人生に悩む君へ

「愉快に生きる」が勝ち

愉快に生きるが勝ちだな、と最近は思ってきました。どうも、ブロガーのまりもです。みんなはさ、どんな風に生きていますか?

何か苦しみながら生きています?それとも、ハッピーに生きている?ん?ハッピーかい?笑

うーん。まあね、割とつらいことってあるよね。なぜなのかわからないけど、神様は割と高頻度で試練みたいなものを送り込んできてさ、

その度に、生きるのって超大変だな、とかって思ったりするじゃないですか。でも、愉快に生きるのが勝ちなんですよ。

 

最近は難しいことを考えるのはやめました。難しいことを考え続けても、何も良いことはないと思うから。

愉快に生きる。それだけで最高じゃん。

 

嫌なことは割と誰にでも平等に起きるけど

 

愉快に生きるとは言いつつも、やっぱり愉快なことがいつでも起こるわけではないんですよね。

ムカつくけど、世の中には色々嫌な人がいるし、嫌なことは起こってしまうわけですよ。例えば、最近だと何だろうな。

嫌なことは忘れるようにしているから思い出さないと……。えっとね……。

 

例えば、最近だと歌舞伎町でしつこいキャッチの人に出会って、「挨拶くらいちゃんとしてよ!(ギャル男風))」とか言われたりね。笑

まあ小さいことだけど、色々あるわけですよ。

嫌なことは割と平等に誰にでも起こるわけです。私が善人だろうが悪人だろうが起こってしまう。でもね、愉快に生きるという心構えだけは誰にも侵害できないものなんですよ。

他人が何かをしてくることを止めることなんてできない。他人の思考も行動も変えることはできない。

 

でもさ、自分の考え方だけは変えることができるんですよね。他人をどうにか変えようとしても、つらくなるだけだけど、自分の考え方とか捉え方を変えることはできるわけです。

そこの違いで、だいぶ人生の質が変わってくるんじゃないかな、と思うよ。愉快に生きることを目標にしている人と、何となく生きている人はそこが違うんじゃないかな、と思う。

嫌なことなんて、本当に誰にでも起こるもん。こればかりは仕方がないのよ。クラス替があったら必ず1人は嫌いな人がいるものだし、転職をすれば嫌な上司がいるものです。

 

レストランに行けば、自分の食事だけできるのが遅い時だってある。そんな時に、「どう受け取るのか?」というところだと思うんですよね。

関連記事:楽しければいいんだ、と良い意味で思えたら幸せの海への地図を手に入れたようなものだ

自分の人生を楽しもうとしている?

 

同じようにつらいことがあって、同じように嬉しいことがあるのに、人生を楽しんでいる人と楽しんでいない人がいるじゃないですか。

で、何が違うのか?というと、それは楽しもうとしているのか?という点だけだと思うのね。人生なんて自分次第なんですよ。

毎日つらいのも、毎日楽しいのも、あなたのせいなんですよ。私の人生だったら私のせい。

自分が落ちている時、私たちは他人のせいにしたがる。「今の自分の環境が悪いんだ!夫が悪いんだ!上司が悪いんだ!」と。まあ、それはたしかにある。

 

でも、基本的にはね、自分の人生を愉快に生きるのかどうか?というだけであって、自分次第だと思うんですよ。まあ、環境が悪ければやめれば良いだけの話ですし。

 

愉快に生きよう、と思えば、何だって楽しいと感じることができる。愉快に生きようという気構えもないのに「なんか俺の人生って楽しくないな」というのは違うと思うのよね。

愉快に生きようと思えばそうなるし、「楽しくないな」と思いながら生きていれば楽しくなくなっちゃうよ。

自分から人生を楽しもうとしないとね。幸も不幸も平等に降り注いでくるわけで、やっぱり自分の捉え方次第なんですよ。

関連記事:人生なんて何とかなるものだよ、と若い頃の自分に言いたいんだ

 

さあ楽しもう

 

私なんて、本当に地獄みたいな生活も経験してきて、お金がない上に彼女からも振られて、借金はあるし、社員から悪口は言われるし。

まあ本当に最悪なことばかりが起こっていた時期もありました。生きる力をつけるには?親を失い、数千万円の借金を背負った私が言えること。とかでも書いたよね。笑

 

でもね、それでも愉快に生きることが大切なのよ。「あ〜もう仕方ねえな〜」と思いながら、楽しく生きるしかないよ。

目の前に不幸が転がっていたとして、「ああ、俺は不幸なんだ……」とぼやいていても、何も変わらないじゃないですか。その不幸をどかすか、叩き割るか忘れてしまうかしないといけないわけですね。

 

愉快に生きよう、と思えば、何のお金をかけることなく楽しく生きていくことができる。そりゃたまには悲しくなることもあるけれど、基本的には楽しく愉快に生きることができるのよ。

 

だからね、愉快に生きよう。楽しくいよう。笑っていよう。愉快に生きた方が楽しいもん。どうせ生きるなら、不幸でも笑っていた方が良いじゃんね。

どれだけ辛くても、貧乏でも、モテなくても、愉快に生きような。笑

関連記事:同じ時代に生まれた奇跡に感謝しながら、今日という日を精一杯生きる。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。