仕事の悩み

忘年会の時、喫煙者にはもう少し気を使って欲しい

忘年会の時ってさ、必ずと言って良いほど喫煙者がいるじゃないですか。昔は半分以上の人がタバコを吸っていたけど、今は全然少ない。

とはいえ、やっぱり集まると1人くらいはいるものなんですよね、必ず。だから、忘年会の時には喫煙者に苦しめられるわけですよ。

忘年会シーズンだけどさ、ちょっと喫煙者にも気を使って欲しいな、と思うのよ。ちょっとしたことで変わると思うからさ。

意識の違いだけで、全然違うよ。

 

忘年会において喫煙者が苦手な理由

自分以外に吸う人がいると席で吸う

自分以外にタバコを吸う人がいると、平気で席にいる時に吸うんですよ。集団だと強くなる人と同じで、1人だと遠慮して喫煙所で吸うのに、2人以上になると、みんながいる場所で吸うんですよね……。

もちろん、喫煙所で吸ってきたとしても、物凄く臭いですよ。まあでも、それは我慢するとしても、忘年会で多くの人が吸っていないにも関わらず吸ってしまうのってどうなのだろうか、と思う。

本人は「大したことないでしょ」と思っているのかもしれない。でも、臭いんですよね。肺ガンになるリスクだって上がるし。

喫煙者に限って、「でも、タバコを吸っていても長生きしている人はいるしさ」と、ポジティブな事例だけを取り上げるんですよね。むしろさ、その発想自体が依存症だよな、といつも思う。

忘年会における喫煙者って本当にきつい。

 

タバコの匂いが服やバッグに付く事を知らない

タバコの匂いが服とかバッグについてしまうんですよね。家に帰ってからの服の匂いがひどいんですよ。忘年会だと基本的にはコートを着て行く季節ですよね。

だから、どうしてもコートが臭くなってしまうのですよ……。クリーニングに出さないといけなくなるし、女性だったらもっとかわいそう。

私なんて、私のバッグまで臭くなってしまって、悲しくなりました。いつも使っているバッグがニコチンまみれになっていると思うと、絶望しかないじゃんね。

自分は吸っていないのに、他人の吐く臭い息でバッグが臭くなるなんて考えるだけでも悲しくなる。笑

高いバッグとかだったら、もう悲しさしかないよ。その時だけのことじゃないからね。他人の身体に悪い影響を与えた上で、服等のモノにまで悪臭をつけるからね。

そう思うと、忘年会の時に喫煙者が避けられるのは仕方がないんじゃないかね。

 

思っている以上に臭い

喫煙者たちは、自分のたちの嗅覚が普通だと思い込んでいるんですよ。でも、違うからね。笑

喫煙者ってタバコの匂いに気がつかないんですよ。タバコの煙を壁側に吐いたりしているけど、あれだってさ、意味がないんですよね。

吐いた息がどこに行こうが、結局その周りの人はみんな臭い匂いを嗅がなければいけないのです。

例えばさ、こう考えてよ。もしもこの臭さが「口臭」によるものだったと仮定したらどう?気持ち悪いでしょう?

でも、根本的には同じなんですよ。

本人が思っている以上に臭い。本人は「いや、そこまででしょw」くらいに思っているんですよね。これって実は正しくてさ、喫煙者だからこそわからないわけですよ。

嗅覚が鈍くなっているから、本人としては「非喫煙者って神経質すぎだろ」という感じなんだよね。でも、違う。鈍感になっているだけだから。

関連記事:仕事のマナーは気にする方じゃないけど知ってた方が得だよね

最悪のケース

カラオケに行った時

カラオケに行った時には最悪ですよ。だって、カラオケって密室空間じゃないですか。だから、どれだけ換気したとしても逃げることができない。

忘年会となれば、カラオケに行くことも多いですよね。「2軒目はカラオケにしよっか!」みたいな。

そうすると、室内で吸う人がいる場合も出てくるんですよ。喫煙者も逆にかわいそうで、最近はカラオケの1階とかにも喫煙所がなくなってしまっているからね。

面倒で仕方がないのはわかる。これは社会としても、吸える場所を残しておくべきだとは思ったりもする。

ただ、だからといって、忘年会の時にカラオケに行ってパカパカ吸われた時にはつらくて仕方がないよ……。

どれだけ普段は優しい人だったとしても、それだけで嫌いになってしまうかも。

 

3人以上の喫煙者がいる時

3人以上の喫煙者いる時って、だいたい「タバコの吸い方」が雑になるんですよね。吸い方ってのは量とかじゃなくて、マナー的なことね。

室内でも吸ってしまうとか。うん。まあ、そういう感じです。

喫煙者が1人だけの時には心細いからか、「ちょっと外行ってくるわ」という感じで、外で吸ってくれることも多いんですよ。

でも、3人以上くらいになってくると、6人で居酒屋に入っても、「喫煙席でいいよね?」という感じで迫ってくるし、否定しても喫煙席にするしで結構最悪だったりする。

忘年会だと、3人以上くらいはいたりするのよね、喫煙者が。そうすると、だいたい「タバコ臭い空間」が出来上がる。

これが何とも好きになれないんですよね。翌日、具合が悪くなるし。小学校の時、公害について学んだのに、なぜタバコを室内で吸うのだろうか……。

関連記事:仕事で信頼されない人の特徴を書いていくね。

 

百害あって一利なしのタバコを自覚して

 

タバコって百害あって一利なしの代物なんですよ。だから、吸う理由なんてどこにもないんですよね。

吸うと落ち着くからさ」って言うけど、吸わない人は吸わなくても落ち着いているからね。むしろニコチンがないと落ち着かないという状態こそが依存じゃないの?

タバコを吸っている人って、タバコを吸うための言い訳をたくさん用意しているんですよ。

  • ストレスが溜まるよりは良い
  • ヘビーではない
  • いつでもやめられる(と言いながら1年以上吸っている)
  • 結婚したらやめる
  • 彼女ができたらやめる
  • 休憩方法として最適

こういう感じですよね。でも、別にさ、タバコがなくても暇つぶしはできるし、ニコチンに依存する必要なんてないわけですよ。

メンタル的には、ランニングをした方が完全に良いしね……。

忘年会において、喫煙者はもう少し気を使うべきなんですよ。「俺たちは被害者だ」みたいに思っているかもしれないけど、そんなことはない。

むしろ被害者は吸わない人側なのよね。

タバコを吸う人だってさ、実は喫煙所が嫌いじゃないですか。冬の寒い日に綺麗な空気を吸いながらタバコを吸いたいわけでしょう?

それっておかしいですよね。本能的に「綺麗な空気の方が良い」とわかっていながら、ニコチンは摂取するという依存状態なんですよ。

 

忘年会でも本当に吸いたいなら仕方がない。依存症だからね。自分では気が付いていないけど、本当に耐えられない人も多いだろうからさ。

でも、だったら、少しは気を使って欲しいな、と思ってしまう。外に行って吸うことぐらいできないのかなあ。

関連記事:休みのない仕事を続けて家族がうつ病になってしまった話

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。