人生に悩む君へ

せめて「自分が正しい」と思ったことを貫いてね

自分が正しいと思ったことってあるじゃないですか。「この方法で良いんだ!」とか「この道で良いんだ」と思うことってあるじゃない?

でも、同じくらい、「でも、やっぱり違ったかな?」と思うことだってあるじゃないですか。

人間には面倒なことに揺れ動く「ココロ」がある。だから、右にも左にも動いてしまう。

だから、自分が正しいと思っても、正しいと思った自分の考え方を貫けないことが多いのね。

でもさ、せめて「自分が正しい」と思ったことは貫いてよね。

周りの意見はその人にとっての正しさ

 

他人からの意見を聞いてみると、「ほうほう!たしかにその考え方は正しいな!」と思うこともあるじゃない?

自分が正しいと思っていても、周りの人たちがこちら側の意見を否定するような意見を出してきたら、「なるほど」という納得感ありきの答えが出てくることがあるのよ。

でもね、それは当然でさ、「正解は人の数だけあるから」なのよ。

周りの人が間違っているわけじゃない。周り人たちの状況や生活環境、生い立ちにおいては、「正しい」が違う。

自分が正しいと思ったことでも、相手にとっては正しくないことがあるのは当然であって、そこに対して怒りを感じることも、悲しみを感じる必要もないのよね。

自分が正しいと思ったことが否定されると悲しくなることはある。凄く気持ちもわかる。

でも、別に他人の意見には他人にとっての正しさがあるだけね、あなたや私に普遍的に適用できるような「」ではないのよ。

例えば、10歳の頃の「ドナルドトランプ」が、「俺は将来、アメリカ合衆国の大統領になりたいんだ」と言ったとしよう。

すると、当然周りの人たちは「そんなの無理に決まってるだろwアーユークレイジー?w」と、嘲笑するに違いない。

でも、今はどうだろう?実際に大統領になっているじゃないですか。

周りの意見が正しそうに見える時でも、自分以外のマジョリティが「間違いだ」と言ってきた時でも、本当の正しさは自分の中にしかない。

自分の中にしかないから、他人の意見と比較したり、他人から意見をもらっても仕方がないわけですよ。自分が正しい、と思ったことは正しい。

それ以下でもそれ以上でもないの。

関連記事:いつでも味方だよという人がこの世界に1人でもいれば最高の人生だよなあ

他人の否定、自己の証明

 

ただ、ここで勘違いして欲しくないのが「自分が正しい」と思うために、自分の正しさを証明したいがために「他人を否定する」という手法を取ってしまうのはあまりにも滑稽であるということ。

自分が正しいとは思うものの、どうにも不安になる。じゃあどうするのか?というと、最も簡単に思いつく行動が「他人の否定」なんですよね。

例えば、私の場合は「自営業者」なのだけど、私が自営業者として働いていることに対する正しさを証明するために「サラリーマンはクズだ!サラリーマンになっている人たちはみな愚かだ!」といった文で私の正しさを証明しようとしたところで、何の意味もない。

サラリーマンは満員電車で通勤していてつまらない」と私が言ったとしても、それがイコール「自営業者は幸せである」には繋がらない。

例えば、自分が「メロン」を持っていて、友達が「レモン」を持っていたとしよう。

メロンを持っている私が「メロンは甘い」ということを証明するためにはどうすれば良い?

レモンは物凄く酸っぱい」と否定したところで、「メロンは甘い」と言えるだろうか。

自分の正しさはこれと同じです。自分の正しさを証明するものは「他者の否定」ではない。

自分が正しいと思ったのなら、もうそれは正解なのですよ。もちろん、他者を傷つけたりすることは例外としてね。

誤解を恐れずに言ってしまうならば、「自分さえ良ければ良い」なんですよね。

他人を否定することで自分の存在、自分の正しさを肯定することなんてできないのですよ。

関連記事:人生なんて何とかなるものだよ、と若い頃の自分に言いたいんだ

ああ、自分は正しいのだ、と

 

隠れキリシタンのようにそっと「自分の正しさ」を信じていれば良いのです。

自分が正しいと思ったことでも他人に否定される。なぜだかわからないけれど、私たちは「誰かを否定する」という能力には長けているみたいです。

だから、批判される、否定される。でもさ、自分は正しいのだ、と信じるしかないんですよね。

あなたの正しさなんてものは「あなたの中」にしかない。他の人の頭にもある便利なものであれば、こんなに嬉しいことはないのだけど、どうやら神様は「普遍的な正しさ」というものを人間界に与えなかったらしい。

だから、自分が正しいと思ったことはそっと自分の心の中にしまっておいて、正しいと思った行動を取っていくしかないのです。

そう思うと人間の行動の多くは孤独だね。

でも、自分が正しいと思ったことを信じるしかない。それはこの先も変わらないよ。ああ、自分は正しいのだ、と毎日少しずつ確認していきながら、生きていく。

それしかないよ。

せめて「自分が正しい」と思ったことを貫いてよね。自分の人生なんだから。自分の命なのだから。

関連記事:命を大事にガンガンいこうぜが1番楽しいんだ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。