仕事の悩み

ナイーブな人と仕事をする時に私が考えていること

こんなことを書くのも、私が今、ナイーブな人と一緒に仕事をしているからなんですよね。笑

ほら、みんなの周りにもナイーブな人っているじゃないですか?ナイーブというか、まあ言ってしまえば神経質っちゃ神経質な人?

まあいるよね。その人のことが嫌いだったら、別に関わらなければ良い話なんですけど、私の場合は大切な仕事仲間だったりしますから。笑

どうにも逃げられないわけです。でね、だからこそ、そんな私がナイーブな人と仕事をする時に気をつけていることを書いていこうかな、と。

同じように困っている人たちへ。笑

ナイーブな人との接し方は考えるべし

個人を批判しない

ナイーブな人って、個人的に批判してしまうと、精神的にやられてしまうんですよね。ただ、ナイーブな人でも、「それは違うよ」と言わなければいけないことがあります。

例えば、私が一緒に仕事をしているナイーブな人は「連絡をきちんとしない人」なんですよね。まあ、男性なので、そういう人が多いのはわかるけど、仕事だったら連絡をしないとダメよね……。

だから、そういう時には、「最近みんな連絡をしないことが増えているけど、仕事だから連絡はしないといけないよ」と全体に言うようにしています。

全体に言うことで、「俺だけ……」ということになってしまうリスクを回避することができますから。笑

めんどくさ……笑、なんて思ったりもするけど、でも、それで良好なコミュニティが出来上がるなら、そっちの方が良いからね。

ナイーブな人を個人攻撃したところで、さらにナイーブになってしまうので、そこはね、全体に対して言うべきなんですよ。

 

責任感を持たせない

ナイーブな人って、意外と責任感が強かったりするんですよね。だから、割と神経質に、完璧にやってしまおうとする。

でも、だんだんその責任感がつらくなってくるんですよね。「もうどうしよう、死ぬしかないかな」くらいの発想にナイーブな人はなってしまったりする。

だから、責任感を持たせないようにしています。

責任感を持つことはとても大事なことです。でも、ナイーブな人って、仕事においてはそもそも責任感を持っています。

わざわざこちらから、「責任感を持ってやれよ」なんて言わなくても良いんですよ。言ってしまうと、かえって気になってしまうと思う。

私なんかだと、そもそも責任感が薄い人間だったりするから、責任感を持って!と言われた方が良いかも……。

関連記事:ストレスの多い仕事を頑張っても不幸になるだけだと思うんだ

ナイーブな性格は変わる

 

ナイーブな性格って基本的には変えられるものだと思うんですよ。だって、今までの人たちだって割と変わってきたから。

まずね、普段の生活から書いていこうか。

普段の生活

毎日の運動

ナイーブな人ほど、日常に運動習慣を取り入れて欲しいです。ナイーブな人でも運動をするようになれば、ポジティブになります。

運動をしない人に限って、「いや、そんな時間ねえからw」みたいなことを言うんだけど、だったら、ナイーブにならないでよね、と思う。

運動もしていないのにナイーブになられてもそれは困る。自分でできる部分からやっていかないと。

 

禁煙

禁煙も同じことです。ナイーブな人と仕事をする時、相手が「喫煙者」であることが意外と多いことに気がつく。

実は鬱病患者にも喫煙者が多いのを知っていました?だからね、ナイーブな人たちこそ、ちゃんと禁煙した方が良いのよ。

タバコでリラックスすることができる、と思っているだろうけど、そうじゃないからね。タバコがあるからイライラするんだよ。

 

節酒

お酒も意外と問題なんですよね。当たり前のように金曜日に飲み会を開いたりするじゃないですか。でも、身体的には結構負担なんですよ。

私でも、お酒を飲んだ次の日は何となく嫌な感じがしますからね。ナイーブな人が仕事で高いパフォーマンスを出したい時には、やっぱり節酒は心がけた方が良いです。

毎週毎週飲んでいたら、そりゃ疲れますよ。ナイーブにもなります。生活習慣が意外と重要なんです。

 

年齢と経験

年齢と経験と共に人間はだんだんとナイーブさを失っていくものです。私も昔はもう少しナイーブだったのかもしれない。

高校生の頃とか中学生とかもそうなのかな。その頃はナイーブだと思うけど、だんだんと変わっていくじゃないですか。

それに、大人になればなるほど経験値も増えていくわけ。そうすると、いつのまにかナイーブな自分が消えていくわけです。

年齢は待つしかないから、自分でコントロールすることができるのは「経験」だね。つらい経験とか、挑戦とかね、そういうものをたくさん取り入れてみれば良いと思う。

関連記事:面倒なことに幸せを感じるのが人生じゃないかね。

 

ナイーブな人は良いものを作る

 

ナイーブな人と仕事をするのは正直に言ってしまえば面倒だったりもする。だってさ、小さいことを気にしてしまったり、病んでしまったり。

まあ、本人もつらいのだろうけど、こっちも面倒だったりするからね。

でも、ナイーブな人と仕事をすると、良いものが出来上がってくるわけですよ。ある意味で職人気質的なところがあるのだろうね。

だから、一緒に何かを作っていく時とか、良いものを難産で出していくよう仕事をする時には最高のパートナーにはなると思うよ。

 

大変だけどね。笑

ナイーブじゃないと、良いものなんてきっと作らなかったりもするから。生きていても何も感じない、何も思わない。

そういう人は、「良いものを徹底的にこだわって作る」という仕事よりも、「数をこなす」的な仕事が向いていると思うからね。

向き不向きがあるわけです。

ナイーブな人と一緒に仕事をしている人は少しだけ気を使ってあげてね。で、あまり細かい部分を気にしないで接した方が良いと思うよ。

本人が1番気にしているから。笑

では。

関連記事:上司と部下が対等な関係でなければ、仕事は上手くいかない。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。