人生に悩む君へ

時代が変わっても古い人間の古い部分は変わらないでいて欲しいなって。

時代って変わっていくじゃない?昭和から平成になって、平成から令和になって、どんどん時間が過ぎて、時代が変わっていく。

時代と共に色々なものが変わっていく。例えば、この前NYに行った時にはAmazonGo(無人コンビニ)で実際に買い物してみたら万引きみたいで震えたという記事でも書いたけど、

AmazonGoに驚いたんですよね。ここに行くと、店員さんが1人しかいないんです。コンビニなんですけど、店員さんがお会計をするわけでもないし、うん。

本当に何もしない。私たちはただ袋に品物をいれて、店から出るだけ。それだけで買い物が完了してしまうという未来のコンビニなわけ。

で、時代の変化と共に、「店員さんの削減」とかはさ、やっぱりあるじゃないですか。

色々なものが時代に沿った形で効率化されていって、面白い時代になっていく。それは大歓迎です。

でも、でもさ。

時代が変わっても、古い人間の古い部分は変わらないで欲しいな、と思うのよ。

 

古い人間は淘汰されるべき論はすごくわかる

 

古い人間の古い部分は残って欲しいな、なんて言っているけれど、私は別に古いだけの人間を肯定しているわけではありません。

例えば、これから先、絶対に「レジ係」という仕事が消えていくにも関わらず、「俺はこの仕事以外はやらない」なんて言っている人がいたら、

だったら、自営業でやりなよ」と言ってしまうと思う。自分で八百屋でもやってみて、レジ打ちをすれば良い。

そこに対して、配置転換があったりするのは仕方がないと思う。

 

古い人間というものは基本的には淘汰されるべきなんですよ。これまでだってそうだったじゃないですか。時代を代表するような起業家であっても、資産家であっても、俳優であっても、

歳を重ねる毎に時代に追いついていけなくなり、時代が該当する人物を前の時代に置いてきた。

君はもう今の時代には合わないよ」と引導を渡す。

そう捉えて間違いない。

 

周りの人たちから「あの人はもう古いからダメだね」と言われるような人は、やっぱり変わっていかなければならないし、その方が社会全体として考えた時にはハッピーだと思う。

だからね、最初に言っておきたいのだけど、私は別に「古いだけの人間」を肯定しているわけではないのですよ。

古い人間は淘汰されるべきだと思っているし、新しいものは全て取り入れていくべきだと思っています。

例えば、今、ドバイだっけな?エアタクシーみたいなものが導入されようとしているじゃないですか?

ああいうものだって、どんどん導入して欲しいし、レジだってなくなっても良いし。うん。古いだけで素敵だよね、とは全然思っていないんですよね。

まずはそこを理解して欲しい。

関連記事:人生がつまらない?楽しくするための努力をしてるのか

 

人間同士のコミュニケーションの部分は残って欲しいな、と

 

人間同士のコミュニケーションだって今は変わってきている。わかるよ。例えば、昔は「待ち合わせ」と言えば、

どこの何時に集合」というのを会った時にあらかじめ決めていたと思う。でも、それがスマホや携帯電話によって変わっていった。

コミュニケーションは「電子機器」を通じて行われるようになった。

後は例えばね、仕事でもそうだよね。昔は「会って決めないといけない」という感じだったのが、最近だとテレビ通話や電話になってきている。

 

こういう「効率的な部分」に関してとか、仕事に関してはやっぱり古い人間が新しい時代に対応していくべきだと思うし、それができないのであれば、社会というステージからは退くべきだと思っているんですよ。

でもさ、人間同士の「温かさ」みたいなものも同時に感じて欲しいな、とは思ってしまったりする。何だろう。

例えば、極論さ、デートとかだって「VR」で良いわけじゃないですか。今そういうシステムがあるのかはわからないけど、2人がヘッドセットをつけて、2人で歩いているような、手をつないでいるような感覚を持ちながら散歩することだってできる。

海辺でキスをする時だって、海辺のVRの中で、自分の触覚に電気的な刺激を与えれば伝わる。

生身の人間と何が違うの?」と聞かれてしまうと、ちょっと答えられない。ただ、私はそれでも、人間同士の何でもないコミュニケーションだけは古い人間の古い部分が残って欲しいな、と思うんですよね。

 

今、私たちは「LINE」があれば、誰とでも交流することができる。どこにいても、何をしていても、人と繋がることができる。

何となく「寂しさ」を埋められているような気がする。でもね、何か寂しさが埋まっていく度に、心から孤独になっていくような感覚に襲われることがあるんですよね。

古い人間は淘汰されるべきだけれど、古い人間の古い「古いな〜」っていう人間同士のコミュニケーションはなくなって欲しくない。

 

例えば、私は釧路の仏蘭西茶館という喫茶店に行った時にマスターの男性と最後に少しだけ会話をするのが大好きです。

寒いですね〜」とかその程度の時もあるのだけど、何か好きなんだよね。そういう人の体温を感じる、目の色を感じる、心臓の音を感じるようなコミュニケーションだって大事じゃないかな、と私は思うよ。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

 

変わるもの、変わらないもの

 

周りのものがこれからはどんどん変わっていくでしょう。例えば、これからは5Gになるよね。動画を読み込むスピードだってこれからはより早くなってくるでしょう。

リニアだって通るだろうし、これからは自動運転だって導入されると思っています。そんな新しい時代では、新しいものが出てきて、古い人間は淘汰される、古いものはなくなっていく。

それは素晴らしいことです。テクノロジー万歳!最高!もうね、ハグでもしてあげたいくらい未来とか、テクノロジーとか大好きです。

でも、古い人間の古い部分は残って欲しいな、と思うよ。

「うっわ、古いな〜」ってものの価値が逆にこれからは上がっていくんじゃないかな。これまでは価値を感じなかった、人間同士の「古い」がこれからは価値を持つようになる。

 

ある種の共感覚的なものだけどね。笑

変わるものもあれば、変わらないものもある。変わらないガラクタのようなものの中に本当は素敵なものが隠れていたりもするんじゃないかな。

 

私はね、つらい時、いつも人に助けられてきたから。いつもいつも「古い」に助けられてきた。

だから、大好きなんだよ。うん。

関連記事:友達は一生の宝物なんだ、と語り合ってしまったあの夜の話。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。