仕事の悩み

リモートワークはメリットばかりじゃないぞ!とノマドは思う。

リモートワークというものがだんだんとスタンダードというか、浸透してきていると思うんですよね。

まだまだ実施している企業は少ないものの、言葉としては浸透してきたと思うし、リモートワークと言えば、「ああ、最先端のアレね!笑」くらいな感じにはなってきているのではないでしょうか。

でもね、リモートワークってメリットだけじゃないと思うんですよ。私はまあ今はこうやってノマドみたいに生きているわけですが、

リモートワークなんてメリットばかりじゃないぞ、と言いたいのです。私が実際に感じていること、周りを見ていて思うことを書いていきますね。

 

リモートワークのメリットから始めよう

対人関係のストレスがない

対人関係のストレスに関しては本当にないんですよね。会社にいると、上司が出勤してきたら元気良く挨拶をして、笑顔で報告をして、可愛い部下を演じなければいけないじゃないですか。

そうなんですよ、上司ってだいたい可愛い部下が好きですからね。もうね、可愛げのない私にとってはちょっと不利な状況でした。

まあそんなことは良いんですよ……。

対人関係のストレスがないというのは大きいんですよ。

 

移動時間を節約できる

移動時間を節約できるのはリモートワークのメリットですよ。移動時間って結構長くてさ、通勤に1時間かかるとしても、実際には1時間以上の時間がかかっているわけです。

まず着替えたりする時間もあるでしょ?リモートだったら、別に朝起きてパジャマのまま仕事をしても良いわけですから。

後は、自宅から駅までの道のりとかもあるし、駅から会社までも時間がかかる。そう考えると、結構なタイムロスだったりするんですよね……。

リモートワークにすることにより、移動時間を節約することができ、さらに満員電車にも乗らなくて良くなりますからね。

これは結構大きなメリットじゃないかな、と思います。

 

集中できる

私の場合なんですけど、仕事に集中している時に、上司から話しかけられたり、電話を取っていたりすると、凄く気が散ってしまうのですよ。

まあそもそも、そういうタイプの私は「サラリーマンとして働く」ということ自体に向いていないのかもしれないのだけど……。笑

でも、リモートワークであれば、集中することができるわけですよ。これは大きなメリットじゃないですかね。

周りの状況を気にすることなく、仕事をすることができるというのは良いよね。

関連記事:チームワークが必要とされる仕事が超絶苦手なんだ。

デメリットだってたくさんある

仕事に明確な終わりがない

私が自営業だからというわけではなくて、仕事に明確な終わりがなくなってしまうのはリモートワーカー全体に言えることだと思うんですよ。

自宅等でリモートワークをしていると、「17時終業」だとわかっていても、何となく終業した感じがしないと思います。

なぜなら、「帰る」という作業がなくなってしまうから。帰るという作業は面倒だったけれど、そこで切り替えをしていたはず。

リモートワークのメリットは色々あるけど、リモートになったことによって、逆に仕事とプライベートの切り替えみたいなものはできなくなってしまったんじゃないかな、と思うよ。

寂しさを感じる人もいる

私はこの生活に慣れてしまったから、リモートワークだからといって、寂しさを感じることなんてなくなってしまったけど、

最初のうちは「何やってんだろ?寂しいな」と感じる人の方が多いと思うよ。だってさ、大学まで出ている人だったら、小学校から大学までずっと学校に通ってきて、周りに人もいて、

会社員になってからも、同期とか上司とか部下がいて……。

そんな「1週間に5日間は他人と一緒にいる生活」をしてきた人たちが、急にリモートワークになって適応できるわけがないじゃないですか。

普通に寂しさを感じるよ。笑

 

情報の共有がなくなってくる

これはね、「クラウドでやれば良いじゃん」と思うでしょ?でもね、人間って難しくて、クラウドにあげない情報に大切な情報が隠れていることだってあるんですよ。

例えば、ある営業案件が取れなかったとしましょう。顧客側は「御社にお願いしたいけど、ちょっと料金的に厳しくてね。ごめんね!決算後ってのもあって。」と言ってきたとしよう。

 

すると、営業マンは人によってですけど、「案件取れず。原因:料金高い」といった感じでクラウドの共有ファイルにいれるわけですよ。

本当は「決算後だから」というのも重要なはずで、決算前の時期を狙って、また営業をかければ良いのに、それができなくなってしまう。リモートワークをすると、情報の共有が不十分になることがあるのです。

関連記事:ノマドの仕事場所はどこなの?に答えてみる。

基本的には何でも無い物ねだり

 

まあ人間だからさ、無い物ねだりをしてしまうものなんですよ。リモートワークをしたことがない人たちからすれば、理想的な働き方に思えますよね。

リモートワークってやっぱり楽な部分もあるし、メリットだってたくさんあるじゃないですか。

でも、リモートワークのメリットばかりを世の中の人たちがフィーチャーするのはちょっと違うんじゃないかな?と思う。

私からすれば、サラリーマンとして会社員で働いてる人たちをみると、「みんなと一緒に仕事をしたい時には良いよなあ」と思いますもん。すごい時々だけどね。笑

サラリーマンとして会社でずっと働いてる人たちからすると、リモートワークはやっぱり魅力的。でも、それは今の状況が「リモートじゃないから」であって、リモートワークが普通になってきたら、

会社で働けるのって何か羨ましいな」と思うはず。

もちろん、リモートワークはこれからの時代必要になってくるでしょう。コロナみたいなものが流行した時にも良いしね。

でも、無い物ねだりなんですよ。

リモートワークのメリットばかりを取り上げる世の中になっているけれど、本当にメリットだけなの?と思ったまりもでした。

関連記事:大学の図書館って卒業後も使えるからフリーランスとか使えば良いのに。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。