人生に悩む君へ

生きる意味が欲しいというどこかの町のあなたへ

生きる意味が欲しい。そう思っている人がどこかにいるような気がする。気が付いた時には地球に生まれていたからさ、やっぱり後から困るわけじゃない?

何のために生まれてきたのだろうか?」と悩んでしまう時があると思うんですよ。きっと、親にも友達にも誰にも言わないだろうけど、誰もが1度は考えたことがあると思う。

生きる意味が欲しい。生きる意味さえあれば、もっと楽に生きられるのに。そう思った人が何人もいるんじゃないかね。

そんなさ、生きる意味が欲しい、と願うどこかの町のあなたへ、今日は私が伝えたいことがある。

大切な人を失って、夢を追ってきた私だからこそ書けることがきっとあると思うんです。

生きる意味が欲しいなら「リスク」に飛び込め

 

生きる意味が欲しい、と言っている人に限って何のリスクも取っていないような気がするんですよね。

今の時代って、年金がもらえるのかわからないし、やっぱり将来のために貯金だって必要。だから、リスクが怖くて仕方がないんですよね……。

だからこそ、「生きる意味が欲しいし、アツく生きたいけど、自分の人生を崩したくはない」みたいな状態になってしまっているんじゃないかな。

 

でも、そうやって生きてみても、結局はつまらないわけですよ。生きる意味を失っている時って、「このままで良いのかな?」と思っている時だと思う。

私はサラリーマンの時、給料は良かったけど、何か虚しくて……。でも、だからといって何かができるわけではない。勇気が出なかったんですよね。

 

夢破れて、家がなく、地位も名誉もない自分を受け入れる覚悟ができていなかった。もしもそんな状態になったら生きていけない、と思っていたと思う。

だから、テレビを観て、「よっしゃ!俺も夢を追ったる!!」と意気込んでも、翌日には怖くなって何もできなくなるんですよねえ。

だって、リスクがあまりにも大きいんだもん。でもね、やっぱり行動するべきなんですよ。生きる意味が欲しい、と思っているということは自分が安全圏にいすぎているということです。

安全圏にいて、「あまりにも安全でつまらないな」と思っているからこそ、生きる意味を見失っている。私はそう思うよ。

社会人だったらさ、簡単に始められるところだと、「YouTuberになってみる」とかでも良いんじゃないかな。リスクに飛び込んで、やりたいことをやってみる。

それだけでも変わってくるような気がしています。

関連記事:アツい言葉を普通に「そうそう」と飲み込めるようになってからが君の人生なんじゃない?

 

平穏も大事なんだけどね

 

ここまで「リスクに飛び込め」なんて言ってきたけど、平穏も大事だったりはするのよね。その気持ちはわかるよ。

平穏な生活を守ることって難しいけど、大事なことなんだ。って記事でも書いたけど、実際さ、平穏な生活だって大事なのよね。

何でもない毎日には価値を感じなくなるものだけど、非日常的な体験をたくさんしてみると、やっぱり普通の生活というものに価値を感じるようになるものなのよ。

 

平穏な世の中に生まれなかったとしたら、私はきっと、「生まれた意味」なんてものは考えなかったかもね。だって、日々の食糧やお金を稼ぐことだけで精一杯になっていただろうから。

治安の悪い国に生まれていたら、命だってどうなっていたのかわからない。生きるか死ぬか、みたいな状況で私たちは自分が生きる意味なんて考えることができないんじゃないかな。

ただ目の前に広がる現実を生きていくしかないわけですよ。

うん。だからね、そもそも生きる意味が欲しい、なんて考えていること自体がとても幸せなことなんです。

生きる意味が欲しい、なんてのは贅沢病の一種よね。その日暮らしだったら、生きる意味なんて考えられないのだから。

まあ、と言いつつも、やっぱりリスクには飛び込んでみるべきだ、とは思うんですけどね。平穏の大事よ。

何の感情もなくゆったりとした日常を過ごすのも良い。でもね、うーん。生きる意味が欲しい、と思うなら挑戦するしかないのよ。

関連記事:同じ時代に生まれた奇跡に感謝しながら、今日という日を精一杯生きる。

 

私は何のために生きているのだろうか?

 

私は何のために生きているのだろうか?と考えてみると、不思議なくらいにわからないような気もしてきた。

記事を読んでくれた人が少しでも元気になってくれたら良いな」とは思っていますけど、それが私の全てではないもんね。

私の旅の様子を伝えるのも私は凄く楽しいですよ。ファイナルカットで編集して、YouTubeに公開してみる。

これだけでも私は楽しくて、反応があったりすると、「生きていて良かったな〜」と本気で思ったりする。

だからわからないわけですよ。でも、だからと言って、「生きる意味が欲しい」とは思わない。それはきっと充実しているからなんですよね。

リスクに飛び込んで、いつも自分がやりたいことをやっている。だから、「生きる意味」なんて感じないままに生きる意味を実現し続けているというか……。

 

まあ感覚の話なんですけどね。笑

まあ要するにさ、リスクを取りながらも、自分のやりたいことをやっていれば、生きる意味が欲しいという感情はいつのまにか消えていくわけですよ。

生きる意味なんて考えるめちゃくちゃ暇な時間があるなら、その時間で他人が引くぐらいの努力をすれば良い。

 

生きる意味なんて後からついてくるものだから。

関連記事:生きる力がない人は自分が大切すぎるんじゃないかな。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。