国内旅行

盛岡のにっか亭という女子ウケ抜群のバーに行ってきた

盛岡にいて、「可愛い女の子を連れて行きたいな!」って思ったら迷わずおすすめしたいバーを教えてもらっちゃいました。デート行くなら絶対このバー。

盛岡駅から少し歩いたところにはなってしまうのですが、『にっか亭』というバーです。

男子よ!刮目せよ!

 

席は二階席がおすすめ

実はこちらのにっか亭、二階席もあるんですね!

建物全体がお洒落な造りになっています。

 

一階はピアノが置いてあって生演奏をしてくれます。そしてカウンターバーのようになっているので、一人で行っても楽しめるかもしれません。

今回は二階席の奥の席に通してもらいました。

木製っぽい階段は上がる度にギシギシと音をたててレトロな雰囲気を醸し出します。

二階に上がった感じがこんな感じ。

床も赤い絨毯のようになっており、レトロ可愛い演出をしてくれています。

店内はほとんど席に置いてある「ろうそくの灯りのみ」なのでかなり暗いんですよ。

それがまたロマンチックな空気を作り出してくれていて、女子を連れて行くのにぴったりだな!って思っちゃいました笑

私が連れて行ってもらったらやっぱり嬉しいもんな〜

関連記事:盛岡の冷麺を成楼閣で食べたら東京のと違いすぎて感動した。

 

全ての席にろうそくの灯り

こちらが今回通してもらったお席です。

本当にろうそくの灯りだけでしょ?笑

机もかなり年季の入っているウッド調のテーブルで、これもまたいい雰囲気だなぁって思いますね。

 

なんとなく薄明るい感じ場所ってやっぱりロマンティックな空気になるじゃないですか。

ろうそくも本当に燃えているので、その灯りを見ているだけでも気持ちが凪いでいく感じがします。

こちらはお隣の大人数のテーブルです。

多分10人くらいいたんじゃないかな〜

それくらい大人数でも行けるっぽいですね!私がお邪魔したのは24時すぎだったのですがそれでも結構席埋まってたんですね。

たぶん大人数の方達は予約してたんだと思うので、複数人で行く場合は行く前に電話した方がいいかも…!

 

あとGoogleで検索すると閉店時間が24時になってるんですけど、クローズは27時でした。お店の人も「なんでGoogleは24時になってるんだろう」って言ってました笑

行く前に確認してみてね!

 

ちなみに大人数できてたグループの方もしっとり飲んでいる感じでした。

結局恋愛話がちらほら聞こえてきたので、やっぱり大人数で来てもそういう雰囲気に自然となる素敵なバーなんだなって思いましたね笑

関連記事:盛岡じゃじゃ麺なら白龍がおすすめ!あったまる味と人だった。

 

キティとバターレーズンを注文

とにかくお酒の種類がすごかったです!

全然知らないカクテルとかすっごいあって、ウィスキーもジンもとんでもない種類あったんですけど、私はあんまりお酒に詳しくないのでキティを頼んでしまいました笑

赤ワインとジンジャエールで作るカクテルなんですがアルコール度数も低めなので、バー初心者にはおすすめですよ〜

 

そしておつまみとして頼んだのが、バターレーズン!

バターレーズンサンドなら想像つくと思うんですけど、「バターレーズン」です笑

これがねぇ…とっても罪な食べ物なんですよ。

本当にバターの中にレーズンが埋まってる。一緒にくるクリスピーと食べます。罪ーーーー!脂質ーーーーー!!!笑

でもすごいお酒と合うんですよねぇw

もうなかなかの夜中なのにバターサンド結構食べちゃった…そして最初にお通し的に出てきたナッツも美味しかった…

 

女子は好きな味だと思いますので、注文するメニューに迷ったらぜひ頼んでみてください。

底上げされたアルミホイルに乗せてある感じでくるんですけど、なんと底上げ部分を触ってみたら冷たかったんですよね。

バターが溶けないようにちゃんと工夫されてるんです…!一手間がすごい!

関連記事:盛岡観光に宮沢賢治童話村に行ったらすごく感動した。

 

一つ難点はにっか亭までの道のり


盛岡駅からだと15分から20分ほど歩いたところににっか亭があるんですが、実はこのアクセスがちょっとやっかいで

無料案内所!みたいなお店がいっぱいある地帯なんですよね笑

 

一人だったら絶対歩きたくない場所って感じです。女子だけで夜行くのはちょっとこわいって思っちゃうかもしれない。

だからこそ!男性は女性を連れていってあげると喜ばれると思うんですよ。

外観的にもなかなか入りづらいお店ではあるので、「ちょっと入ってみよう!」って感じには絶対ならないと思うんですよ。

まぁ周りのお店も周りのお店なんでね笑

 

私も今回初めて連れていってもらったわけなんですけど、もう店内の様子を知っているので次回は気楽に入っていけると思いますが

初めてお店に入る時はちょっと緊張しちゃいました。

扉開ける前にチラッと見える店内はめちゃめちゃ薄暗いしね。

2階は一部吹き抜けみたいになっていて下が見下ろせます。

ピアノの生演奏もしっかり2階でも聴けるんですよね。

一度行ったら「また行きたい!」と思える素敵なバーでした。

盛岡に行ったらぜひ行ってみてください〜!

関連記事:盛岡を旅して感じた「街の息吹」を書いてみよう。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。