人生に悩む君へ

一生青春していたいな、と思いません?ねえ、そうだよね?

子供みたいな大人だね、と言われそうです。ええ。でもね、言ってみようと思う。

一生青春したい」と思いませんか?それはさ、女の人をいつまでも追っかけたいとかそういうことではないんですよ。

じゃなくて、何というかさ、学生時代の気持ちのまま生きていきたいという感じですかね。

学生の時は思ったまま行動して、思ったまま楽しんだじゃないですか。あの頃のまま生きていきたいな、と思うのです。

アラサーになってみたものの、まだまだ子供で、まだまだ大人になれなくて、何なら大人なれないまま生きていくんじゃないか、と思うよ。笑

 

そんなまりもが書いてみるね。

 

社会に出てから大人に擬態している私たち

 

大学生の頃は本当にお馬鹿な感じで生きていた人でも、社会人になると途端に真面目になったりするものですよね。

飲みサーに所属して、1年生を食い物にしていたような人たちでも、社会人として働き始めたら真面目な感じで働き始める。

別に恋愛やお酒だけじゃない。大学生の頃には興味のあることに没頭していたのに、社会人になると「お金を稼ぐのが大事だ」みたいな感じになってきて、没頭しない。

いつのまにか家庭を築く人なんかもできてきて、何だか急に大人になってしまう。

まあ人によって違うけど、私が大学生の頃はプログラミングを学習するのが流行っていました。だから、周りでもプログラミングを始める人とかもたくさんいて、

何なら私もprogateの社長さんに会ったりとかして、色々と楽しんでいました。

面白いサービスを作って世界を変えるぞ」みたいなことを言っている人だってたくさんいた。結構周りに東大生とかもいて、頭の良い人たちが頑張って、必死になって面白い世界を作ろうとしていた。

でも、社会に1度でも出てしまうと、そこからはそんな夢を持つこともない。「リスクのない範囲で頑張る」というだけで、それ以上でもそれ以下でもない行動しか取らない。

それが何かね、私にとっては悲しかった。一生青春していたい、と私は思っているけれど、みんなは本当は違うのかな?って。

いや、本当はそうじゃなくて、世間とか周りの目とか、名誉とか。そういうもののせいで自分がわからなくなっているだけなのかな。

関連記事:「世の中そんなに甘くない」なんて言う人いるけどさ、わかった上で目指してんだよ。

 

 

社会に出てからの方が面白く生きてみたいじゃないですか

 

今の大人をみて、子供たちは「大人になりたいな」と思うのかな?と純粋に思ってしまったんですよね。

いつも疲れた顔してさ、「社会は大変なんだぞ!大学生のうちに遊んでおけ!」なんて言ってくる大人に誰がなりたいのだろうか?と思ってしまった。

若者たちの絶望は、社会の後退を意味する。だからね、逆に大人たちが子供の頃、学生の頃みたいに楽しく働いていたり、楽しく生きていたら、もっと希望が持てるんじゃないの?と思うのです。

今はコロナウイルスのせいで、日本という国、いや、世界全体が揺れ動いています。「これからどうなってしまうの?」なんてみんなが思っているよね。

でも、そんな時こそ、一生青春していたいな、という気持ちで生きてみたら希望を与えるんじゃないかな、と思ったんです。

学生の時みたいな気持ちで、ビジネスをやってみたり、芸術活動に励んでみたり。そういう学生時代の心を持ったまま生きてみることによって、救われる人もたくさんいるんじゃないのかな?と思った。

 

まあ、私はまだまだ普通に子供なだけでね、子供にしかなれないから、こうやって生きているのだけど。

ブログなんてオワコンですよ!」と言われても、ブログを続けていて、「企業経営の時代は終わったよ」と言われても、私は経営をしていて。

子供のまま、一生青春していたいな、と思いながら毎日毎日必死になって生きていて。

たまに、「大変だな」と思う時もある。いや、強がった。毎日大変だな、と思って生きている。でも、それで楽しいんですよね。

社会に出てからの方が楽しく生きていたいじゃないですか。学生の時と同じように、いや何倍も面白く。社会に出てからの方が自分の人生にこだわりを持って生きていたい。

そう思ったんです。

関連記事:社会で生きていけない私の幸福論を聞いておくれ。

 

やっとあの馬鹿な奴が死んでくれたと笑われよう

 

死んだ時のことをよく考えるのよね。死んだ時にさ、「あの人がいなくなって悲しい」と言われるは嬉しいことなのだろうか。

私の父親が死んでしまった時には、父親が突然亡くなったという人に伝えたい事でも書いたけど、物凄い数の人たちが葬式にきてくれて、

残念です……」と皆が口を揃えて言ってきた。でも、私はね、別にそんな崇高な人間じゃなくても良いのかな、と思っているんですよね。

 

私は一生青春していたい。一生子供みたいに生きていたい。そんな風に生きていたら、「あいつなんて早く死んでくれよ……!ったく!」くらいに思われるのかもね。笑

 

でもね、そんな人間で良いんですよ。「やっとあの馬鹿が死んでくれた」と思われるような人生くらい歩んでみなきゃさ、せっかくの命なのにもったいないじゃないですか。

いつのまにか生まれて、どうせ死んでいくわけよ。だったら、命を一生懸命守るんじゃなくて、できるだけ100%に近い状態まで命を使って死にたいよなあ、と思うのです。

 

一生青春していたいな、と子供の頃思ったりするじゃない?卒業式の時なんかはさ、「もうこれで高校生は終わりか……」なんて思うでしょ?

大学生の時なんて、「もう学生は終わりなのか」と思って、嫌だったもんね。笑

でもさ、だいたいの人はその後ちゃんと生きて、ちゃんと大人になる。一生青春していたいな、と思っていても、大人になる。

けどさ、良いんじゃないかなあ。別に。好きに生きればさ。

関連記事:自分の人生を楽しむために生まれてきたのだから、超ハッピーに生きれば良いじゃんか

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。