コラム

女性は経済的に自立しといた方がいいよなって思う理由

女性の社会進出が顕著になってきている社会ですが、まだまだ女性が男性と同じように稼ぐのは難しい世の中ですよね。

男性と女性では得意なことも違うし、出産は女性にしかできないことを考えると、

どこまでいっても「男女平等」という形で働くのは無理なんじゃないかなと個人的には思っています。

 

自分が経営する側の目線で考えてみても、やっぱり子育てでいつか長期休暇をとるかもしれない、もしくは辞めてしまうかもしれない女性よりも男性の方が仕事を任せやすいというのはあるでしょう。

ただ周りの女性の話を聞いてると、やっぱり女性も経済的に自立していないと、自分が思うように生きていけないなぁとも思うわけです。

 

離婚ができない

 

最初から暗い話でごめんなさい笑

以前日本の離婚率は「約34%」と高いのです。という記事でも紹介しましたが、日本では3組に1組のカップルが離婚をしています。

うちの両親も離婚してるし、周りにも離婚してる人は結構いて割と納得の数字。

悲しい話ではありますが離婚って全然珍しいことじゃなくなってきてますよね。

 

そんな中で「離婚しようか悩んでいる女性」はもっといっぱいいるわけですが、

そういう女性のほとんどが経済的な理由で離婚に踏み切れてない感じです。

 

私の知人も定年を目前に控えている年齢で旦那さんに出て行かれてしまって離婚するかどうか、というところでもめてるところなんですが

結局離婚をしてしまうとお金の問題が出てきてしまうとのことで、籍は外さないというところに落ち着いているらしいんですよね。

旦那さんから毎月お金はもらいつつ、でもそれだけでは生きていけないから新しく仕事に就くみたいなんですが、そういう話を聞いたらちょっと辛いな…って思ってしまったわけです。

 

もう夫婦としての形は成していないのに、経済的に自立することができていないから離れることができない、ってことじゃないですか。

 

定年前くらいの年代になってくると、年金の心配もでてきますよね。

最近は年金分割制度、という旦那さんが払っていた年金を離婚する時に奥さんにも分配できるようにする制度が出てきているみたいですが

「ずっと一緒にいる前提」で今まで生きてきたものをいろいろ分けなきゃいけないので大変です。

 

中には年金分割制度を知らないまま離婚して、自分の老後のための年金が国民年金だけになってしまって不安、という女性もいるみたいです。

 

離婚をすることを考えて結婚する人なんていないと思うけど、やっぱり経済的に自立できていないまま結婚して旦那さんのお給料で生活する感じになっちゃうと

いざという時に自分で自由に使うことができるお金がないので離婚に踏み切れない、ということがあるわけです。

 

最近は男性が一人で家族を養っていくだけのお給料を稼ぐのだってとても難しいし、

終身雇用なんて言葉が消えてしまった今の時代で旦那さんだけのお給料で生きていくのはリスクもある。

離婚しないにしても女性もある程度稼げないとな〜と思いますよね。

関連記事:お酒でストレス発散、なんて思ってた頃が一番精神がやばかった

 

何をするにも後ろめたさを感じる

 

経済的に自立できていないと旦那さんが家に入れてくれるお金で生活することになりますが、

生活のために必要なお金なら必要だと思って使えるものの、自分の趣味とか贅沢のために使うお金の場合はどうしても罪悪感を感じてしまうものですよね。

 

専業主婦で暮らしている知人はやっぱりみんな「〇〇を買いたいけど旦那さんに悪いな〜」って言ってるし、

ランチしてても「旦那さんは働いているのに美味しいランチを食べてて申し訳ない」みたいな話をしています。(結局そう言いつつ食べてるんだけどね笑)

 

そういうの見てると、楽しいことをしているはずなのに罪悪感をどこかで感じ続けなきゃいけないのは辛いな、と思っちゃいます。

自分が稼いだお金の中でそれをできるようになれば、別に「自分のお金だしいっか」ってできるところなんだけど、

経済的に自立していないとそれができないからちょっとしんどいですよね。

相手の機嫌とかをうかがいながらお金を使わなきゃいけないって思うと私はやっぱり旦那さんのお金で生活していくとかは自分には合わないだろうな、って思ってしまいます。

関連記事:家事分担をしようとして喧嘩する原因を考えてみたよ

 

自由はある程度のお金で出来ていると思う

 

離婚の選択肢を取れるか取れないかもそうだし、趣味や贅沢に対してお金を使えるかどうかの部分も全部、

結局自由というのはある程度のお金によって保障されるものなんだなと思います。

それは女性でも男性でも同じことで、その部分を男性側に頼ってしまうと結局その場限りの自由は手に入れることができても、どこかで行き詰まってくる部分があるのかな、と。

 

だからやっぱりやりたいことをやりたい時に思いっきりやるためには、ある程度自分でお金を稼げるように、経済的に自立しなきゃなって思うんですよね。

男性としても、そういう女性と一緒にいられる方がプレッシャーが少なくていいんじゃないかな。

「自分が仕事を辞めたら一家で路頭に迷ってしまう…!」みたいなプレッシャーの中で働かせるのもかわいそうですしね笑

関連記事:年収と幸福度について私は考えてみたんだ。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。