人生に悩む君へ

向かい風が強い時の方が僕は強く生きられる。

生きていると、向かい風が強い時もあれば、追い風が強い時もある。人生山あり谷ありとはよく言ったものです。

私にもそれなりのアップダウンがあった。周りが全て敵に見えるような時もあれば、周りから称賛されてばかりの時もあった。

うん。一見さ、追い風がある時の方が良さそうに思うじゃないですか。

でもね、何か違うのよね。向かい風がある時の方が私の場合はね、私の場合限定だけど、強く生きられるような気がする。

みんなはどうですか?追い風の方が良い?

自分にとって不利な状況で頑張れる

 

自分にとって不利な状況とかさ、周りが反対しているような状態の時ってあるじゃないですか。

そういう時って、メンタル的には「うわぁ、何かやだなぁ」と思うじゃないですか。

でも、私の場合、ちょっと違うんですよ。自分が不幸だったり、自分が恵まれていないと、逆に「おお、やってやる!」という気持ちになる。

昔からそうだったわけじゃないのかもしれないけどね。いつからそうなったのかもわからない。

ただ、今は向かい風が吹いている時の方が生きていて楽しいし、人生に面白みを感じる。

例えば、動画投稿を始めたのだけど、周りからは「芸能人が参入してきたしもう無理だよ」と言われた。

でも、そういう状況の方が私はやる気が起きるんですよね。周りが「いいね!いいね!」と言ってくれるのもそれはそれで気持ちが良いけど、そればかりじゃつまらんのよ。

どうせあいつは…」と少しくらい陰口を叩かれている時の方が何だか私は頑張れる。

自分にとって不利な状況になってしまうと、人間はまずメンタルに来てしまう。「どうせダメなんだ」とか「これから先どうなってしまうのかな」と不安な気持ちにかられてしまうわけです。

まあそれはそれで良いよね。人間の防衛本能がしっかりと働いている証拠です。動物的にはどこからのあなたの方がきっと優れている。笑

 

でもね。向かい風の時もさ、それはそれで楽しめると思うのよ。周りが「お前なんて」と言ってくることがあるならば、逆に幸せなことかもしれないよ。

それはまだ周りの人が手をつけていないブルーオーシャンの可能性もあるからね。

逆に頑張り時なんじゃないのかな。

関連記事:努力が足りない人が99%の世の中だから、私は逆に生きやすいのよ

調子の良い時に成功者が生まれ、語る

 

ブロガー界隈で月に1000万円とか稼ぐ人もいるからさ、そういう人たちは成功した途端に成功者として担ぎ上げられて、そして成功談を語る。

調子の良い時には「私が成功した秘密」みたいな本を出版する。

この手の本がとてつもなくつまらないのはきっとこの人が「成功」しか知らないからでしょうね。笑

はい、まあそんなことはどうでも良くて……笑

 

調子の良い時に成功者みたいなものが世の中に現れて、調子の良い時に語るわけですよ。

ビジネスってのはね〜」と語り出したり、「ブロガーってのはね〜」と話し始める。

でも、語っている時ってだいたいその人の背中に追い風が吹いていて、何でも上手くいくんですよね。実態を伴っていなくても、「すごい!神!やばい!」となる。

 

もちろん、そんな時期があっても良いのかもしれない。ただ、人間、1番大事なのは向かい風が吹いた時じゃないの?と思う。

追い風が吹いている人の言葉ほど面白くないものはないよ。まあ中には面白い人もいるけれど、だいたいつまらない。

それよりも、向かい風の時に頑張った人が面白いのよ。

調子の良い時に人間は話したがるし、人々はそれを求める。でも、違うのよね。本当に大事なのは世間から嫌われて、誰からも支えられなくなった時です。

向かい風が吹いている時、人生はもっともっと味わい深くなるんじゃないかな、と思う。

関連記事:いつでも味方だよという人がこの世界に1人でもいれば最高の人生だよなあ

 

ずっと誰かが反対する方向へ向かっていきたいな

 

周りの人が「いいじゃん!いいじゃん」と賛成することばかりじゃなく、私は誰かが反対する方向へ向かっていきたいな、と思っています。

向かい風を吹いた時には歩きにくい。「ああ、なんでこんなところを走らないといけないのよ」と怒りさえ覚える。

でも、それが楽しいのよね。周りが賛成してくれている時はそれはそれで良いよ。まあ楽だしさ、楽しいしさ。笑

私が誰かも好かれるような人間だったなら、そっちの道で生きていたのかね。笑

 

わからないけど、でも私は良いんですよね。向かい風を吹いている時の方が何だか楽しくなってくる。

生きていて楽なことばかりではなくて、どちらかと言えば大変な時の方が多かったから、私には「大変な時」がお似合いなのかもしれません。笑

悲しいな……。

向かい風を吹いている時、人間は絶望し、足を止める。「ここらへんで良いか、やめておこう」と及び腰になる。

でもね、そんな時こそ頑張り時なんですよ。調子の良い時だけ頑張るなんて面白くない。向かい風を吹いていて、周りの人全てが自分を否定してきた時に「来たぞ来たぞ!」と楽しまないと。

とはいえ、炎上して欲しいわけではないんだけどね。笑

うん。そんな感じ。今日は思ったことを駄文で書いてみました。

関連記事:アツい言葉を普通に「そうそう」と飲み込めるようになってからが君の人生なんじゃない?

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。