人生に悩む君へ

変わらない現実なんて99%ないんだよ

変わらない現実の中で生きていて、もう何となく人生全てを諦めていて……。そんな人がこの街にはたくさんいるんじゃないかな、と思うのよ。

新宿なんかで飲んでみて、その帰りに思うのよね。「ああ、この人たちはどんな現実を生きているのだろうか?」と。

変わらない現実なんて本当は全然なくてさ、99%の現実は変えられると思うんですよ。それなのに、「どうせダメだろ」と思って諦めている。

それが何かもったいないな、って。

変わらない現実なんて99%ないのですよ。

 

変わらない現実だと思って諦めていく人たち

 

なぜだかわからないけど、私は何度も何度も「どうせ俺の現実は変わらねえから」みたいな人たちを見てきてしまった。

まあその最たるものが、数年前に自殺してしまった知人ですけどね。悲しいことは突然起こる。そんな時に「それでも生きよう」と思える自分でいられたら良いね。でも書いているし、もう書かないけど……。

現実なんて変わらねえんだよ、と言うことによって、自分を守っているのだろうか?それとも、ヤケになっているのだろうか?

私にはよく理解ができないのだけど、何か「カベ」みたいなものにぶち当たった時、多くの人が変わらない現実だと認知してしまうようなんです。

 

本当はさ、「変えるほどのモチベーションがない」とか「面倒だ」というのが本音だろうに、「変わってくれない現実が悪いから、俺は変われないんだ」と言い訳をしているのです。

まあそんな生き方も良いのだろう、とは思う。だって、それでも生きていけるわけで、それでも何とか日々はこなせるわけで。

でもさ、何か悲しくないですか。変わらない現実だ、と言ってしまえば、自分の気持ちに言い訳ができるのかもしれない。

本当はできるんじゃない?」という心の声を押し殺すことができる。だって、世の中や環境が悪いんだもん。それで済ませることはできるよね。

でもさ、それで良いの?変わらない現実なの?本当に。

関連記事:現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

 

人の死は変えられないけど、それ以外は変えられる

 

人の死に関してはたしかに変えられない。例えば、私の父親は私が大学生の時に死んでしまったけれど、この事実だけはどうやっても変えられないのよね。

私が「お父さん!お願い戻ってきて!」とどれだけ頼み込んでも、どれだけ頑張っても、エベレストに登っても、戻ってきてくれることはない。

人の死に関してはやっぱり努力ではどうにもできなくて、悲しいことだけど、それは無理だよね。

でもさ、変わらない現実なんて、人の死に関わること以外ではないわけですよ。どうにか頑張ったら現実を変えられる。

例えば、今あなたが無職のクソニートみたいな生活を送っていたとしても、そんなことは関係ない。どうにでもできる。

 

よし!頑張って起業しよう!」と思えば、どうにでもなる。お金がない、恋人がいない、仕事がない。

どんなものだって、まあ自分でどうにかできるんですね。

生きる力をつけるには?親を失い、数千万円の借金を背負った私が言えること。でも書いているけど、借金だってどうにかなる。

ウシジマくんみたいな人たちが家に来たとしても、殺されるわけじゃない。生きてさえいれば、どうにか変えることができる。

私がどれだけ叩かれようが、罵られようが、別に生きていくことはできるわけですよ。

変わらない現実は「人の命」に関わることです。それ以外のことであれば、別に何ともない。どうやっても生きていくことができるのです。

 

世の中には、私よりもずっとずっと幸せな暮らしをしているのに、絶望している人がいる。親もいるし、私みたいに借金もない。仕事がないだけなのに、絶望している人だってたくさんいるじゃないですか。笑

 

でもね、そういうもの全てはどうにか変えられるわけですよ。どうにでもできる。

関連記事:「自分は何者か?」を問い続けてきた人生だった。

 

動かなさそうな巨石を動かせ

 

変わらない現実なんかじゃないのよ。「変わらなさそうな現実」が目の前にあるだけなんですよね。

そういうマイナスの波にさらされている時には、何でもマイナスに見えてしまう。だから、何でも「変わらないよね、ダメだよね」と思ってしまうものです。

でも、動かさなさそうな巨石を動かしてこそ人生なんじゃないの?と私は思う。

 

私なんて、本当にどうしようもない人間でさ、サラリーマンは辞めちゃうし、借金はあるし、親は死んじゃうし。笑

まあ本当に笑えるようなことしか起きないわけですよ。でも、そんな私でも、何とか頑張って仕事をして、借金を返して、返し中で。笑

今、こうやって生きているわけですね。だから、みんなだって動かさなそうな巨石を動かすことくらいできるはずなんです。

だって、私でもできたのだから。

変わらない現実の前で佇んでいるわけじゃなくて、変わらなさそうな現実の前で何もせずに佇んでいるだけなのよ。

 

本当は変えられるものです。こんなポンコツの私もこうやって生きているのだから。

人生は自分にしか変えられない。何かのラッキーで変わることを待ち望んでいたらダメなんですよ。

変わらなきゃね。変えなきゃね。

関連記事:この世界が好きだ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。