人生に悩む君へ

自分の人生なんだから、君は君の好きなように生きればいいよ。

あのさ、自分の人生なんだから、もうちょっと好きなように生きれば良いじゃない?

 

そう思うことがたくさんあったんですよ。まあさ、生きていると、大変な部分もたくさんあって、「好きに生きてみる」ということ自体が凄く難しく感じてしまうことだってあるのよね。

でもさ、私はやっぱり自分の人生なんだから、好きなように生きるべきだと思うわけですよ。

好きなように生きる、なんて言うと、「めちゃくちゃな生き方」みたいなものと結び付けられてしまいそうだけど、そうじゃなくて……。

もっともっとさ、自由に、一生懸命生きてみれば良いじゃない?ってさ、そういうことをね、伝えたいわけですよ。

ちょっといいかな。

 

自分の人生なのに自由に生きられない理由

他人と比較して普通以上が良い

自分の好きなように生きてみると、「あ!割と大変なんだな」ということに気がつくはずです。まあ、私だって別に楽に生きているわけではなくて、365日ずっと仕事をしているような感覚です。

よく、「俺は忙しいからさ〜」と言う人がいるけど、そういう人に限って、毎週金曜日にはお酒を飲んでいて、はしゃいでいて。

私からすると、「いや!その時も俺は仕事してるしっ!!笑」なんて思ったりします。笑

まあだからね、自由に生きてみるのも大変っちゃ大変なんですよ。でね、しかもリスクもあるわけ。

自分の人生なんだから、と言われても一歩踏み出せないのは、この「リスク」が怖いのですよ。「普通の人以下」になることを恐れているのだと思う。

例えば、起業家になりたい、という人だったら、「サラリーマンの自分」から抜け出すことがなかなかできない。なぜか?

それは、「サラリーマンという人生保険」みたいなものがあるからです。サラリーマンでいれば、普通の人以下の人生になることはないわけよ。お金の面に関して言えばね。

でも、起業家として頑張ってみて、失敗したら大きな借金を背負って、どん底の人生を味わう可能性もある。友達と飲みにいくこともできず、ただつらい日々を送る可能性がある。

そういう可能性をさ、少しでも排除したいがために、どうしても一歩踏み出せない人が多いんじゃないかな、と思う。

 

今がある程度幸せ

今の人生もある程度幸せだったりするんですよね。普通に家族がいて、普通に恋人がいて、普通に幸せ。

何となくモヤモヤするし、「このまま人生終わるのかな?」とか思ったりもするけど、でも、不幸せではない。

だったら、このままでも良いのかな?」と思い始めるんですよね。私の周りにも、「何か偉大なことを成し遂げたい」みたいな人たちはいっぱいいました。

特に大学生の時なんて、優秀な人が周りにたくさんいて、東大生の友達なんかもたくさんいて、面白いことをやっている人がたくさんいました。

でも、社会人になってから実際に挑戦する人は1%未満。多くの人は挑戦しない。挑戦したとしても、サラリーマンをやりながらとか、学生だったら学生の片手間にとか。

そういう人が多いのよね。リスクをとって本気で挑戦しないわけ。自分の人生なんだから好きに生きれば良いのにね。なぜかそれができないわけですよ。

今がある程度幸せというのは良いことです。でも、そこから抜け出せなくなるんですよね。

冬にベッドの中みたいにさ、「うわ〜!まだこの中に入っていたいよ〜」と思うわけ。今がある程度幸せだと、リスクをとって、「大きな刺激」を求めなかったりするのよね。

で、いつしかそれを「俺の主義」みたいに考え始めて、納得している。そんな気がするんですよね。

関連記事:人生がつまらない?楽しくするための努力をしてるのか

 

 

破茶滅茶な人生になって笑えるならそれでいい

 

私もたまに怖くなる時がなくはない。笑

まあ基本的には「うおおお!やったる!!」という考え方を持っているから、そこまで暗くなることはないのだけど、やっぱり人生を考えると不安になることもあるよね。

それが自営業の宿命だと思う。

でも、そんな不安を抱えた時でもね、「まあ破茶滅茶な人生になっても笑えるよな」と思えたら、それで良いわけですよ。

だって、自分の人生なんだから。他人と比較するものじゃないわけです。例えば私が大きな借金を背負ったままになってしまったとしたら、私はどうなってしまうのだろうか。

そう考えると怖いよね。月に一般の人の給料以上の金額を返済しているから、焦げ付いた時にはもう最悪ですよね……。

え、人生詰んだ」みたいな状態になる可能性はみなさんよりも高いと思う。でも、それだって自分の人生なわけですよ。

破茶滅茶な人生になってしまって、破産して何もなくなって、道端で死んでいるかもしれない。そういう未来だって、幸せな未来と同じ道の上に転がった未来です。私にとってはね。

でも、そうなったとしても、自分の人生なんだからそれで良いよね。

だって笑えるじゃないですか。「ああ、俺は頑張ったけど、ダメだったな〜ちっくしょ〜!」って。笑

情けないけどさ、夢が叶わなかったり、希望が叶わないことなんて生きていれば何度も何度もあるわけよ。

 

努力をしたから成功する世界で生きているわけでもないしね。だから、不安な気持ちがないわけじゃない。でも、もしも破茶滅茶でクレイジーな人生になったとしても、それはそれで自分の人生なんだから良いのですよ。

関連記事:アツい言葉を普通に「そうそう」と飲み込めるようになってからが君の人生なんじゃない?

 

 

やらなかった後悔を背負って死にたくはない

 

月並みな言葉だけど、やっぱりやらなかった後悔を背負って死んでいきたくはないのですよ。

 

まあいつかは私もこのブログを読んでいるどこかの誰かも死ぬわけですよ。死ぬ瞬間ってのがやっぱりあってさ、その時には自分の人生をきっと振り返るじゃない?

ああ、こんな人生だったな」って。そんな時に、私は後悔したくないのよ。他人よりも利口に賢く、ずるく生きていくことなんて頭を少し使えば簡単にできるよ。

 

就活があったら、大企業に入って、保険にもしっかりと入って、資産運用もする。全てをしっかりと計算して、他人よりも上手に生きていく。そんなことだってちょっと考えれば簡単にできる。

でも、それじゃあ私が生きている意味がない。死ぬ時に絶対後悔するのよね。お金じゃないからさ、人生は。

お金は欲しいけど、全てではない。

名誉もありがたいけど、全てではない。そう思うから。

自分の人生なんだから、夢を追うのも、普通に生きるのも、お金持ちになるのも、貧乏人になるのも自由です。誰かから束縛されているわけではない。

自分の人生なんだから。笑

良いんですよ、好きなように生きちゃえば。誰かから評価されるために生きているわけじゃないもん。

死んでから、オシリス神が出てきて、「あなたは良い人生を歩みましたか?」と聞かれるのであれば、ちゃんと生きなきゃいけないけど、死んだ後のことなんてわからないもん。

私は今の人生を最高に楽しみたい。1度だけの人生を一生懸命生きたいのよ。だから、ずっと挑戦し続けるよ。

君が本当にやりたいことは、何?

関連記事:生きる力をつけるには?親を失い、数千万円の借金を背負った私が言えること。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。