仕事の悩み

社長に怒鳴られるような会社は早く辞めた方がいい!

取引先の担当さんがいつも社長に怒鳴られる、みたいな話をしていてゾッとしました。

その担当さん本当に萎縮してしまっていて、そういう悩みを抱えている人にはさっさと会社を辞めてほしいな、って思うんですよ。

 

社長に怒鳴られるような会社にいていいことなんて一つもないよ。

 

怒鳴るのは感情のコントロールができないから

 

怒鳴る人って「自分の思った通りにいかないことに対して自分の感情を制御することができない人」ってことだと思うんですよね。

だって怒鳴ったって何も解決しないどころか会社の空気を悪くするだけじゃないですか。

 

社長だから威厳があったほうが社員がきちんと働く?

そんな「社長に付いていきたい、頑張ろう!」って思う社員はいないでしょ。

少なくとも「社長を助けたい」「社長のためになりたい」なんて考える人はいないでしょうね。

 

それよりも「社長に怒鳴られないように仕事をしなきゃ」と考える社員ばかりになると思います。

 

本当に解決しなきゃいけない問題がある場合は、その問題がなぜ起きたのか?次回同じような問題が起こらないためにはどのようなことを行えばいいのか?ということを考えなきゃいけません。

でも怒鳴ってたらそんな建設的な話できないですよね。

だって怒鳴るってことはその人のことを「責める」ということしかしてないってことですから。

 

問題を解決する能力が怒鳴る社長にはないんですよ。

つまりその会社は有能な右腕タイプの人がいない限り、問題を解決していけずに先細りしていく会社だと言えます。

関連記事:器が小さい上司って最高にダサいよね。

 

怒鳴る社長に社員が意見できなくなる

 

社長に怒鳴られる会社ではどんどん社員が萎縮していきます。

私の知り合いのその担当さんも「社長にこう提案してみたらどうですか?」みたいな話をしたら

「社長には恐れ多くて意見は言えないんです」

「社長の言うことは絶対ですから」

というようなことを言ってたんです。

 

もうその担当さんは本当に伝書鳩じゃないですけど、毎日社長に怒鳴られながら社長の意見をそのまま聞いて私に伝えてくる、みたいな状態でした。

 

社長に怒鳴られる毎日を過ごしていれば自然と「怒鳴られないように無難に仕事をこなそう」と思う社員ばかりになっていくでしょう。

確かに自分が思うように動いてくれるなら社長はそれでもいいのかもしれない。

でも人と人が一緒集まってはたらくメリットみたいなものは得られなくなりますよね。

社員から新しい意見が出ないわけだから

社長は何人、人を雇っても社長の技量を超える会社を作っていくことはできないということです。

 

社長の言うことを怒鳴られないように聞く人たちばかりの会社になれば、そこから会社が成長していくのは難しいと言えるでしょう。

関連記事:会社に「合わない人」がいた時の話をしようか。

 

怯えながらする仕事ってストレスだよね

 

私は実は父親がものすごく怒鳴るタイプの人間だったので、怒鳴る人がものすごく苦手です。

フラッシュバック、というほどひどいものがあるわけじゃないけど、怒鳴っている人を見るとものすごく嫌な気持ちになるしストレスが溜まる。

どんなバックボーンにせよ、きっと誰だって怒鳴る人を見るとストレスは感じるものだと思うんですよね。

 

だから社長に怒鳴られる人もそうだけど、怒鳴られる人を見ている社員だってストレスを感じるものだと思います。

そうやって怯えながらする仕事って絶対ストレスじゃないですか。

楽しく働ける職場の方がいいにきまってます。

 

ストレスを毎日感じながら働いていると、自分では「大丈夫」と思ってても意外と大丈夫じゃないことって結構あります。

私も昔ストレスを抱えすぎて胃酸過多→逆流性食道炎というステップを踏んだことがありまして…この時は本当対人恐怖症レベルで、仕事に関わっている人に会うのが毎日怖い日々でした。

ストレスを感じるとお腹がいたくなるのって、実際に胃酸でお腹が焼けてる時あるので本当に危ないです笑

関連記事:仕事でビクビクする職場で我慢する必要はないんだよ。

 

楽しく働くために環境は大事

 

社長に怒鳴られることに慣れてしまうと「自分が仕事ができないのがいけないのかもしれない」と思うようになってしまう人もいるでしょう。

でも本当は冷静に落ち着いて問題に取り組むことができない社長が悪いんですよ。

 

ミスすることは誰にでもあることで、それはその人じゃなくて別の人もでありうること。

それを怒鳴ることでしか解決することができない、っていうのはやっぱり社長の器量が狭いってことなんだと思うんですよね。

 

だからそういう職場でストレスを抱えながら生きている人は、働く環境を見直してみてもいいと思います。

環境が変われば周りの自分に対する評価も変わります。

とある会社で全然仕事ができなくても、実はそれが自分にあってない仕事だった、っていうだけで

別の会社に行ったらすごく評価される、っていうこともある。

 

怒鳴られ続けるとどうしても自分が悪いと考えてしまいがちだけど、楽しく働くために環境を見直すってことは大事だと思うんだよね。

関連記事:上司に罵倒されたら傷つくし、成長なんてしないよ。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。