ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

訪問販売の詐欺っていまだにある

あんまり真面目じゃないのとフリーランスなので家に引きこもってばかりいるんですが家にいるとどういうわけかインターホンが必ず鳴ります。

 

私の住んでいるところは閑静な住宅街に住んでいておじいちゃんおばあちゃんも近所に多いので在宅率が高いんでしょう。

 

基本的にめんどくさいので居留守を使っているのですが

実際どういう内容なのかと思って何回か対応してみました。

 

  • NHKの受信料を払え
  • 国勢調査です
  • アンケートです

こんなラインナップでした。

 

NHKの受信料を払え

 

お年寄りなんかは特にNHKの受信料のことをよく言われる方がいますね?

払われている方も多くいらっしゃいます。

 

NHKの受信料というのは支払いを必ずしなくてはいけない、というわけではありません。

 

NHKは民放なのでテレビを受信できる受信器を設置したら、NHK必ず契約をしなくてはいけないということが実は法律で定められています。

 

でも受信器としか書かれていないんですね。

 

今時テレビがおうちにない人も結構多いですよね?

地デジ化のタイミングでテレビを撤去してしまったという人も私の周りには多いです。

 

つまり受信器をもっていなければ払わなくていいんです。

 

私も主な情報源はテレビではなくSNSやインターネットのニュースサイトなので、テレビは全然見ないです。

 

そもそもテレビってもうかなり衰退してしまったメディアなんじゃないかと思うんです。

 

ものすごく早く知りたい情報、例えば災害情報なんか、今はtwitterの方が全然早いですよね?

 

秒単位で情報が更新されるtwitterは、国内だけでなく全世界各地で情報が発信されているので海外で起きたニュースなどもすぐに知ることができます。

 

でもテレビの地震速報はどうでしょう。

住んでいる地域から離れた地域の地震の情報はすぐには報道されないですよね?

 

それにメディアというのは大衆向けに意図して制作された人工物です。

どこまで第三者を装ってもミーハーな人が信じやすいようにできているんです。作者の意図が入ってしまっているんですね。

関連記事:ミーハーな人に気をつけろ!

 

テレビの受信料にお金を払えなんて古い話です。

 

ちなみに受信器を設置していても払わない人、特に罰則を受けることはないのでご安心を。

 

契約が義務付けられてはいますが、払わないからといって請求がきたり訴えられたり、などといったことは権限がそもそもないそうです。

 

国勢調査

 

男性のお年寄りがふたりで「国勢調査」です、といって訪問してきました。

 

顔写真のついた調査員証のようなものを首からさげていましたが、得体のしれない人に年収や家族構成などを聞かれて答える訳にもいきません。

 

「あなたが信用できないので答えられません」と申し上げたらその調査員証のようなものを見せてきました。

 

それでも国勢調査が本当に自宅まで訪問して質問してくるのか私は知らなかったので、

「資料だけおいていってください。答える義務があるものもすべて書面のやり取りでお願いします。」と言って帰っていただきました。

 

 

あとでネットで調べてみたところ、国勢調査が実際に家に訪問にくることもあり得るようです。

 

もしかしたら私が追い返してしまったのは本物の国勢調査員の方だったのかもしれません。

 

ただ

「かたり調査」とは、国勢調査など、政府の統計調査を装い、世帯を訪問して記入した調査票をだまし取ったり、世帯の家族構成などを電話で聞き出す不正行為のことです。

 国勢調査の調査員は、総務大臣によって任命された非常勤の国家公務員で、調査員は、顔写真つきの「調査員証」や国勢調査の「腕章」を必ず身に着けています。

不審に思われた時は、「調査員証」に記載してある名前を基にお住まいの市町村にお問い合わせいただければ、市町村で身元の確認を行います。

総務省統計局HPより引用

 

この「かたり調査」といった詐欺やだましなども横行しているようです。

 

調査員証をつけているからといって安易に信用するのはやめましょう。

 

その調査員証も偽装されたものかもしれません。

 

しかし簡単に偽装されそうな調査員証をつけさせて訪問させるのは国の制度的にどうなってるんですかね。

 

この方のおっしゃっている国勢調査員が本物の国勢調査員だとしたらとんでもない話ですよね。

 

不法侵入ですよ。

関連記事:ストーカー癖のある男には特徴があったのだ。

 

アンケート

 

「ピンポーン」とまたきたのでインターホンで出てみたら中年くらいのおばさんが「アンケート調査なんですけど」と言ってきました。

 

アンケートおばちゃんは「そんなにお時間はいただきません、この地域にお住いの方に少しだけお話しをお伺いしたくて」

とつらつら話始めました。

 

うちの自宅は駅から歩いて10分くらいある場所にあります。

なので周りに人があまり歩いていません。

 

アンケートなら駅でやった方がいいですよね

 

この地域にお住いの方に話を聞きたいならせめてもう少し駅に近い、徒歩5分圏内のところでやるべきだと思うんですね。

 

しかも平日の昼間だったので一般的な人は在宅していない時間です。

女性だからといって気をぬくのは危険でしょう。

話のうまい詐欺かもしれません。

 

こんなこともありますからね。注意してください。

関連記事:投資用マンションで失敗してしまう原因とは?

 

重要な事は書面のやりとりで

 

何度か自宅にいる間に訪問販売のようなものも来て、

いまだにこういう詐欺があるんだなぁと感心しました。

 

都会に住んでいて、そもそも日中に家にいる人なんて珍しいんです。

 

なのでむこうもいなくて当たり前のなか訪問してるはずなんですね。

つまり在宅してたらラッキーくらいの勢いできてるわけです。

 

ということは聞いても聞かなくてもいい内容だったり詐欺やだましだったりする場合がほとんどなんですよ。

 

そんなことにいちいち対応してあげるのはやめましょう。

「重要なことは書面のやりとりでお願いします」

こう言うのが一番です。

関連記事:不動産投資で詐欺にあってしまう人の特徴

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ