仕事の悩み

気分の上下が激しい人が世の働き人に多過ぎる問題

気分の上下が激しい人が多いような気がするんですけど、気のせいでしょうか?笑

まあさ、年始で仕事がつらいのはわかります。「年末の楽しかったあの頃」が超絶懐かしく感じるよね。

でも、だからと言って暗くなったり、かと思ったら明るくなったり?

そうやって気分がジェットコースターみたいに上下すると疲れません?自分の感情は自分でコントロールするしかないわけです。

環境が悪いなら環境を変えれば良い。性格が悪いなら性格を変えてみれば良い。気分の上下が激しい人が多過ぎるからさ、ちょっと語ってみようかな、と思ってしまったわけです。

もっとならした方が良いんですよ。

 

気分の上下が激しい原因

運動不足

気分の上下が激しい人に限って、人生で最も有効なメンタル強化方法である「運動」をしていないことが多いんですよ。

はい?そんな時間ありませんから!」くらいに思っている人もいるよね。

いやいやいや。何を言っているのかな?と思う。

スマホいじっている時間やタバコを吸っている時間、ダラダラとテレビを観ている時間の30分を使って走りに行くことくらいできるでしょう。

気分の上下が激しい人は運動を生活に取り入れるべきです。

セロトニンドバドバで、毎日ハッピーになるもん。

 

不規則な生活

まあさ、これは仕方のない人もいるよね。夜勤の人とかだと確かに厳しい部分はある。

でも、その他の人は関係ないよね。ストレスが溜まっているのに夜遅くまでお酒を飲んで、就寝は深夜の1時。

そんな生活をしていたら、気分の上下が激しくなるに決まっているじゃないですか。

結局ね、小学校の時の生活が最も健康的なんですよ。ちゃんと運動をして、ちゃんとした時間に睡眠をとる。

小学校の時に学んだことをそのまま実行すれば良いだけなのに、それが出来ないんですよねえ……。

気分の上下が激しい人ほど無駄に夜更かしをしたりとか、大量にお酒を飲んでみたりとかして、まあ要するに不規則な生活リズムになるわけですね。

で、さらに気分の上下が激しくなって、また夜更かししてしまうという悪循環に陥ることになる。

関連記事:営業の仕事がつまらないって結構当たり前のことな気がする

いつも80点の成績を出す努力

 

常に100点を出そうとする必要って実はないんですよね。特に仕事においては100点を常に出す必要性なんてどこにもない。

私はブログを書いたり、会社をやったりしているけど、私だって常に100点を出せるわけじゃないんですよ。

でも、80点くらいは常に出そうと思って生きています。

誰でもさ、「俺は常に良い最高の状態を作るんだ!」と意気込んで、100点を出そうと思うと、どこかで疲れてしまって40点とか30点の日が出来てしまうわけ。

昨日100点を取ってしまったら、頑張り過ぎた反動で次は40点の成績を出してしまうかもしれないわけですよ。

だったら、最初から80点くらいの「まあまあ良いよね」という状態を作り出した方が総合的には良いわけ。

例えば、ブログであれば、「これぞ完璧な記事!」というものだけを公開しているわけではありません。私がその時に感じた何でもない感情とかでも、「えいや!」と公開している。

ごめんなさいね。笑

そうなんです。ブログであっても、他の仕事であってもさ、誰も100点を求めていないわけですよ。命に関わる仕事以外だったら、別に100点を出す必要はないのです。

 

80点そこそこの成績をコンスタントに出して、「何だかんだ良い成績出すよな」くらいに思われている方が良い。

気分の上下が激しい人たちは100点を作り出そうとするから疲れてしまうのですよ。もっと下の方で良い。

下の方が良いわけです。ずっと30点を取っていたらそれはダメだけど、そんな人は少ない。100点の「うおおおお!!やったるでえええ!!」なんて日はいらないから、

その変わりにコンスタントに頑張る癖をつけてみよう。

ほら、最近ね周りでも「YouTube始めてみました〜」みたいな人が増えてきたけど、結局辞めてしまうんですよね……。

良いコンテンツだったりするのに辞めてしまってもったいない……。これも100点を常に出そうとしているからなんですね。

気分の上下を作らないようにしよう。

関連記事:明日から仕事が憂鬱だって気持ちを抱えながら生きていくのはしんどいね

 

だいたいのことは上手くいくよ

 

実はね、気分の上下を抑えると、だいたいのことが上手くいくようになるんですよ。気分の上下が激しい人ってのは熱しやすく冷めやすい人で、何をやっても続かないんですよね。

1年間同じものを続けたことある?喫煙以外で。笑

あのね、人類の多くは「気分の上下が激しい人」なんですよ。だから、基本的には何も続かないの。

例えば、「今日からランニングしよう」と思ってどれくらい続きましたか?1ヶ月も続いた?続いていないよね。

本当にね、そういう人が多いのよ。だから、逆に言えば、気分の上下を抑えることによってだいたいのことは上手くいくようになる。

 

例えば、YouTuberになりたかったら、動画を更新し続ければ良い。5年でも10年でも更新し続ければ良いわけですよ。

ブロガーでも同じ。続けることが出来れば、今の時代は割と何でも成功すると思っています。だからね、気分をならして、そこそこの成績を出し続ける能力って大事よ。

気分の上下が激しい人が感情をならせば、社会的に成功する人はもっと増えてくるんじゃないかな、と思う。

そしたら、日本という国単位で考えても良いことじゃないか。ジェットコースターメンタルは卒業しようね。

関連記事:仕事が決まらない人の特徴を経営者目線で考えてみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。