人生に悩む君へ

どんどん人が離れていく?その理由はなんなのだろうか

いつも人が自分から離れていく。どうしても人から好いてもらえない。そんな悩みを持っている人もいると思います。

人との距離感がわからなくて、人と付き合うことに臆病になってしまうこともあるでしょう。

私の知人でも、いつも人が離れていくことについて悩んでいる人がいたんですが、その人の他の人との接し方を見ていると「なるほど、これは人が離れていくな」と思うようなことが結構あるんですよね。

 

人が離れていく人に共通している直すべきところを分析してみました。

 

考え方の押し付けをしていないか

 

まず、人が離れていく人の特徴としてあげられるのが「自分の考え方や価値観を人に押し付ける」というところです。

人って誰しも自分の話を聞いて欲しいし、それに対して共感が欲しいものだと思うんですよ。

 

逆を言えば、自分の話を聞いてくれない人と一緒にいてもつまらないんですよね。

自分の考え方や価値観を人に押し付けるタイプの人は、相手の話を聞く、ということが出来ないのです。

 

自分の話ばかりになってしまうから、そりゃ周りの人は一緒にいて楽しくありません。もっと自分の話を聞いてくれる人と話したいなと思うでしょう。

別に、人の話全部に共感しろ、ということではありません。他人の話ですから、共感できる内容もあれば共感できない内容もあるでしょう。

 

ただ、人が離れていくタイプの人は、他人の話に共感できるできない、というポイントにたどり着くこともできていない人が多いです。

相手の意見がどういう意見なのか、知ろうともしてない人が多いからです。

相手の言いたいことは何なのか、相手の考えはどんなことなのか、それを知ろうとしないで自分の話ばかりをしてしまう人はどうしても人が離れていきます。

 

人と付き合う時に「相手の話も聞いてみよう」と意識的に思って向き合うことが大切なんじゃないかなと思います。

意図的に「自分の話をする前に相手の意見を聞く」ということをいつもしてみたら少し人との付き合い方が変わってくるかもしれません。

関連記事:自分という人間を言葉で表現したり、理解してもらうことがすごく苦手なんだ。

 

見返りを求めすぎていないか

 

何かしらを自分から誰かにはたらきかける時、少なからず人って相手に見返りを求めてしまうものだと思うんですよね。

それは自然なことではあるとは思うけど、やっぱりそれが強くなりすぎると、一緒にいて窮屈になります。

 

自分はこれだけ相手にしてあげているのに、どうして相手は何も返してくれないんだろう?

なんていう風に思ってしまうことがある場合は要注意。

 

何かを返して欲しい、という気持ちがこちら側にあると、相手は「めんどくさい人だな」と思うものです。

 

他人とうまく付き合っていくためには、「相手に期待をしない」というのが一番だと思うんですよ。

「こうしてほしい」という思いがあると、そうならなかった時に自分も落胆してしまいます。

 

相手に何かしてもらいたい、と思ってしまう癖はとにかくやめましょう。

これが人が離れていく理由になっていることがあります。

 

特に一番面倒なのが「そんなことないよ」って言って欲しい雰囲気を出すような言い方です。

「どうせ自分はブサイクだし」とか「自分には何の取り柄もないし」みたいな言い方で「そんなことないよ!」って言葉を待ってる感じの人いるじゃないですか。

こういう人に当たると途端に嫌気がさすんですよね。

「そんなことないよ」って言葉もその場しのぎで、その人のことを本当に喜ばせることができる言葉じゃないじゃないですか。

だってそれはわざと引き出された褒め言葉であって自然と出た褒め言葉なわけじゃないから。

 

自分のことを褒めて欲しい、みたいな考え方もやめたほうがいいです。

それこそが人が離れていく理由になってしまうんですよ。

関連記事:他人に期待しない生き方。

 

劣等感・嫉妬心が強い

 

一緒にいて辛くなる人に共通しているのが劣等感や嫉妬心が強い人。

私の知人で人が離れていく事に悩んでいた人は男性だったんですが、同性である男性に対しての劣等感や嫉妬心がものすごく強い人だったんですよね。

 

人から受けるアドバイスとかも、女性の話だとちゃんと聞くのに、男性の話だと全く耳を傾けようとしないのです。

それどころか、同性に対して当たりがものすごく厳しいんですよ。

恋愛経験が圧倒的に少ないっていうのも原因の一つではあると思うんですが、むしろそういう態度を常日頃からとっているから恋愛できないんじゃないかと思うんですよね。

 

例えば男性から見ても、同性から嫌われているような女性って魅力的に映らないと思うんですよ。

女性から見たらさらにそうです。

同性である男性から嫌われている男性って本当に性格が悪いんだろうな、って思ってしまいます。

 

劣等感や嫉妬心は時に人を成長させる良いきっかけになることはあると思いますが、

それが全面的に出ていると、どうしても一緒にいるのが窮屈だと思われてしまって人が離れていく理由になるでしょう。

関連記事:人を褒めるのが上手な人は人間関係が上手くいく!

 

全体を通して言えることはやっぱり、人が離れていく人は独りよがりで、相手の気持ちを推し量ろうとする気持ちが足りないということですね。

人が離れていくことを辛いと思っているのであれば、人と接する時にもっと相手のことを考えられる人になるよう努力するべきだと思います。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。