仕事の悩み

転勤なんてする必要ありますか?

はーい!まりもです!!

どうですか。みんなはガリガリ君と転勤、どちらが好きですか。ええ。そうでしょうね。ガリガリ君でしょうね。

引用:赤城乳業(私が就活で落ちた企業)

シチュー味なんてあるんね????

でも、会社からはさ、「ガリガリ君食べるっしょ?」くらいのテンション感で転勤を言い渡されます。笑

 

あぁ、怖い。

転勤ってサラリーマンの世界では当たり前のようにありますよね?でも嫌なひとっていないんですかね?

 

ちなみに私は嫌です。

 

転勤したら家族と一緒にいれなくなりますし、自分がいきたくもない土地にいくのだって凄く嫌です。

でもおかしいなって思わないんですよね世の中のひとは。

というわけでなぜ転勤をしなければいけないのか?そんなことを疑問に思った私、まりもが書いていくよ。

 

転勤によって色んな勤務地を経験するべき

 

これなんで必要なんですかね?私にはまったく理解できません。いろんな勤務地を経験することによって確かに環境は大きく変わるかもしれません。

でも3年とか5年とか普通に地方への勤務とかあるんですよ。(考えるだけでもおそろしい….)

 

この転勤というものがあるせいで大切なひとと別れたりとか一番かわいそうですよね。

結構さ、別れる人とか実際にいるんよね。最初は「うちらさ、遠距離でもやっていけるよね???うん♡」みたいな感じで始まるんだけど、

まあ、無理だよねw

そもそも、転勤なんかさせずにその土地で現地採用すればいいじゃないですか?

小さい会社の時は転勤なんてまったくなかったじゃないですか。

 

サラリーマンなんだから転勤するのは当たり前だ!っていう人ももちろんいると思うんですよ。

 

それって「自分も転勤という辛い経験をしたから下の世代も同じようにすべきだ!」っていうなんというか押しつけのような気がしてしまうんですよね。

 

日本って特に自分が経験した辛いことを自分より若いひとにも経験させようとしますからね。

俺は転勤をして、今まで頑張ってきた。お前らの代から転勤がないなんておかしいだろ?頑張れ。」みたいな。うわぁ、なんか前時代的な価値観でむりぃ。

でも、そういう考え方の人はきっと多いのだろう。全体で考えれば、1%とかじゃなくて、50%とか……。

関連記事:全国転勤のサラリーマンはなぜ結婚できないのか?

 

 

面接での転勤できますか?という愚問

 

これほんとこわいですよね。面接のときに必ずといっていいほど聞かれますよねこの質問。でもこれでNO!っていったら確実に落とされるじゃないですか。

付き合っている彼氏に「あたしのこと、好き?本当に好き?」って聞くのと同じよ。笑(ああ、今日も恋愛研究家の腕がなりますねぇ)

そんなの転勤の承諾でもなんでもないと私は思います。

YESしかない質問に意味はないよね?って。笑

転勤はできませんっていっても採用してくれる会社があれば是非紹介してほしいです。(きっとありませんが

あ、あかぎ乳業さんはどうなのだろう……。笑

その点、IT系の企業とかは転勤って基本的には少ないですよね。

 

それはITという分野が場所を選ばないということはもちろんあるのでしょうが。

 

ですから本当に転勤が嫌ならIT系の企業にいけばいいんじゃないかって個人的には思ってます。(参照:転勤したくないならIT企業がおすすめ!

自分が嫌なことを下の世代にはやらせるなんてとてもじゃないけど自分が社長ならさせたくないな〜。

先ほどもいいましたが、自分が経験した嫌なことを若い世代にもやらせるっていうのは発想的に戦争とおなじですよね。

 

みんながやってるんだからお前もみたいなところを凄く感じました。

転勤なんて絶対に押しつけですよ。

人間、自分が嫌だなって思うことが基本的にやらないほうが良いよね?

まあ、色々事情はあるけども。

嫌だなって思いながらずっとやっても鬱になるだけですもん。鬱になったら三年とかそういうレベルで復帰できなくなりますよ。

 

自分は弱いんだってわかってる人間のほうが魅力的だったりするものです。そしてそういうひとほど人間の弱さってのを知っているかあら他人にも優しいものなんですよ!

そういう人間のことをプライベートでは一番求めているものなんです。だけど、いざ会社になると人間は不思議なもので驚くほど冷酷になるものなんです。

関連記事:海外転勤のメリットとは?

転勤のない会社にいくか独立しましょう

 

結局のところこれかなって思ってます。転勤のある会社はきっとこれからも就職活動生のなかでの人気上位にあがってくるでしょう。

 

そして今後何年かはそういった企業がまだ稼ぎを保つような時代が続くと思います。

しかし、それもいずれは変わっていくということを忘れてはいけません。

 

でもいまいまで転勤になりそうならそういう会社はもうやめて転職してしまいましょう。

 

やめてみたら意外と新しい清々しい気持ちで頑張れるものです。無駄に責任とか感じる必要ははっきりいってないと思いますよ。

 

だってあなたの人生はあなたに責任があるのであって会社にはまったくないですから。

 

ここらへんをわかっていないとダメなのだと思うまる。会社のせいとかにしても後悔するのは結局本人ですからね。

それよりももっと自分のなかで燃えるものがあるならばいっそ独立すれば良いと思います。なにも大きなビジネスをやらずとも良いのです。

 

まずは、BASE 等で小さくお店を始めても良いと思いますし、ストアカ とかで先生になってみるのもありですよね。

もうね……何か自分の得意なことだったりとか、「オタクなこと」を持っていれば、何でも仕事にできちゃうオタクマジックな世界になっちゃったのよ!!

自分に何か経験や能力があれば、誰でも先生としてセミナーを開講する事が出来るのでやってみれば良いと思うんですよね。

いまはクラウドファウンディングもあるのでそういったところで面白い企画を打てば自然とお金も集められます。

お金がないからできないよ〜」というお決まり、ご定番の言い訳ももうないわけですし、おすし。

自分がやりたいことをやりたいだけ自分の好きな場所でやることが自分にとっての一番の幸せになっていくのだろうと思います。少なくとも私はそう信じていきています。

 

老いてなにをする気力もなくなってしまう前に自分らしく生きてみるのもひとつの手なのではと私は凄く思いますよ。

 

転勤が必要ないと感じるのであればその気持ちに素直に従って行動すればいいだけなんです。

ああ、でもなんか説教臭くなっちゃったわねぇ。ではでは、まりもでした〜!

関連記事:転勤したくない人って実は多いと思うんです。

 

 

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。