ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

「私が読書を勧める」3つの理由

皆さんは月にどれくらいの本を読んでいますか?最近の若い人ってあんまり本を読まなくなってしまいましたよね。

それはきっとスマートフォンが出て来たからだと思います。いままでは電車内で時間を潰す方法と言えば。読書しかありませんでした。だから、仕方なく本を読んでいたって人もたくさんいたんですよ。

 

でも、いまではそういう人って減ってしまいましたよね。本を読まずにウェブマガジン、キュレーションメディアを見ている人が多いのではないかと思います。

このテトラエトラもそういった方々に見ていただいて成り立っているのですが、やはり本も読んだ方が良いな!って思うんです。なぜでしょうか?本ってもう古い?

 

理由①:同じ過ちをしなくなる

 

私たちが新しい事を始めようとしている時って何もわからない状態だと思います。何をやる事が正しいのか?選択に迫られた時にはどうすればいいのだろうか?そんなことに悩む事ってあると思うんです。

 

私自身もありますよ。重要な決断をする時に「本当に正しいのはどちらか?」って考える事があるんです。でも、これって実は過去の人たちも同じように、同じようなことで苦しんでいることがほとんどなんですよ。

そしてそういう人達の体験や考え方を学ぶ事が出来るのが読書だと思うんです。

 

自分に自信のあるひとだと「自分がいつも正しい!」と思って、そんなもの参考にしていない人もいるでしょう。でも、これってとんでもなく効率が悪い事だと思うんです。過去のひとたちが失敗してきたことが私たちが失敗する必要なんて全くないんです。

 

そんなことをしていたら、すぐに時間なんて過ぎ去ってしまいます。自分で何か新しい事を始める時って本当に時間がないですよね?(参照:時間を無駄にし過ぎていない?

 

スタートアップの企業とかであれば得に時間を取るのが難しくなってきます。これって仕方のないことなんですよ。だったら、時間効率をもっともっと上げていかなければいけないんです。

 

読書というと、静かで地味な人がやっていることだと思っている人だってたくさんいるでしょう。でも、実はそんなことないんです。「自分の目標に向かって頑張っていきたい!」と思っている若者の方が読書の有用性については高いものがあるんです。

 

いまはamazonであれば、たくさんの本が定額で読めるようになりました。だからこそ、もっと本をたくさん読んで欲しいんです。

 

そして、自分が事業を拡大していく時は無駄な道を通らないようにしましょう。これって本当に大事なことですよ。

 

理由②:新しい考え方に触れる事が出来る

 

他人と自分って違う存在ですよね?同じ「人間」というくくりがある事は確かなんですけど、根本的には全く違う生物なんですよ。

だからこそ、そこに面白さがあると思うんです。人によって考え方って全然違いますよ。「なんでそんな考え方するの?」って人とか普通にいますしね。私も基本的には自分が正しいと思った事はいつも正しいと思っている方なんですけど

 

他人の考えを取り入れる事はとても大切にしています。そこにはもちろん共感出来ない事だってたくさんあります!でも、そういうものも含めて他人の考え方とか価値観に触れる事が出来る読書って本当に良いと思うんですよね。

 

確かに読書にはそれなりの時間がかかりますよ?でも、この時間って決して無駄なものではないと思うんです。知識自体に価値があるわけではありません。読書って本当にお勧め出来る習慣なんです。

 

一番に重要な事って「いかに違う考えに触れたか?」だと思うんです。生きていればたくさんの考え方と共存していかなければいけません。

だからこそ、受け入れる力って絶対に必要になってくると思うんです。これからは外国人なんかも日本にはいってくると思います。そしたらそういった多様性の受容ってもっと大事になってきますよね?

 

もっともっと読書をした方がいいんですよ。

 

 

理由③:具体的に想像出来るようになる

 

これは特にノンフィクションに言えるものだと思います。

例えば、成功している経営者の本とかありますよね?私個人的には

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥576から
(2016/8/24 15:08時点)

 

これが好きですね。サイバーエージェント社長の藤田さんの本なんですけどね、起業した最初の頃の感じとか働き具合ってのが細かく記録されているんですよ。起業したらこんな感じかな!みたいな想像が出来るような内容だったんです。

 

こういった本を読む事によって、自分が将来目指しているものがよりリアルになると思うんです。人間って不思議なもので、いつも具体的に想像するような癖を持っていないとその夢って実現しないものなんですよ。

 

だったらもっと具体化したりとか、想像した方がいいですよね。そのための手段として読書を勧めているんですよ。

 

こういう想像って本当に大切なものですよ!ノンフィクションだと内容の濃さにも凄いものがあると思いますので、よりリアルに想像出来るようになるでしょう。

読書した事がない人ほど、小説に走ってしまうひとって多いんですけど、それよりもノンフィクション系のが良いと思います。是非、読書を習慣にしてみてください!ただ、本の多読って本当に良い事?でも書きましたけど、多読は辞めた方がいいです!笑

よく読まれている記事
関連記事だよ