時代とか。大切な思い出の1つであり、帰る場所です。

 

いまの現状が辛いとどうしても良い事って考える事が出来ないものですよ。それはそうですよ。だって、脳全体がマイナス思考になってしまっていますから。

 

でも、そんな時に昔の楽しい思い出を想像してみてください。

 

人生、もちろん大変なことってたくさんあったけど、それでも楽しい時期ってあったと思うんです。

楽しい時、楽しかった時のことを考えたらもう少し頑張ってみよう!って思えるんじゃないかな。

 

いまの現状ばかりを考えるのは辞めましょう。脳内を楽しい記憶で満たしたらきっともっと幸せな気分になる事が出来ますよ。

 

悪い事を考えていても仕方ない。辛い現実だっていつか変わるものです。その時をなんとなく待てばいいんですよ。

 

そして、帰るべき場所に帰ればいいんです。

ゆっくり走ればいいんです。

帰る場所がない、と思っているかもしれないけど、あるよ。きっとある。私にもあなたにも。

どこかの知らない誰かにも。

関連記事:生まれ変わっても、また自分になりたいと思う人生を。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。