人生に悩む君へ

「虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃね」なんて言葉が素敵でさ

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃねという言葉を知っている人はいるだろうか。何かね、素敵な言葉でさ、紹介しようかな、と思ったんですよ。

ドリー・パートンというカントリーミュージックの第一人者の人が言った言葉。

虹は素敵なものだよね。でも、雨が降った後じゃなければ見れないものでもあるのよね。これが私たちの人生と似ているな、って。

素敵な景色を見るためには、何かしらの我慢は必要だよね。もちろん、「そんな我慢なんて必要なかった」なんて人も中にはいる。

ただ、ほとんど場合はどこかで歯を食いしばってきたんじゃないかな、と思うわけですよ。

だから、虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃね。改めてそう思った。

 

我慢をすることが楽しいと思える夢

 

私は普段から、割とストイックな生活を送っているような気がします。まあ我慢していると言えば我慢しているのかもしれません。

ラーメンが食べたいな」と思っても、ラーメンを食べたら太ってしまうし、身体的にも良くないし、旅を続けられなくなる可能性が高いから食べなかったりする。

後は、スポーツもしているのよね。疲れている時でも、「今日も走ってみよう」と思って、5km走ったりする。まあいつも走っているわけだけど。

うん。でもさ、それがつらいのか?というと、そういうわけでもないんですよ。

 

何も我慢しない生活って楽しいように見えて別にそうでもなくてさ、実は「目的のために我慢している状態」が1番楽しかったりするんですよね。

私だったら、「旅を続けるために」とかそういうためかな。ずっと活躍するためにある程度は我慢をしているような気がする。

でも、それが楽しくてやっているわけですよ。虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃねという言葉は何もネガティブなイメージではなくて、もっと明るいイメージだと思うんですよね。

 

我慢すること自体が「楽しいわ〜」と思える夢を持つことができているのであれば、我慢してみても良いんじゃないかな。

関連記事:「今日が人生最後の日」と思って生きている。

 

 

「好きなことで生きていく」の誤解

 

私はよく、「好きなことで生きている」と思われている。それは正しいと思う。ただ、同時に「何の我慢もなしにやってきた」とも思われているような気がするんですよね。

まあ、その方がハッピーな感じがするし、私のブランディングとしてはそっちの方が良いのだろうか。でも、違うのよね、実際には。

好きなことで生きていく、と言っても、そこには絶対に「少しの我慢」があるはずです。私みたいなブロガーだったとしても、我慢してやっていることはある。

 

例えば、カテゴリーの整理なんてものは全然やりたくない。正直、「探してくれよw」くらいに思う。

でも、そうじゃないとブログを見てくれる人が減ってしまうし、ユーザビリティ的にもやっぱりカテゴリーは整理されていた方が良い。

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃねという言葉にもある通りさ、好きな仕事をしていたとしても、我慢しなければいけない時ってのがあるんですよね。

もちろん、「どんなにつらくても頑張れ」なんて1mmも思わない。だって、きっとそこまでつらいのであれば、向いていないか、好きなことではないだろうから。

仕事だったとしても、辞めてしまえば良いと思う。でも、好きなことを仕事にしたとしても、やっぱりどこかで我慢する必要は出てくるんですよね。

 

みんなの言う「好きなことで生きていく」は、どこかで「何もせずのんびりする」とイコールになってきているような気がするんです。でも、違うよね。

本当は何もせずにのんびりすることなんて幸せではないのにね。

好きなことだったとしても、我慢することはあるよ。

関連記事:アツい言葉を普通に「そうそう」と飲み込めるようになってからが君の人生なんじゃない?

虹を見つけるところから全ては始まる

 

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃね、と言うけれど、じゃああなたにとって、私にとっての虹とは何だろうか。

そう思うと、実は「何だろうか?」と思ってしまう人の方が多いんじゃないかしら。

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃねとは言いつつもさ、そもそも虹の存在を知らなければ我慢することには何の価値も感じないじゃないですか。

虹に名前がなかったら、我慢することだってできないじゃないか、と思いません?

例えば、「家族を養うために仕方なく頑張る」のと、「起業するために仕事を一生懸命頑張る」のとでは、我慢の種類が違ってくる。

虹が見えているのか、見えていないのかという違いですよね。

 

後少し我慢すれば、虹が見られるぞ」と思えれば、私たちはきっと頑張れるわけよ。例えば、「1ヶ月我慢すれば、100億円もらえる」とすればどうだろうか?きっと頑張ると思うのよね。

別にお金が好きな人じゃなければ、他のことでも良い。幼い頃からの夢を叶えるために我慢しても良いと思う。

虹を見つけることができればさ、きっと頑張ることができるのよ。その虹が綺麗であればあるほど、きっと頑張れる。

 

一方で、世間体を気にした「べき論」の上に存在するような虹だったら、きっと頑張れないのよね。家族を守るとか、良い生活をするとか。

まずは虹を見つけてみよう。本当に綺麗な虹をね。そしてこの言葉を思い出そう。

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃね。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。