コラム

「学歴なんて関係ない」はウソだな、って大人になってから思うよ

「学歴なんて関係ない」ってよく言われる社会になってきました。

確かにエンジニア職を筆頭に、ネット関係の仕事はそうなのかもしれないな、と思う部分が増えたと思います。

私も今はブログを運営するのが仕事なわけで、企業に就職して働いているわけじゃないので、学歴は関係ない仕事をしています。

でもやっぱり、学歴って関係あるなって大人になってからすごい感じるんですよ。

 

採用でも学歴は関係ある

 

これは私がアルバイトで働いていた企業さんの話なんですが、そのバイトは2年以上働いていて採用面接を任せてもらったりしてたことがあったんですよね。

その時に、「学歴がMARCHより下は基本面接しないでいいよ」と言われたんです。

募集要項には学歴の項目はもちろんないですし、そもそも採用ではそういった学歴などで差別してはいけない、という決まりがあります。

 

でも待遇は良い会社だったので、それくらい選り好みしてもアルバイトを採用することができる会社だったんですよね。

 

法律的には学歴や性別などで採用の時に差別しちゃダメ、ってことになってますが

やっぱり正社員なら女性より男性の方が給料も高く設定しなくてはいけないっていうのはあるし

同じくらいのレベルの人なら学歴が高い人のことを積極的に採用したいと思うものですよね。経営者の立場になって考えて見れば当たり前のことだと思います。

 

そう考えた時、「学歴なんて関係ない、って話はウソだな」ってすごく思ったんですよ。

 

学歴が関係ない仕事も今はたくさんあります。

でも学歴がものすごく影響する場所もまだまだあるのが今の日本の社会なんだと思います。

まぁ高学歴だから仕事に困らないっていう社会でもないから難しいんですけどね笑

関連記事:高学歴フリーターが正規雇用で働くためには

 

共感には知識が必要

 

人に共感するためには知識が必要だなってよく思うんですよ。

特にマツコデラックスさんの番組をテレビで見てるとよく思うことなんですけど、マツコさんってものすごく色々なことを知ってると思うんですよね。

地名が出てきても「あそこらへんは昔はこんなこんなで」ってすぐに出てくるし、食べ物も歴史も本当に詳しいです。

もともと編集者やコラムニストとして働いていた過去があるからなのかとは思いますが、そういった知識があることによって、多くの人とすぐに打ち解けられているように見えるんですよ。

 

特にタレントさんではなく、素人さんと絡むことが多いマツコさんの番組、

『マツコの知らない世界』なんかは最たるもので、毎回素人さんがコアな趣味を披露しにスタジオに来ていますが、マツコさんが持てる知識を総動員してその人の話を深掘りしています。

マツコさんが「これ知ってるわー!」って言ってくれると、やっぱりコアな趣味を紹介しにやってきている素人のゲストさんはテンションが上がってるのがよくわかるんですよね。

 

あー、知識ってこういうもののためにあるのかな、って思うんです。

その人が「好きだ」と思うことに対してこちらが知識を持って理解を示せば、その人との距離がぐっと縮まるじゃないですか。

 

もちろんここで言う知識を「=高学歴」と結びつけてしまうのはすこし短絡的かもしれないですが、

それでも学力ってある程度比例してくるものだと思うんですよね。

だって勉強するってことはそれだけ色々な知識を蓄えるってことだからさ。

 

受験で身につけた知識なんてなんの役に立つんだろう、なんて思ってたけど中尊寺金色堂を目の前で見た時やゴッホやアンディウォーホルの作品を目の前で見た時はすごく感動したもんね。

知識があるからこそ、目の前で見たものに感動することができたんだなって改めて思ったし、

そういう体験や知識が人と距離を縮めるために必要なのかもしれないとも思った。

 

だって一緒に話していても「それ知ってる!」ってたくさん言ってくれる人の方が楽しいからね。

何も勉強的な知識だけじゃなくて、「その漫画読んだよ!」とかでもいいと思うんですよ。

 

でもそういう「色々なものに興味を持って調べて知識を深めていく」っていう力はある程度学歴にも比例してくるんじゃないかなと思うわけですね。

話していて「楽しいな〜」と感じる人は、結局高学歴だったりすることが多いんです笑

関連記事:頭のいい大学に行った方がいい理由

 

学歴でお金や時間に対しての価値観が変わる

 

学歴と比例して変わってくる価値観だな、と思うものの一つに、「お金と時間に対しての価値観」があります。

 

学歴が高い人ほど、「どちらが自分にとって利益になるか」みたいなことを長期的な目線で考えられる気がするんですよね。

例えばホリエモンこと堀江貴文さんが「バイトをしてMacを買ってネットで仕事をしようと思ってます」みたいなことを言ってた学生さんに

「分割でも借金でもいいからさっさとMac買いな」ってアドバイスしてた話をどこかで見かけたんですが、

結局ネットの仕事で、スキルがある程度身につけば、Macを買うことに使ったお金もすぐに回収できるから、長期的に見たら先にMacを買っちゃった方が早く稼げるようになる、という話だったんですよね。

バイトで稼いだお金を全てMacのために使うこともできないだろうから、バイトで15万円稼ぐとなると3ヶ月以上かかる。

 

それならMac買って1ヶ月毎日努力してプログラミング覚えれば、すぐに10万円〜15万円クラスの仕事を取ることができるし

その仕事を終えるころにはプログラミングスキルも身につくからトータルで考えれば先に借金した方がお得だぜって話です。

 

こういうのって本当に頭のいい人じゃないときちんと理解して実践することができないことだと思うんですよ。

これが考えられないとバイトで稼いだ目の前のお金に価値を見出してしまいますからね。

 

学歴なんて関係ない場所はたくさんあります。

でも高学歴な人の考え方に学ぶところはたくさんあるし、結局そういう人たちのもとで学んで、考え方や価値観を真似することができれば

自分もまた賢く生きていけるんじゃないかなと思いますね。

関連記事:結婚する時は学歴差も重要になってくる気がしているよ。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。