人生に悩む君へ

「一歩踏み出す勇気」なんかよりも「ずっと頑張る根気」が大事なんよ

一歩踏み出す勇気みたいなものを求めている人が多い気がするんですよね。一歩踏み出す勇気が出ないから、どうにか出そうと頑張っている人って実は多いんですよ。

でもさ、私はね、全然これって違うと思っているのよ。

一歩踏み出す勇気なんかより、ずっと頑張る根気の方が全然大事なわけ。私は今はサラリーマンではなく、自分で事業を展開しています。

そんな私だからこそ、「一歩踏み出す勇気なんてどうでも良いんだよなあ」と思うんですよね……。

ずっと頑張る根気の方が全然大事です。むしろそっちを理解していた方が良いと思うんだよね。

一歩踏み出す勇気が出ないんです的な相談が多い

 

相談箱とかメールとか、リプとかでもそうなんだけど、「一歩踏み出す勇気が出ません」みたいな相談が多いんですよね。

たしかによくわかるんですよ。私もサラリーマンの時とか、「自分の力だけで生きていくことなんてできるのか?」と自分の会社だけをやっていくことに不安を覚えました。

だってそうでしょう?この先、数十年という時間、自分の力でお金を稼いで、自分で生活していく必要があるのだから。

そう考えると怖くなってくるよね。でも、私は一歩踏み出してみたわけですよ。会社を辞めた時に、恋人に振られるならそれでも仕方がないし、どこかで貧乏暮らしをするならそれでも良い。

何ならどこかで野垂れ死んだとしても、それはそれで認められるような気がする。

それくらいの気持ちで辞めた。で、実際には大変なのって会社から独立した時じゃなくて、その後ずっとだったりするんですよね。

だからね、「一歩踏み出す勇気が出ないんです」みたいな言葉を聞くと、「いや、その後の方が大変だからw」と思ってしまうんですよね。

相談を受けるのは別に良いですよ。ただ、一歩踏み出すかどうかなんて本当にどうでも良いところというか、本当に大切なのはそんな葛藤よりも、

どうやって上に上がっていくのか?」という部分だと思う。自分の不安よりも、現実的な方法に向き合った方が良いんです。

関連記事:努力が足りない人が99%の世の中だから、私は逆に生きやすいのよ

ずっと頑張る根気の方が大事な理由

ライバルは「踏み出した人たち」

ここで覚えておいて欲しいのは、みなさんが戦うのは「踏み出した人たちだけ」という点なんですよ。

一歩踏み出す勇気が出ない時には、「一歩踏み出せない人たちの中」にいたわけです。だから、「一歩踏み出す」という行動自体に価値が生じた。

ほら、周りでもさ、高校の時に「バイトをしている」という人がいたりすると、「格好良い〜」なんて思ったじゃないですか。でも、あれは高校生でバイトをしている人が少数派だからであって……はい。

でも、誰もが挑戦する環境に身を置けば、そんなことは何のステータスにもならないわけよね。

起業するのであれば、ビジネスの場において、「人生をかけている人たち」と戦っていくことになるわけです。

だからね、ずっと頑張る根気の方が全然大事なんですよ。一歩踏み出す勇気なんてものは当然持つべきものであって、必要最低条件なのです。

何かの分野に挑戦している人たちはみな、一歩踏み出した人たちなんですよ。隣にいる何もしていない人たちと比較しても意味がない。

 

やめていく人の方が多い

あのね、悲しいお知らせだけど、「一歩踏み出す勇気」は大事だけど、やめていく人の方が多いよ。

例えば、「ブロガーとして生きていきたい」と思って参入してくる人はたくさんいるんですよ。

でも、3年後にブロガーとして生きているのか?というと、そうじゃないんですよね。特にこの前の2019年末「Googleアップデート」の影響は凄まじかったですね……。

あの影響でブログをやめていく人たちが何人もいましたよ。家族を養っていく必要がある人とかは、「この苦しい時期は仕方ない」なんて思えないから。悠長なことを言っていられない状態の人もいるからね。笑

一歩踏み出す勇気を持った人たちでも、だいたいはやめていくわけですよ。ステージの上に上がった人たちがどんどんと消えていく。99%はいなくなるんじゃないかな。

その中で戦っていくってこと、わかってる?と。

缶っれ生きる力がない人は自分が大切すぎるんじゃないかな。

気が付いたらおじいちゃんになってるよ

 

気が付いたらきっと私もあなたもおじいちゃんになっているわけですよ。よく、「そのうち○○がしたいな〜」なんて将来の希望を言っている人がいるけどさ、

そんなことを言っている間におじいちゃんになっちゃうよ。一歩踏み出す勇気なんてものはさ、一歩踏み出している人たちからするとどうでも良いものなんですよ。

自分は悦に入って、「よし、壮大なチャレンジをするぞ」と思っているのかもしれない。でも、本当の始まりはそこから。

 

例えば、投資家の世界だったら、「1棟目の投資を真剣に考えている」という人がいる。でも、実際には1棟目の投資なんてどうでも良いというか、その後1億円、2億円と投資金額を増やしていくのであれば、そこまで大きなことではないわけですよ。

問題は「そこからどう頑張っていくのか?」とか「ずっと頑張っていけるのか?」ということだと思うんです。

気が付いたら、私たちなんてすぐにおじいちゃんになる。病気になって死んでしまう日だっていつかわからない。そんな中で生きているわけよ。

だからね、最初の段階、本当の最初の段階である「一歩踏み出す勇気」なんて言ってないで、早く始めなよ。

強い言葉になってしまうけど、本当にそう思う。孫正義でも、ビルゲイツでも、時間だけは買えないのだから。時間は最も大切な資産なのだから。

一歩踏み出す勇気なんて今すぐ出しな。早くしないと人生が終わってしまう。1分でも早い方が良い。

踏み出したら、そこからはずっと頑張るだけです。「踏み出して良いのかな?」なんて考えている時間はない。

その方が、そんな人生の方が何かワクワクしない?

関連記事:石橋を叩いて壊す人は安全な生き方をしているけど、つまらない人生を送ると思うんだ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。